眠れないときは○○すべき!妙に試したくなる「カラダの雑学」

正直言って、効果は未知数。でも、なんとなく試してみたいカラダに関するハックの数々を「I Love Positive Society」より紹介。私は早速今夜、01.を試そうと思いました。ホントに眠れるかな〜。

01.

Medium 906443a2ec787e07725eafa2708bbc56559d6fdc

眠れないときは、1分間高速でまばたきを。

02.

Medium a65fb353f8c26686cb078243b38336cc011cb51d

眠たいときは、できるだけ息を止めて吐き出す。

03.

Medium 9cf91f478dc8bf38deb9a8ae282487cf7ca6a571

吐き気がしたときは、図のように親指を中に入れ、ギュッと握る。

04.

Medium e1f4e4b44e37434f1b577a0206eda55111099316

スピーチなど「ことば」を拾うのは右耳が、「音」を拾うのは左耳が適している。

05.

Medium af6b3b7cf7242f3e4eccfc5c726b407995b6aca3

喉がムズムズするときは、耳をかく。

06.

Medium bcc3b9f45b06b50b41c0a9170aa34ec422bd3016

ベッドに横になっても頭がクラクラするときは、片脚を下におろす。すると、脳がバランスを調整してくれる。

07.

Medium 05e51823140c29998914209cefbc8d3656e777b0

鼻が詰まったら、玉ねぎを近くに置く。

08.

Medium 503c2bf200563664223aecea26fcabb3c84b223b

スピーチを暗記するときは、朝よりも夜がベター。

09.

Medium 8d3416ea4935e9616e684a80b24667f42903984f

シャワーの最後に冷たい水を浴びれば、ニキビ予防になる。

10.

Medium 61f1a59d19a730983026ef1f54775d34971114f0

泣きそうなときは、まばたきを我慢して目を大きく見開く。

Licensed material used with permission by I Love Positive Society
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
人間が、人生のうちの約26年もの時間を睡眠に費やしているって、知ってました?今回紹介するのは睡眠に関する意外なトリビアの数々。まだまだ知らなかったこと、沢...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
夜に空を見上げれば、いつでもすぐそこにある月。とっても身近な存在ですが、本当はどれくらいの大きさか、すぐに答えられますか?身近だけど意外に知らない、月にま...
思えば、ボールペンを使って文字を書く機会はめっきり減ってしまいました。“手帳派”の人もいるとはいえ、スケジュール管理はPCやスマホでカンタンに可能。以前は...
「睡眠はとても重要ですが、それだけが1日のエネルギーを左右しているわけではありません」。そう警笛を鳴らしたのは、「Elite Daily」のライターLei...
誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
大人は、1日平均7~9時間の睡眠をとったほうがいいと言われていますが、世界の中でも「睡眠時間が短い」と言われる日本人は、きちんと休めていないのではないでし...
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
薄手のマットを何枚も並べており、溝の中にズムズムっと腕や肩を沈められる仕組みになっています。これなら、パートナーを抱き寄せながらもカラダへの負荷は最小限。...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
ちゃんと寝れなかった翌日は、1日だるくなってしまうもの。ここで紹介するのは「Power of Positivity」が推薦する、快眠を得るための4つの習慣...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
「WonderHowTo」で紹介されていたのは、卵の殻の利用術。ライターBrady Klopferさんによれば、彼が1年でどのくらいの卵を食べているか計算...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...