キャンピングカーを改造して旅にでた。そこには見たことのない景色が広がっていた・・・(画像17枚)

トラヴィス・バークさんはおばあちゃんの古いキャンパーバンを改造して大自然を巡る旅に出ました。その息を呑むような「アメリカ」の美しさはハッキリいって超ド級!

さらに、彼が「Boredpanda」で語ったコメントにもハッとさせられるものがあります。

「海外にあるトロピカルな南国リゾートに行くのもいいけど、自分の暮らしている国にだってまだまだ冒険は眠っているものだ」

さっそく、写真を見てみましょう!

01.
アリゾナ州
恐竜の足跡探し

Bc94b8188ea3d92b51170157a3a1e20e3d149a2a

02.
カリフォルニア州
ロスト・コースト・トレイル

884288f7a3dc5a51e40e9a28b5b45f5ff0d0bfee

03.
ワシントン州
氷の洞窟

452556ae89452929b518967f824813cfd472ab61

04.
カリフォルニアコースト
塩湖

3b339d892b06ef135845e26390963a793c05f053

05.
ユタ州
地下トンネル

8f431548be89a11183853283e8b8b3a72a4a4f33

06.
バーモント州
道中

3999369c2db0e9a8926314a27af2563aa8ebcbf0

07.
カリフォルニア州
ジョン・ミューア・トレイル

86c9776e0eb56f6eab4a1a761c3d062ca1964944

08.
オレゴン州南部

Ac5988b474437c9b069a94708bf5d66102d962bb

09.
カリフォルニア州
サンディエゴ

1cc1dc4c67cb5b98e73305d17f218f1df41790fd

10.
カリフォルニア州
パシフィック・オーシャン

643f88b12b75782d12b5d9e95de710a83bb7ce7e

11.
ユタ州南部

090572af3d2bcc09910779bebac65dc66571b9b0

12.
ニューメキシコ州
ホワイトサンズ

38ce633e4cc2ec23cebafe5b7360044cb280d64d

13.
オレゴン州
サンドボーディング

0b5dae4e453295d71452363ccc742f3ce2917cd5

14.
ユタ州
ナロウズ

9b7e6d2e6e1ec0cddd1a34b8b1b9286642d595d5

15.
カリフォルニア州
ビッグサー

Ccda5672ce5e5d61c3a97561befb45c39757a098

16.
ユタ州
氷の滝

9a9009cd57bc9178e271fa7508c887b7d4da95f0

17.
ユタ州
エスカランテ

9e9e8289936adbb27a660bc4e494622ecf68a42a

おばあちゃんの車を大改造!

Bec443bf5e14556f17510277e02beab0634baa44

上の写真は、この旅に使用されたキャンパーバンの元の姿です。が、彼は外装・内装を一新して、"旅仕様"に改造しました。

広大な土地をキャンパーバンで旅するなんて憧れちゃいますよね。でも、一体どんな内装になっているのでしょうか?ちょっと見せて!

4b076af72d3903033e4f1f2ab1e9fb379a1e3300

最初はキャンパーバンの中をごっそりくりぬいたような感じ。座席などは跡形もありません。ここから、あの手この手で"住める車"に変えていきます。

Fe74faea3f9953c93ea67b72de8501ccf2c9c11902e5f90bc6395ef8ba987309b0ad4b797f7db2c8

家具を置くとだんだんそれっぽく…

D3063175dbd2487961238be85ccc57f9aac1481d

手作りキャンピングカーの
できあがり

57bc4505bd9dee7aa804a16dd86ec2e69c950bca

凄い!ここまで自分の手で出来てしまうものなんですね。クローゼットや食器棚も完備。引き出しには調味料なども入っています。

さらに、魅力的なのは中だけではありませんよ。

Ff520b1bf561b15025d6e0f1edb0acd3f0bc7ceb

削って〜、

22d66868333f8213517c4a649afa6900b1a5425c

塗って〜…

ハイ、完成!

7bc2e40ef47eb45478e6d7bf9cdd78da932b4bf0

車高も高くなっており見るからに"どこへでも行けるぞ感"がムンムン。シックな雰囲気もクールですね!屋根にはソーラーパネルを設置、車内で電気製品を利用・充電できます。

海外ではよく愛車に名前をつける人がいるものですが、この車もご他聞にもれず。その名も「Betty the Grey Wolf(灰色のオオカミ・ベティ)」。めちゃくちゃ強そう!

ここまで本格的な装備を整えるにはそれなりの知識と手間とお金がかかりそうですが、こんな車を運転して広大なアメリカ大陸をブーンと乗り回すのはさぞかし爽快でしょうね。

もっと詳しく知りたい人は、彼のホームページや以下の動画をチェックしてみてね♪

Licensed material used with permission by Travis Burke(Facebook), (Instagram)
Reference:Boredpanda
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
キャンピングカーやトレーラー(車で牽引するタイプ)の印象をひと言でいえば「狭い」。でも、どこか楽しそう。冒険心をくすぐられるロードトリップに「その手があっ...
アメリカを旅して以来、キャンピングトレーラーに憧れている。初めてトレーラー内部に入った時の衝撃は忘れられない。キッチンやテーブルだけでなくトイレやシャワー...
2010年以降、米国ではフードトラックに代表される移動店舗が急成長。その規模は、いまも拡大しています。TwitterやFacebookなどSNSで情報を発...
ここに紹介する、小さなキャンピングトレーラー。どのくらい小さいか?は、以下に紹介するとして、アウトドア愛好家たちの間でちょとした話題を呼んでいる。ミニマル...
仕事を辞めて、クルマを改造して、旅に出る。まあ、1度はそんな話を聞いたことがあるかもしれないが、RichmondとJulianaの2人ほどDIYに徹底して...
トロント・ブルージェイズに所属するメジャーリーガー「Daniel Norris」。若干18歳でドラフト2巡目に指名された彼の契約金は、200万ドル。日本円...
「ミコト屋」は、ぼく、鈴木鉄平と山代徹がはじめた小さな八百屋。自分たちが普段口にしているものがどうやって生まれ、どこからやってくるのかを知るために、201...
車で牽引する「キャンピングトレーラー」は、これまでにもたくさんありました。が、そのほとんどはキッチンスペースやベッドがメインとなったもの。ただし、コレはひ...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
「何じゃ、こりゃ!」15階建てのビルに整然と並べられたのは、1台ウン千万円のスーパーカー。ランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン…ヨダレが垂れてきてしまう...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパ...
「使わなくなった飛行機を、無意味に廃棄するのはもったいない。もっと使い方があるはずだ。たとえば、家にするとかね…」そう話すのは、米オレゴン州ヒルズボロの山...
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
画像に写っているのは、「Fly around the world」名義で活動するクリエイターの石神良英。まずは、Twitterで4600RT・5500FA...
最近の「60歳」の人たちはとても若くてエネルギッシュだけど、こと電子機器に関して言えば、スマホを使いこなしていれば感度が高いほうで、パソコンの、しかも画像...
納屋や蔵の奥に思わぬ家宝が眠っていた…。なんて、夢みたいな現実の話をご紹介。親子三代が引き継ぐことになった、廃車寸前のオンボロ車。おじいちゃんの道楽と思い...
2015年12月18日、世界同時公開からわずか1週間足らずで、5,000万ドル(約60億円)を突破した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。10年ぶりの新...