目覚めの一杯から、就寝前まで。時間帯別「美味しいコーヒー」の作り方

最近、自宅やオフィスでコーヒーを淹れるのが日課という人、増えています。時間帯や気分に合わせてコーヒーを選べば、楽しみ方の幅はもっと広がっていきます。豆の特徴、挽き方、抽出時間など、ポイント解説付きで紹介しましょう。

朝のスタートは、
「シャキッと目の覚める一杯で」

rustic breakfast

コーヒーが目覚まし代わりになるというのはいまや常識。確実に目を覚ますために、ここはあえて、コクと苦味のある深煎りタイプがおすすめ!

●おすすめの豆・マンデリン(インドネシアのスマトラ島で生産している、高級銘柄。酸味は控えめで、コクと苦味のバランスが◎)・ブラジル(ブレンドのベースとして使用されることが多く、柔らかな酸味と苦味の調和がとれていて、後味に透明感がある)
●おすすめの焙煎度合い深煎り

●おさえるべき4つのポイント
discover_01

昼食後は、
「後味すっきりのコーヒー」

shutterstock_116966062食後にぴったりなのが、すっきりタイプのコーヒー。フルーツのような香りや爽やかな酸味も一緒に楽しんでみては?

●おすすめの豆・グァテマラ(フルーツのような風味が特徴。苦味は軽やかで、ほどよい酸味がある)・コスタリカ(上品な酸味と芳醇な香りがある。深いコクと苦味が特徴)
●おすすめの焙煎度合い中深煎り

●おさえるべき4つのポイント
discover_02

おやつを食べるなら、
「コクのあるしっかりタイプが◎」

R

チーズケーキやガトーショコラなど、濃厚な味わいのスイーツとの相性を考えたら、コクのあるしっかりしたタイプのコーヒーがおすすめ!

●おすすめの豆・ハワイコナ(柔らかな酸味があって、豊かな香りとコクが感じられる。その上、口当たりがなめらか)・エチオピア(コーヒーの発祥地と言われている地域。一番の特徴はフルーティーな香りと酸味)
●おすすめの焙煎度合い浅〜中深煎り

●おさえるべき4つのポイント
discover_03

夜の就寝前は、
「ミルク入りにしたり、カフェインレスを選んでみる」

shutterstock_230940307軽めのタイプのコーヒーをチョイスして、少量の牛乳を入れてのむのがオススメ。目が冴えるのが心配という人は、カフェインレスにしてもOK。

●おすすめの豆・ペルー(まろやかな酸味とやさしい香りがある)・カフェインレス
●おすすめの焙煎度合いやや深煎り

●おさえるべき4つのポイント
discover_04

コンテンツ提供元:エイ出版社

Discover Japan 2015年11月号

伝統あるものづくりやデザイン、衣食住や景観など、ニッポンの文化を紹介。その魅力がひと目で伝わる美しい写真と明快な解説で、優れた「モノ」「コト」「ヒト」を通して本物かつ上質な日本を発信します。今号はコーヒー特集です。

もしかしたら、あなたは間違った時間にコーヒーを飲んでいるかもしれません。というのも「朝9時前にコーヒーを飲んではいけない!」という、ちょっと意外な内容の動...
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
世界のコーヒー文化の多様性を知る手がかり、そのひとつが飲み方。はちみつ、シナモン、バター、レモン、塩、真っ赤に焼けた木炭まで入れる国もあります。では、数あ...
ここで紹介するのは「YourTango」のライターBrooke Larkさんがオススメするコーヒーの作り方。それもただのコーヒーではなく、飲むだけで精力が...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
飲み過ぎると胃に悪い・身体に悪いと言われることも少なくないコーヒーに皮膚ガンを予防できるかも知れない可能性があるという研究結果が明らかになった。アメリカで...
これは、豪・モナシュ大学が肝臓疾患のある1,100人の患者を対象に調査した結果だそう。オーストラリアのラジオ番組「3AW Breakfast」では、こんな...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...
出勤前や昼食後、さらには仕事の休憩時に、バーで同僚と軽く一杯。もしこれがお酒だとしたら、当然ながら社会的にNG。というより、そんな時間帯にはオープンしてい...
眠気覚ましに飲むものといえばコーヒーです。が、さらにスカッと眠気を吹き飛ばしてくれる飲みものがあるそうな。なんと、エスプレッソをコーラにブレンドしちゃうの...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)...
コーヒーの味も香りも大好きで、目の前にあるだけで癒される。でも、いくら好きでも服やテーブルクロスの上にこぼしちゃった時はブルーな気持ちになってしまう。だか...
健康情報サイト「STETHNEWS」に「コーヒーがあなたを幸せにする」と取り上げられたのが今年4月。2013年の研究で、調査にあたったのは、あのハーバード...
ビル・ゲイツやイーロン・マスク。毎日高いアウトプットを求められる彼らは、翌日のパフォーマンスを上げるため1日の終わりを大切にしていました。ここでは「Apl...
1日の始まりにコーヒーが欠かせない人も、仕事のブレイクタイムにコーヒースタンドで淹れたての香りを楽しむ人も。その1杯をより味わい深いものにするヒントは、豆...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...