結婚式で「ディズニープリンセス」をイメージしたドレスが着れる限定プランが登場!

幼い頃から夢見ていた、憧れのディズニープリンセス。一生に一度の結婚式で、プリンセスみたいなドレスを着てみたい!

シンデレラ、ベル、ラプンツェル…。
お待たせしました、次のプリンセスは「あなた」です。

shutterstock_140523121

あなたの夢が叶うのは、2016年1月16日〜7月31日までの期間限定で開催される「プリンセス・ブライダルフェアキャンペーン」。

フェアに参加し、この限定プランでの挙式を決めたカップルには、3人のプリンセスをモチーフにしたカラードレス1着を無料でレンタルOK! あなたは誰のドレスを着てみたいですか?

幸せになれる4つのものが
含まれた、『シンデレラ』と
同じブルーのドレス

シンデレラといえば、舞踏会で着ていたブルーのドレスが印象的。王子様と踊る、あのシーンが好きという人も多いはず。
ところで、シンデレラのドレスはなぜ青いのか知っていますか?
諸説ありますが、ヨーロッパでの結婚式にまつわる言い伝え「サムシング・フォー」が関係してるんだとか。これは、花嫁が身につけると幸せになるとされている4つのものを表しています。「新しいもの」「古いもの」「借りたもの」、そして「青いもの」。じつは、シンデレラの衣装にはこの4つがすべて含まれているんですよ。

btn_escrit_160103

まわりの人を、
自然と笑顔にしてしまう
『ベル』みたいに華やかなドレス

ベルはフランス語で「美女」を意味する言葉。その美しさは見た目だけではありません。野獣の外見に惑わされず、慈愛の精神で接することができる「心の美しさ」も持っているんです。
そんなベルが野獣と踊るシーンでまとっているのが、その場にいる人たちの表情まで明るくしてしまうような、イエローゴールドのドレス。ベルの好奇心旺盛で自由奔放な性格をイメージさせるピッタリな色ですよね。読書好きで聡明な面もあわせ持つ、チャーミングなベルになりきってみませんか?

ありがちなものじゃ、
満足できないあなたには
『ラプンツェル』風ドレスを

特別な力を秘めたその髪は、まるで鞭かロープのよう! アクロバットなアクションを軽々とこなすラプンツェルは、これまでのプリンセスのイメージをガラリと変えてしまいました。
そんな彼女が着ているのが、ラベンダーカラーのドレス。大人びたシンデレラや聡明なベルとはまた違う、おてんばなプリンセスらしいキュートなデザインで、キレイというよりはカワイイ系の女性に似合うかも。
ちなみにこのラプンツェル、『アナと雪の女王』のアナ・エルサとは、従姉妹の関係だそうですよ。

ヘアメイクやテーブルセットも
まるで映画の世界のように
コーディネート!

プリンセス気分を味わうのに、ドレスを着るだけで満足ですか?いやいや、きっと物足りないはず。この限定プランでは、より作品の世界観に入り込めるよう、ヘアメイクやテーブルセット・式場をお好みに合わせて、自由にコーディネートすることが可能となっています。

しかも、選べる式場は全国に27か所も!どこがいいか迷ってしまったときも大丈夫、専門のコーディネーターがあなたの希望に合わせてピックアップしてくれます。

まずは気軽に、ブライダルフェアで「1日プリンセス体験」を試してみては?今なら先着1,000名限定で、ディズニープリンセスのフォトフレームをプレゼント!絵柄はシンデレラ、ベル、ラプンツェルの3人から選べます。お好きなものをどうぞ♪

btn_escrit_160103

Sponsored by escrit

ディズニーのキャラクターたちが現実に実在していたら…。そんな切り口から劇画タッチでイラストに起こしたのが、オーストラリア、メルボルン在住のアーティスト J...
1937年の『白雪姫』を皮切りに、これまで50以上の作品を世に送り出してきたディズニー。その多くには、ストーリーに彩りを加える「プリンセス」の存在が欠かせ...
歴代のディズニー作品に登場したお姫様になれる―。そんな夢のようなルームウェアが、PEACH JOHNから発売され話題になっています。その名も「Disney...
プロのバリスタは聞いたことがあるでしょう。では、ラテアーティストのプロがいることは?ここに紹介する動画にある華麗な爪楊枝さばきを見れば一目瞭然。みるみるう...
ディズニーの人材トレーナーとして、10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、どんな現場であってもコツさえ掴...
書籍『3日で変わるディズニー流の育て方』では、ディズニーのキャストを10万人育てたという著者の櫻井恵里子さんが、人もチームも自立できる「チームビルディング...
ハッピーエンドを迎えたら、物語も主人公たちの時間もそこで終わり。けれど、もしもストーリーのその先があったなら…。そんな「if」の世界を演じるのは母と娘。デ...
老舗料亭で生まれ育ち、大学卒業後は三越に就職し、のちにフロリダのディズニーで働くという長年の夢を叶えた上田比呂志さん。ディズニーで働く彼の視点から学べるこ...
これまで10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、同園の人材育成術について触れており、これらを参考にすれば...
家具や車など何もかもを売り払って旅に出た家族「The Bucket List Family」。45ヶ国を旅した彼らのもとに、ディズニーから30日間、30の...
チームがひとつの目標へ向かい、スタッフそれぞれが、やるべきことを懸命に取り組むことは、ほんとうに大切なことです。ディズニーが夢の国であり続けられるのは、そ...
いつもと少し違う姿の『リトル・マーメイド』のアリエルや『アラジン』のジャスミンたち。InstagramでTrans Disneyと名乗る人物が描くのは、自...
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
ディズニープリンセスが大好きな、イラストレーターのAnooshaさん。このたび、「もし彼女たちが、21世紀に生きていたら?」という想像のもと、以下のような...
まもなく新年度。就職や転職、部署異動といったキャリアの転機を迎える人も多いと思います。厚生労働省が2013年に行った「労働安全衛生に関する調査」では、...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
もしも彼らが2017年に足を踏みいれたら、夢と希望で溢れた物語は、どう変化してしまうだろう?と考えたTom Ward Studio。現代の闇を感じさせるに...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...