今年も登場!飲み頃を「色の変化」で教えてくれる、めでたいヱビスビール。

昨年末に発売され大きな反響を呼んだ、サッポロビールの「ヱビス めでたい缶」。年末年始にぴったりの名を持つそれは、飲み頃の温度をデザインの変化で教えてくれるパッケージがウリでした。

そんなユニークな1本が今年は「福ヱビス」としてパワーアップ!

年末年始の「新縁起物」に!?

B32400dc95b28e3a5439647e0061173c17fd92ef

昨年は「桜鯛」がピンク色になることで私たちを楽しませてくれましたが、今年は「宝船と富士山」が対象。さらに、帆には「福ヱビス」の文字が浮かび上がります。

この変化は、缶が10℃以下にまで冷えることで発生。めでたさや縁起のよさを感じられるデザインは、目で見て楽しめるだけでなく、飲みごろの合図となる役割も担っており、「乾杯をもっとおいしく」と宣言する同社ならではのアイデアと言えるでしょう。

「福ヱビス」は、すでに全国で発売中。大切な家族や仲間と集まる年末年始に、ちょっぴり彩りをプラスしてくれそうです。今後、この時期の新たな定番となる予感もするだけに、気が早いけれど、来年のデザインにも期待したいところ!

参照元: PR TIMES
年末年始のめでたさや縁起の良さにピッタリのビールが誕生しました。その名も『ヱビス めでたい缶』。ズバリ、直球です。では、どの辺りがハッピーなのかというと…...
JR恵比寿駅から徒歩8分の場所にある「ヱビスビール記念館」。ここで体験できるツアーが「ビール好きにはたまらない!」と話題になっています。しかも、参加費用は...
古代文明からはじまり、約6,000年の歴史を持つとも言われている、ビール。一般的に手に入るビールから、地域限定のクラフトビール、一部のBARでしか飲めない...
飛行機での空の旅。上空では味覚に変化が起こるというのはよく聞くハナシ。どうやら高度と気圧が大きく関係しているようですが、まさかその変化した味覚に合わせて「...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
少しでも大人に近づきたくて、精一杯背伸びしていた高校時代。そんな多感な時期をともに過ごした友だちと当時の話をすると、甘酸っぱい記憶が甦ってなんとも言えない...
ビール会社が、より美味しい一杯を求めるのは当然のこと。ただし、ここで紹介するプロジェクトは、かなり異質なものと言っていい。なぜなら、ビールそのものではなく...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
商品の魅力を大きく左右する、パッケージデザイン。思わずパケ買いしたら「予想してた味と違った…」なんて、がっかりすることもしばしば。でも、今回ご紹介する作品...
毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そも...
自分の「すき」が、ひとつでも身のまわりにあると、なんだか守られているというか、しあわせな気持ちになるものである。それがたとえ、ままごとに使うような小さな豆...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...