コーヒーを飲みすぎて「カフェイン」が効かなくなったときのリセット法

あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?

いずれにせよ「手放せない」というくらいコーヒーに夢中な人が多いのも事実でしょう。ここでは、カフェイン耐性をリセットする方法にフォーカスしてみたいと思います。

そもそも
どうしてカフェインが
効かなくなるのか

90cc4dca4b546863e91ee88d012c30ea598c552e

SCIENCE OF US」によれば、じつはカフェインは、疲労感を引き起こす物質である「アデノシン」に似た化学構造をしているといいます(アデノシンは、日中体内に自然蓄積され、睡眠中に拡散される)。

カフェインを摂取すると、通常はアデノシンが使う脳内のレセプター(受容体)にその分子が結合するため、眠気を引き起こすアデノシンが作用できなくなります。そのため、コーヒーを飲んだあとには眠気を感じなくなるのです。

すると脳は、不足しているものを取り戻すためにレセプターを徐々に増やし始めます。つまりあなたは「眠気を覚ます」ために、よりたくさんのコーヒーを飲まなければならなくなり、不足状態が続くと不快感やイライラが増すのです。

しかし、『カフェインの真実』の著者マリー・カーペンターによると「カフェインの摂取量はずっと増え続けるわけではなく、次第に落ち着き、人それぞれの最適な量を発見する」とか。

同じ量のコーヒーを心地よい朝の一杯と感じる人もいれば、震える手を止めるための薬と考える人もいます。

一気に断つのはつらいので
目安は「1週間」以上

29e57dc5e26487b09f06775527224147d5186076

caffeine informer」によれば、カフェイン耐性をもとに戻す唯一の手段は、習慣的なカフェインの摂取を控えることで、数週間かけて徐々に減らすか、一気に断ち切るかの2通りになるとか。

前者の場合、「Coffee Chemistry」の創設者でコーヒー研究家でもあるジョセフ・リベラは、2〜3日おきにカフェインの摂取量を1/2、1/4、1/8…と段階的に減らしていく方法をすすめています。「およそ1週間ほどで、カフェインを摂取していなかった頃の状態に近づくはず」と。

しかしこれは決して簡単ではなく、倦怠感、集中力の低下、イライラが起こる可能性はあり、頭痛の原因になる人もいるでしょう。

代用にコーラを
使ってみては?

しかし肝心なのは、以前の耐性に一気に戻らないように、毎日少しずつカフェイン摂取を始めること。そして、自分がどのくらいの量のカフェインを摂取しているのか、理解することも大切。

対策のひとつとして、コーヒーの約1/6ほどのカフェインを含むコーラなどで代用するのも効果的だとか。しばらくカフェイン断ちをしていた場合、その量でも満足感を得られるはずです。

これは、豪・モナシュ大学が肝臓疾患のある1,100人の患者を対象に調査した結果だそう。オーストラリアのラジオ番組「3AW Breakfast」では、こんな...
眠気覚ましに飲むものといえばコーヒーです。が、さらにスカッと眠気を吹き飛ばしてくれる飲みものがあるそうな。なんと、エスプレッソをコーラにブレンドしちゃうの...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
もしかしたら、あなたは間違った時間にコーヒーを飲んでいるかもしれません。というのも「朝9時前にコーヒーを飲んではいけない!」という、ちょっと意外な内容の動...
出勤前や昼食後、さらには仕事の休憩時に、バーで同僚と軽く一杯。もしこれがお酒だとしたら、当然ながら社会的にNG。というより、そんな時間帯にはオープンしてい...
飲み過ぎると胃に悪い・身体に悪いと言われることも少なくないコーヒーに皮膚ガンを予防できるかも知れない可能性があるという研究結果が明らかになった。アメリカで...
コーヒー好きなあなたに質問です。あなたが朝飲むのはブラックコーヒー?エスプレッソ?それともカフェラテ?米メディア「Elite Daily」で紹介されていた...
「ニコチン・砂糖・カロリーなし」。一息入れるならコレ、と言わんばかりの謳い文句。味わう楽しみを除けば、たしかにシャキッとするための道具としてタバコもコーヒ...
健康情報サイト「STETHNEWS」に「コーヒーがあなたを幸せにする」と取り上げられたのが今年4月。2013年の研究で、調査にあたったのは、あのハーバード...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
今やサードウェーブも完全に凪(なぎ)のごとくおさまり、「コーヒーのある日常」だけがやんわりと、ごく当たり前に定着した感がある。そんな折、第4波とはまったく...
最近、自宅やオフィスでコーヒーを淹れるのが日課という人、増えています。時間帯や気分に合わせてコーヒーを選べば、楽しみ方の幅はもっと広がっていきます。豆の特...
1日の始まりにコーヒーが欠かせない人も、仕事のブレイクタイムにコーヒースタンドで淹れたての香りを楽しむ人も。その1杯をより味わい深いものにするヒントは、豆...
ドリップコーヒーから出るコーヒー豆のかす。これをただ捨てては「もったいない」と、いろいろな再利用法がネットでも紹介されています。消臭剤や除草駆除、これはよ...
日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があ...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...