「あなたの洋服は、私たちの血でできています」。現地労働者が告白する、ファストファッションの裏側

ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側で、その代償を払わされているのは?

業界の闇に焦点を当てたドキュメンタリー映画『ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション真の代償~』が、11月14日(土)より公開される。

「血でできた服なんて
誰にも着てほしくない」

SDSD-11-10-20.12.25ff

21318556801_135e805e10_z0001衣服工場で働くシーマ・アクタルさん(写真上)は、朝から晩まで頑張っても日給はわずか。一人娘の面倒が見れないため親戚に預けている。会えるのは年に1〜2回ほど。彼女のような若い女性も犠牲を強いられているのだ。
現在バングラディッシュでは、彼女のような衣服労働者が約400万人いるという。

「私たちは厳しい労働環境下で服を作っています。事故で多くの衣服労働者が亡くなりました。これは本当につらいことなのです。ただ買って着るだけで、人はどれだけ大変かを知らない。血でできた服なんて誰にも着てほしくありません」

死者1100人以上
行き過ぎたコスト削減の
果てにビルが崩落

dvsg2015-11-10-20.14.55ccバングラディッシュは中国に次いで世界第2位の衣服輸出国。欧米の大企業は、現地の工場を値踏みし、コスト削減に注力している。一方、そこで働く労働者は劣悪な環境、低賃金で働かされてている。その歪みから、工場の安全対策が軽視されることも。

2013年、象徴的な出来事がバングラディッシュの首都ダッカ近郊で起こった。縫製工場が入居しているビルの倒壊事故。死者はなんと1100人にも上った。

このビルには、事故以前から亀裂などがあり、安全が十分とは言えない状況だったという。実際、ビルで働く労働者たちは、幾度となく経営陣に倒壊の危険を訴えていたそうだ。

薬品を含んだ汚染水が
人々の生活まで飲み込む

21299761692_9096293bfd_zインド北部にある工業都市カーンプルは、皮革製品で知られる。神聖なるガンジス川のほとりにあるこのエリアが、今非常に危険な状況にあるという。

皮革製品の製造過程でクロミウム6など皮の加工薬品を含んだ毒性の汚水が発生。毎日5千万リットル以上が農業用水や生活用水に流れ込んでいるのだ。

21123513729_0b51d59897_z汚水による被害は川や土壌だけではない。近隣に住む人々は、様々な皮膚病を発症している。発疹や腫物、膿庖だけでなく、四肢の麻痺、さらに、消火器疾患やガンに侵される人まで。人々の生活と心に深い影を落としている。

映画の中では、ファッションデザイナーのステラ・マッカートニーやパタゴニア副社長のリック・リッジウェイ、俳優コリン・ファースの妻でコンサルタント企業のディレクターのリヴィア・ファースへのインタビューの他、フェアトレードブランド「ピープル・ツリー」の代表サフィア・ミニーの活動にも密着。著名人の意見を交えて、この問題に深く切り込んでいく。

「私にとって今一番挑戦しがいのあることは、この業界を見直して地球に害を及ぼさないような方法を探すことです」ファッション・デザイナー ステラ・マッカートニー
「私は自らの消費活動の影響を認識しているお客様を好みます。一緒になって、疑問をもってほしいのです」パタゴニア副社長 リック・リッジウェイ

ファッション業界が労働者や環境に対する影響を鑑みることなく、大量生産・大量販売に走るとどんな弊害が生まれるのか?それがわかる一方で、消費者にとっても考えさせられることがたくさんあるはずだ。

『ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション真の代償~』は11月14日(土)より、渋谷アップリンク劇場他で公開。
公式サイト:http://unitedpeople.jp/truecost/

映画鑑賞券を10名様にプレゼント中!
応募はコチラから

Licensed material used with permission byUNITED PEOPLE

巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
ここで紹介するのは、アメリカのウェブメディア「Elite Daily」のライターCandice Jaliliさんが「元カレにばったり会った時、別れたことを...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpギャルモデルであり、現役・慶応義塾大学大学院生でもあ...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
「Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類で...
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...