おせちに関する「3つのこと」。実は、お母さんを・・・

日本の伝統的な食文化のひとつとして、忘れたくないのが「おせち料理」。毎年欠かさず食べるという人もそうでないという人も、まだ知らない「おせち」の意外な事実があるはずです。

お正月を迎える前に、ここでひとつの情報として覚えておくと損はない3つの事柄をお教えしましょう。

「おせち」の呼び名ができたのは、
終戦後!?

isetan07おせち料理の起源は古く、奈良時代の朝廷で宮中行事の宴料理として出されていたのが、はじまりだとか。
そこから、現在のように重箱に多品目を詰めるスタイルが定番化したのは、第二次世界大戦後。見栄えがよく持ち運びも可能な重箱入りを百貨店が販売したことから、「おせちを食べる」という風習が一般家庭に広がったといいます。
それまでは「御節供(おせちく)」と呼ばれていたものを「おせち」と呼び名を変えたのもこの時だったそう。
いま私たちが目にしている「おせち」って思っていたより歴史が浅いものなんですね。

最近では「おせち」と
ワインを合わせる人まで!

isetan04©2015 ISETAN MITSUKOSHI

いわゆるスタンダードな和の重が主流だった時代と違い、いまや「おせち」は個性的なものも多数登場し、変化を遂げています。

例えば、伊達巻、黒豆、栗きんとんなど定番の「おせち」をワンプレートにしてオシャレに盛り付けるのが人気通販や百貨店のものだと、面白いことに一人用の「おせち」や体のことを考えて塩分やカロリーをカットした「おせち」まで登場しています。

普通の「おせち」じゃ物足りないという人の場合フレンチやイタリアン、中華など、いつもと違ったお重をチョイスするのもひとつの手。
百貨店のカタログを開けば、一度は名前を聞いたことのある有名店やホテルのものだって色々載っているし、これを家庭で味わえるっていう点が嬉しいですね。

洋風の「おせち」では、ローストビーフやサーモンの燻製、テリーヌにフォアグラプリン(!)など、お酒に合うものが入っていたりするから、シャンパンやワインを用意してオードブル感覚で楽しんでみるのも◎。家族団欒の場がパーティーのように華やぎます。

お母さんを家事から解放する
という意味合いも

炊事・洗濯・掃除と、お母さんの仕事は年中無休。
「おせち」には、正月に家庭の主婦を食事の支度から解放するという意味があるんです。黒豆、栗きんとん、田づくり…と、日持ちのする料理が中心というのも納得がいきます。それに「神様をお迎えする間、台所を騒がしくしてはダメ」という平安時代からの風習の名残りもあるんだとか。

再来月に控えたお正月。実家暮らしの人も帰省の予定がある人も、「おせち」をいつも家族のために献身的に尽くしてくれる、お母さんへの贈り物と考えるのはどうでしょうか。滅多にない機会なので、少しくらい奮発してもいいのでは。
ここにお母さんに作ってもらった温かいお雑煮をプラスすれば、家族全員が笑顔になれるし、気持ちがホッと和みますね。

数段重ねの「おせち」って豪華すぎるイメージがあるし、万単位にもなると手が出づらい…と、身構えてしまいますが、考えてみると家族で4〜5人で外食に行くコストとそう変わらないのかもしれません。

年に一度しかない、ハレの日の買い物。ここは母親世代にも信頼されている老舗百貨店『伊勢丹』の「おせち」を選んでみては?おもてなしの心が行き届いていて安心感があるし、品揃えも豊富。
アナタからの贈り物、きっとお母さんは心から喜んでくれるはずです。

2016年、最初の贈り物は『伊勢丹』から

btn_isetan_151026

Sponsored by 三越伊勢丹

同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...
大型スーパーなどの駐車場に車を停めると、車内でお行儀よく待っている(なかには吠えまくっている子も)犬を見かけることがあります。ご主人が去っていった方向ただ...
海苔、わかめ、ひじきなどの海藻類を当たり前に食べる私たちですが、これって世界的にみても珍しい食文化だって知ってますか?そもそもヨーロッパや中東の人たちは、...
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
みんなが祝福し、喜びを分かち合うのがクリスマス。そんなお祝いの日に、ひとりぼっちで食事なんて寂しいに決まってる。そこで…ロンドン南西部の町シドカップにある...
冬場は栄養をため込みやすいのと同時に、年末年始はクリスマスに正月とが重なり、特に太りやすい時期。普段以上に生活や食事に気を遣うことが大切です。年明けてぶく...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
001 大陸:南米002 国名:ペルー共和国003 都市名:リマ004 日付:2012.02.01「モノづくりは、言葉を超える。」 About The C...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
「お姉さんですか?」これまでお母さんと出かけた時、何度かそう聞かれたことがあった。お母さんは照れ臭そうに「違います」と言っていたけど、私は「姉妹に見える」...
幾何学パターンで組み立てられた多面体の物体。一瞬、オブジェにも見える丁寧な仕上げ。これが、ペットハウスだと知って驚いた。日本のナチュラルスローというブラン...
フィリピンにルーツがあり、現在はアメリカで過ごすCeleste Nocheさん。彼女は小さい頃「自分のアイデンティティに引け目を感じていた」と言います。フ...
子どもにとってお母さんは、最初に心を許した人、そして初めて出来た友だち。あなたの成長も、夢も、失敗も、全部近くで見てきたお母さん。あなたの一番のファンで、...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
毎年クリスマスが近づくと話題になるイギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のCM。2015年11月5日に新しい動画が公開となり、今年も胸に響いた!と評判に。無性...