最初の一歩として出逢って欲しい「ゲストハウス」東京都内の5つ

“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされていたり、カフェを併設したりと、デザイン性が高いので女性の一人旅にもオススメです。

ここでは前田有佳利さんの著書『ゲストハウスガイド100 -Japan Hostel & Guesthouse Guide-』から、都内の気になるスポットをご紹介。

ふらりと立ち寄りたくなる安くて快適な空間。魅力たっぷりのオーナーたちの想いが詰まったゲストハウスに、足を運んでみては?

 01.
アート好きが楽しめる
「Kaisu」
(港区)

Medium 49e7e1047d5a296f8b0756a14592ffae250111bc

赤坂という最高のロケーションに佇むのは、築60年の歴史があり、かつて政界や財界の名立たる著名人が訪れたといわれる旧料亭・島崎をフルリノベーションしたゲストハウス。

創業は、大学時代にボストンでルームメイトだったいう河津さんと鈴木さんの男性2名。Kaisuを介して国境を越えた繋がりが広がることを願い、馴染みのある東京西側で2015年6月に開業。定期的にアート展示会を開催していて、併設されたカフェ&バーは中庭を眺めることもできます。

Medium 3b71b60dd918d271ad6b87113f43c70a74b1d0e7Medium c8859229a44e50e9c1c54d214f0b495ba2a6a774Medium 5207a5316dbdfe63d916575b4e1bd060f2eb5aff

東京都港区赤坂6-13-5
(赤坂駅より徒歩5分)
6-13-5,Akasaka,Minato-ku,Tokyo
03-5797-7711
http://kaisu.jp/ja/
混合ドミ/女ドミ/個室
1泊1名3,900円〜、個室1室10,500円〜
朝食込

 02.
BARが英会話教室に
「ゲストハウスtoco.」
(台東区)

Medium 2687575946cc724aaf740fe383843cb36978ee43

伝統的な祭りも多く残る下町・入谷。Backpackers' Japanが運営するこのゲストハウスは、旅の世界観を場所という手段で伝えようと2010年10月に開業したのがはじまり。虹色の階段とツリーハウスのようなカウンターを持つBARラウンジが印象的です。

展示やイベントを開催することもあり、BARタイムには宿泊者だけでなく周辺住民も訪れ、海外ゲストと会話を楽しむほど。宿泊者専用となる築95年の日本家屋は、縁側から庭を眺めることができ、桜や紅葉など四季折々の表情を堪能できます。

Medium 4d10922364715ed83e7b301ca77d2057046b73e1Medium 62b34f94114d4d8cec0b361519a362e0aa08b2f8Medium b36a09a7f1216bcb9f08a6b9fe988de2ba4db7b4

東京都台東区下谷2-13-21
(入谷駅より徒歩3分)
2-13-21,Shitaya,Taito-ku,Tokyo
03-6458-1686
http://backpackersjapan.co.jp/
混合ドミ/女ドミ/個室
1泊1名2,800円〜、個室1室6,800円〜

 03.
一人の時間も大切にできる
「IRORI Nihonbashi Hostel and Kitchen」
(中央区)

Medium e06d30c13e143bb005971570c477443a136fce85

“もっとローカルな旅へ、もっと手づくりな旅へ” R.projectが運営するこのホステルは、2015年10月に日本橋の繊維問屋街に開かれました。成田・羽田空港から電車で1本、最寄り駅も3つとかなりの好アクセス。

都心で地方の魅力を発信し、新たな動線をつくり出すことを目的としており、地方をテーマにした展示会や体験型のイベントも多数実施。1階の囲炉裏は自然と宿泊者が集い、地方から仕入れた干物を注文して自ら炙るなど、ナチュラルにローカルに触れることができます。

Medium c28a19d1a7cb30ad08a3be778e788a016856f53fMedium a6b0b4e10eecf0b653a1ed1ec5729dc44deaa382Medium 415015c9975878bb5eaab229e9d930efd75c1d9a

東京都中央区日本橋横山町5-13
(馬喰町駅より徒歩3分)
5-13,Nihombashiyokoyamacho,Chuo-ku,Tokyo
03-6661-0351
http://irorihostel.com/
混合ドミ/女ドミ
1泊1名2,800円〜

 04.
下町でほっとひと息
「東京ヒュッテ」
(墨田区)

Medium 6960914415a2b1c25264e0ac78627a046218ba87

東京スカイツリーに近い川沿いの下町。2階建ての元金物倉庫を改装して、2014年8月に屋上テラス付きの宿が開かれました。創業者は、塩田さん姉弟と友人である藤綱さん。アウトドア好きで海外経験豊富という共通点を持つ3人が「いつか一緒に店を持とう」という約束が実現したのです。

仲間が気軽に集えるようにと“山小屋”を意味する屋号に。1階のcoffee&barは、製法にこだわった焙煎珈琲を提供。電源やWi-Fiだけでなくプリンター・FAX・文房具などを完備し、コワーキングスペースとしても開放しています。

Medium dff9625a11d6569237813298a8c7ead26ac62f55

運が良ければ看板犬「こ豆」に出逢えるかも。

Medium c14b58448513c56d787064038c5e94f5c5761ea3Medium 76f41fc1a2d845b94e0479cd4cd20030e70e57c8

東京都墨田区業平4-18-16
(押上駅より徒歩2分)
4-18-16,Narihira,Sumida-ku,Tokyo
03-5637-7628
http://www.tokyohutte.co.jp/
混合ドミ/女ドミ/個室
1泊1名3,000円〜、個室1室7,500円〜

 05.
女性のひとり旅にも。
「レトロメトロバックパッカーズ」
(台東区)

Medium b14792ad470d91a0a4b8924659f83e9a9e517cc4

大正時代から続く西浅草の問屋街、かっぱ橋道具街。路地を逸れると、ガラス戸に愛らしい白文字が浮かぶ一軒のゲストハウスが。オーナーのなえさんが開業に至ったのは、2012年3月のこと。

東日本大震災を機に、“海外の人を日本で迎え入れる仕事がしたい”と、築60年の金物屋を手間暇かけて丁寧に改装しました。洞穴のように丸みを帯びたリビングの茶色い壁、何重にも塗られた独特の色合いを放つ階段の側面、思い出の地をかたどって削られた木製扉など。オーナーの人柄を映し出すような、ほっと一息つきたくなる空間です。

Medium c45d907c9c27bd249c10a6726a6d0282338cc835Medium b927b4195d57fe4cc871935f144240691650b9adMedium e8542dd0d5068e64d6107b24cfcf6a996534f59f

東京都台東区西浅草2-19-1
(田原町駅より徒歩6分)
2-19-1,Nishiasakusa,Taito-ku,Tokyo
03-6322-7447
http://retrometrobackpackers.com/
混合ドミ/女ドミ
1泊1名2,600円〜

注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
ここで紹介する動画に写っている島、実は東京都なんです!どこにあると思いますか?動画は、この島にお住まいの山崎夏樹さんが撮影したもの。いわゆる"東京都内"で...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...
東京都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉。実は板橋にあるって知っていましたか?しかもココ、内装もめちゃくちゃ素敵なんです!「本物の温泉を楽しんでいただきたい...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
青い海を求めて沖縄へ行きたい。最近だと角島(山口県)も良さそう。でも、どれだけLCCが充実しようと、関東の人にとってあの距離はやっぱりパワーを使う。最低で...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
長崎県・玄界灘に浮かぶ島「壱岐島」の港町である芦辺浦という地域。この地である夢を叶えようと奮闘する夫婦が暮らしています。妻は海女、夫は釣り師海に囲まれ、島...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
近年は、星空の下から空港まで、一風変わった場所で開催される映画祭が注目を集めています。が、今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。江戸時代に...
東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
フォーブス・トラベルガイドの「眺めのイイ世界のベストバー」を筆頭に、数々の受賞歴を持つ「絶景バー」をご紹介。場所は、インドネシアの人気リゾート地・バリ島。...