ヱビスビール記念館の見学ツアーで味わえる「パーフェクトビール」が美味すぎる!しかも500円

JR恵比寿駅から徒歩8分の場所にある「ヱビスビール記念館」。ここで体験できるツアーが「ビール好きにはたまらない!」と話題になっています。
しかも、参加費用はたったの500円。この充実した内容がワンコインで楽しめるだなんて…どう考えても行かなきゃ損!

“パーフェクトヱビス”の
テイスティング付き!

スクリーンショット 2015-11-30 11.53.55

はじめに、“ブランドコミュニケーター”と呼ばれるスタッフが案内役となってギャラリーを巡り、ヱビスビールの歴史を紐解いていきます。

スクリーンショット 2015-11-30 11.54.25

その後、お待ちかねのテイスティング。今回は定番のヱビスビール(右)と、缶製品では毎年限定で、樽生では一部の飲食店でしか提供されていない「琥珀ヱビス(左)」の2種類。プロフェッショナルが提供する「パーフェクトヱビス」を堪能しましょう!

スクリーンショット 2015-11-30 11.54.42

ちなみに「パーフェクトヱビス」とは、以下の3つの「C」と注ぎ手の確かな技術がそろって初めて実現するもの。

①Creamy細やかでクリーミーな泡が7:3の黄金比率になっていること。②Clearグラスやサーバーがキレイに洗浄されていること。③Coldグラスやサーバーを適切に管理し、ビールの味や香りが最も楽しめる温度に設定されていること。

スクリーンショット 2015-11-30 11.55.01

こうして生み出されるのが“パーフェクト”な一杯。赤丸部分をよく見てみると、ある秘密に気づきませんか?

実は、泡とビールの境界にもう一つの層があるのです。これは、飲むたびに泡を再生し、泡持ちをよくしてくれる「フロスティミスト」と呼ばれるもの。これにより、最後の一口までその美味しさが持続することに。

麦芽100%、ドイツ・バイエルン産のアロマホップを使い、通常の1.5倍の時間をかけて熟成されたヱビスビールは、深いコクと豊かな味わい、良質な苦味が持ち味。「琥珀ヱビス」はクリスタル麦芽と呼ばれる麦芽を使い、まろやかなコクと美しく澄んだ琥珀色が華やか。いずれも、普段飲んでいる生ビールとは一線を画す豊かな味わいのため、ここで“真のビールの美味しさ”に開眼する人も多いかもしれません。

スクリーンショット 2015-11-30 11.55.15

さらに、自宅で楽しむ缶のヱビスを、ちょっとした一手間で何倍も美味しくしてくれる、秘伝の注ぎ方を伝授してくれたりも。

スクリーンショット 2015-11-30 11.55.31

これでもまだ飲み足りない方は、テイスティングサロンへどうぞ。「パーフェクトヱビス」をはじめとする常時5種類のヱビスと季節のビアカクテルが、なんと1杯400円!

スクリーンショット 2015-11-30 11.53.13

「ヱビスツアー」は土日が特に人気なので、確実に参加されたい方は事前予約がオススメです。遠方の方は、コチラで「パーフェクトヱビス」を味わえる近くのお店をチェックし、足を運んでみるのもいいかもしれません。

【概要】
ヱビスビール記念館
・住所:東京都渋谷区恵比寿4-20-1
・TEL:03-5423-7255
・開館時間:11:00~19:00(ヱビスツアー最終回 平日17:10/土日祝17:30、テイスティングサロン18:30L.O.)
・休館日:毎週月曜日(祝日の場合、翌日休)、年末年始
・入場料:無料(ヱビスツアー有料)
・公式HP:http://www.sapporobeer.jp/yebisu/museum/

ヱビスツアー
・料金:大人(20歳以上) 500円 (ヱビス2種試飲付)、中学生以上20歳未満 300円 (ソフトドリンク付)、小学生以下 無料(ソフトドリンク付)
※希望参加日時の1カ月前の11:00から電話予約可能。当日はツアーカウンターにて直接受付。

Licensed material used with permission by サッポロホールディングス株式会社

子どもの頃、社会科見学で工場に行くのがとても楽しかった思い出があります。日頃自分が利用している乗り物や食べているものが、どんな風に作られているのか…。その...
年末年始のめでたさや縁起の良さにピッタリのビールが誕生しました。その名も『ヱビス めでたい缶』。ズバリ、直球です。では、どの辺りがハッピーなのかというと…...
旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリー...
「moviepass」は、月額9.95ドル(約1080円)で映画館に通い放題の激安プラン。3D・Imaxの作品は不可など多少制限はあるが、ニューヨーク中心...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
小劇場、ミニシアター。大きなスクリーンのシネコンではなく、小さな空間でこだわりの一本を味わう。それは、多くの映画ファンにとっては至福の時間だろう。ブルック...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
大きなスクリーンで映画鑑賞しながら、テーブル付きの座席まで運ばれてくる本格的な料理を味わい、ビールやワインに酔いしれるーー。そんな映画館が2016年4月2...
スコットランドのマイクロブルワリーBrew Dog(ブリュードッグ)といえば、「IPA」でもおなじみのビールメーカー。同社がオハイオ州コロンバスに、世界初...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
アツいに夏に飲みたくなるキンキンに冷えたビール。そんなビールの発祥は、なんと紀元前4000年前のメソポタミア文明時代まで遡るんです。当時のビールは、乾燥し...
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...
昨年末に発売され大きな反響を呼んだ、サッポロビールの「ヱビス めでたい缶」。年末年始にぴったりの名を持つそれは、飲み頃の温度をデザインの変化で教えてくれる...
コーヒーメーカー?と思ったら大間違い!なんと、これひとつでビールの醸造プロセスをひと通り再現できるのだとか。「MicroBrew」は自分だけのオリジナルビ...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
いきなりですが、問題です。ここに一枚の写真があります。写っているのは、ダンボール箱に頭を突っ込み、寝転んでいる一人の男性。さて、あなたは彼の目的がわかるで...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。