それは、黒よりも黒い世界。20秒後わが目を疑うことになる

絵の具や墨をどれだけ塗り重ねても、決して描くことのできない黒よりもさらに黒い黒。光さえも届かない、そんな世界を人間はすでに科学の力によって、つくり出すことに成功していた。

視覚を完全に無能化する
「Black in Black」の世界

Medium 8671d4be75ea07a2cf52f955cb0726e973f935669da58608431cf719a19275549382371fa2c136bf

カメラがゆっくり回転していくと、ブロンズマスクの隣に置かれた真っ黒い物体に、だんだんと凹凸がでてきた。そのまま90°真横に回ったとき、現れたのは、

Medium 70ea00feb1b6e30a9f5711f40b1a45e421f5c602

もうひとつの「顔」。

可視光の99.965%を吸収
「世界一黒い物質」とは?

Medium 24365bcfd27880bf29391be4ee0fd147b2f3c68c

イギリスの企業が開発したのは、「世界でもっとも黒い物質」の異名をもつVantablack(ベンタブラック)。なんでも、ブラックホールのように光を吸い込み(吸収し)、人間の視覚からは凹凸すら感じさせなくしてしまうらしい。

とにかく、黒よりも濃い黒だということなんだろう。開発元のSurrey NanoSystemsによれば、ベンタブラックはカーボンナノチューブ製(筒状炭素分子)で、直径はわずか2〜3ナノメートルの集合体からできているそう。ちなみにナノは、10億分の1メートルという単位。この物質に覆われてしまうと、もはや凹凸も遠近感も、すべてが無になる。まさにブラックホール!

この性能を利用し、赤外線探知機や望遠鏡など、光を抑えることを目的とした用途への応用を目指しているというが、すでにこうして複雑な形状でも覆ってしまえる段階にあるようだ。

フラッシュをたくと…
ぼんやり輪郭らしきものが

Medium 7eb3c52df3f589f5b02506da45de70f507819504

こうして、フラッシュをたいて撮影するとどうだろう。ほんの少しだけど顔のディテールが見えてこないだろうか。

では、黒よりも黒いベンタブラックの世界、その目でとくとご覧あれ。

Licensed material used with permission by Surrey NanoSystems
きっと、試合会場にいたすべての人、そして映像を見た誰もが、かの有名漫画に登場する名台詞を思い出さずにはいられなかったはずです。「諦めたらそこで試合終了です...
「鬱病=黒い犬」心の病を患っている人の精神状態や葛藤を、犬になぞらえて表現した動画があります。たとえるならば、鬱病は「黒い犬に体を乗っ取られたようなもの」...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
2014年2月14日。記録的な大雪に見舞われた関東地方では、いたるところで交通機関がマヒ。ここ群馬県のある国道も、ご覧のように最悪の道路状況となっていまし...
年賀状印刷をそろそろ考える…には、まだ鬼が笑うほどに気の早い話ですが、鬼でなくともちょっと笑えないような話。プリンターが自動告知するインク残量、それがちょ...
エネルギッシュで魅力的な女性たちの代表的な「おしゃれ着」といえば黒い服。ライターBrianna Wiest氏の主張はこうです。他人にペースを乱されることな...
これは、YouTubeの公式チャンネル「AsapSCIENCE」で公開された動画です。たぶん、見た後は自分の目を信じられなくなると思います。早速どうぞ。下...
赤ちゃんを抱えてピアノの前に座ったデイヴィッド・モトラさんは、耳の痛みが気になって寝れないでいた彼のために、自身が大好きな『ブラームスの子守唄』を演奏して...
思えば、ボールペンを使って文字を書く機会はめっきり減ってしまいました。“手帳派”の人もいるとはいえ、スケジュール管理はPCやスマホでカンタンに可能。以前は...
下記のインスタグラム動画を再生すると、5秒少々で何が起きているのかがわかる。その正体を知れば、きっと驚くはずだ。これといって不思議なところはなにもないよう...
米フロリダ州のウィーキーワッチー川で、スタンドアップパドル(以下SUP)を楽しむ二人のカップル、TylerさんとLaurenさん。彼らはこの日、とても珍し...
着回しが効く分、コーディネートにも幅が出る黒い服。高級感も増します。一方でこんな意見も。「自分に自信がない人ほど黒い服を選ぶ」。じつはコレ、単なるあるある...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
使いたいときに油性ペンのインクが出ない。俗に言うインク切れは、ほとんどの場合ペンの内部でインクが乾いてしまっているのが原因。つまり、この“乾き”さえ解決で...
目が見えない人の世界を想像しようとしてみても、なかなかうまくイメージできないかもしれません。まったく見えない状態で生活している人は、周りの情報をどうキャッ...
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。ポリマー...
あえて、先に種明かしをしてしまえば、この120秒少々の動画は、ただのガムのCM。だけど、それが分かっていても、胸の奥のざわめきを感じるはず。恋する気分を思...
人間の目は、世界をそのまま見ているわけではありません。目から入ってきた光の刺激は視神経を通り、脳に伝達され、はじめて何らかの像を認識します。つまり「脳の認...