和のアートで溢れる「パークホテル東京」に泊まりたい!

Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際に施設やサービスを利用しながらその場の空気を感じ取り、ホテルの客室を“作品”として制作するものです。

彼らは、部屋の壁紙に直接絵を描いたり、原画やオブジェを壁に設置したりと、自身の世界観を余すことなく表現。今回は完成済みの17室の中から5つをピックアップして紹介します!

01.
『十二支』

「十二支」03

画家・安元亮祐氏が、11日間の滞在で制作。部屋全体を、今にも動き出しそうな動物たちが埋め尽くしています。

ネズミに騙され干支から外された猫と、神様のお情けで12ヶ月の最初の日をつ・いたち(一日)にしてもらったイタチも特別出演。ベッドに横たわると向かいにある鏡に映った虎と目が合ったり、カーテンをめくると猿が隠れていたりと遊び心満載です。

「十二支」01

02.
『芸者金魚』

「芸者金魚」01

制作したのは、画家・成田朱希氏。「窓から外を眺めたときに、水槽の中にいるようなイメージが湧いた」という彼女が、客室を水槽に見立て、 このプロジェクトでは初めての画材となる油絵の具で壁紙に挑戦。7ヶ月もの時間をかけて、赤い金魚を壁面のみならず天井にも作画しました。

まるで宙に浮かんだ水槽という御座敷で遊ぶ、芸者の出で立ちをした妖艶なる金魚たち。縦横無尽にひらひらと泳ぐさまが、訪れる者に不思議な浮遊感を感じさせることにーー。

「芸者金魚」04

03.
『竹』

「竹」02

画家・西川芳孝氏が制作した『竹』に入ると、まず目に飛び込んでくるのは、鮮やかな緑。天井までスクっと伸びた竹が広がる空間は、 まるで竹林の中に迷い込んだような不思議な奥行きを感じさせてくれます。

窓際に立った時の目線やベッドに寝たときの目線など、シチュエーションを想像しながら、図案を検討。場所により画材や色のトーンを変え、 シンプルながらも計算された空間コーディネートが完成しました。

「竹」01

04.
『桜』

「桜」08

「もともと日本人は、襖や屏風などを用いて日常生活にアートを取り入れてきた」と話す画家・大竹寛子氏が、客室の角を屏風の折り目のように見立て、桜の木を描くという空間コーディネートを実現。

まず目に入るのは、ベッドを覆うような大きな桜。その花を儚さや魂の象徴である蝶で描くことで、散り際の美しさを表しました。

「桜」16

05.
『おたふく』

「おたふく」01

画家・近藤亜樹氏が9日間で制作。曰く、「おたふくの顔に、日本の美のすべてが詰まっていると感じた」のだそう。

「五徳の美人」とも言われ、古来人々のお手本にもされていた大きなおたふくの顔を描くことで、慎み深さや謙虚さといった、日本人の心の美しさを表現しています。

また反対側の壁には、その控えめで静かな姿が日本人に愛されてきた梅の木が、天井までびっしり。遠くから見れば力強さに溢れ、近くで見れば繊細。異なる表情で、訪れる者を楽しませてくれるでしょう。

「おたふく」04

まるで、ホテルの客室の壁がそのままキャンバスになったかのような「Artist in Hotel」。世界に一室だけのアーティストルームで作家の息遣いを感じつつ、優雅なひとときをーー。

  Licensed material used with permission by パークホテル東京

新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。江戸時代に...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
青い海を求めて沖縄へ行きたい。最近だと角島(山口県)も良さそう。でも、どれだけLCCが充実しようと、関東の人にとってあの距離はやっぱりパワーを使う。最低で...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇...