こんなホテルが欲しかった!泊まれるアート「BnA Koenji」が東京・高円寺に誕生

新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデルを展開するのが、Bed & Art Project (BnA)の共同代表であり、建築家の福垣慶吾さん。

アーティストと旅行者をつなぐ
ホテルの新しい形

2015年2月、「泊まれるギャラリー」をテーマに、Bed & Art Projectの第1弾「BnA Ikebukuro」が池袋に誕生。続いて、同年8月、京都にオープンしたのが、200平米を超える大きな町屋を改装した「BnA Kyoto」。

同ホテルは、利益の一定割合を参加アーティストに還元することで、アーティストが継続的な収入を得られる仕組み。宿泊者が部屋の実質的なシェアオーナーになるというものだ。そして、2016年2月、同プロジェクトの第3弾として、高円寺にオープンするのが「BnA Koenji」。

tokyoBnAtsuika_002tokyoBnA_002
写真上:「BnA Kyoto」の 玄関(作家、Doppel)
写真下:「BnA Kyoto 」の寝室 (作家、窓:Bakibaki、右壁画:simo)

「高円寺周辺には、エッジの効いたアーティストがたくさん集まっています。街中に点在するアトリエで自らの作品を発表するなど、既にクリエイティブ・コミュニティーができあがっていることから、この街を選びました」と、福垣さん。

アートルームが
高円寺エリアに点在

「BnA Koenji」は、既存のホテルの形態とは少し違っている。まず、3階建てのビル建物を改装した「フロントデスク」には、宿泊部屋となるアートルームのほか、アーティストや旅行者たちが集うバー&ギャラリーを完備。その周辺に、2~3部屋のアートルームを持つ「クラスター(塊)」を複数つくる予定。
content_8a053cf05a3599a740c782f662e76000270fbc16

ゲストは高円寺についてまず「フロントデスク」でチェックインしてから、それぞれの部屋に案内され、町中に散らばっていく。旅行者がホテルに泊まるだけで自然と地元のコミュニティーと交流ができる構造だ。
content_93adbd35d0466966810231ca0c07bcb85adf1676

最終的に高円寺エリアに30~40部屋を展開予定。その後は、クリエイティブなコミュニティーを世界に発信し、マネタイズする一つのモデルとして各国のアーティストの住む町に輸出することを目指している。

だが、グランドオープンに向けての改修費用が不足している模様。現在、クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで資金を募っている。

コンテンツ提供元:READYFOR

ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
京都市内に町家ホテルは数あれど、ここMAGASINN KYOTO(マガザン キョウト)は、他とは一線を画していると断言できます。その理由は「編集できるホテ...
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
現在、世界でもっとも高いビルといえば、ドバイのブルジュ・ハリファ(828m)。この数字だけでも相当なインパクトだというのに、さらに約3倍となる2,400m...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。江戸時代に...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
30万人の読者に支持されるアメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』。業界内でのその権威は絶大で、毎年発表される世界のホテルランキングでひとたび上位に...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...