スウェーデン発の「レインコート」がかわいい!

洗練された「北欧スタイル」は、なにもインテリアに限った話ではありません。1960年代スウェーデンのフィッシャーマンスタイルを現代風にアレンジした、シンプルでエレガントな大人のためのレインウェアがあります。

北欧のエッセンスを受け継ぐ
レインコート

Medium 6365c01b2a360157f8485a38a2e9acd4ed727fbe

2010年にスタートした、スウェーデン発のアウターブランド「Stutterheim(ストゥッテルハイム)」。シンプルで飽きのこないデザインに、土砂降りの雨でも全く雨を通さない機能性が秀逸です。ラバーコーティングが施された、耐久性が高く上質なコットンを使用しています。デザイナーは、アレキサンダー・ストゥッテルハイム。

古小屋で偶然発見した
祖父愛用のコートをヒントに

Medium b9e418b881ad9b0729c2843bdb59d00556e95338

ブランド誕生の背景には、ある奇跡のような出来事がありました。もしかしたら、それがなければStutterheimのレインウエアは誕生していなかったかもしれないほど。

ある日、デザイナーのアレキサンダーは、亡き祖父が愛用していたフィッシャーマンコートを偶然、放置されたままになっていた古小屋で発見。その瞬間、彼の頭に幼少期の思い出がさざ波となって甦ってきました。「まるで記憶がフラッシュバックしたようだ」とブランドストーリーに綴るほど、その再会はアレキサンダーに衝撃を与えたようです。

祖父は、どんなに悪天候でもこのコートに身を包み、港から船に乗り、漁へと出かけていたのだそう。

60年代、漁師たちの伝統を
モダンにアップグレード

Medium 04438e510dea8ca53b9cd2d7f5cb6a6526abdaba

祖父の記憶が残る、1960年代製のコート。アレキサンダーは、その洗練された意匠と、優れた機能性にたちまち魅了されたそうです。

彼はすぐさま祖父のコートをベースにパターンを引きました。試行錯誤の末に、60年代スウェーデンの漁師たちが愛用していた伝統のレインコートを、現代風にアップグレードしたのがStutterheimのレインウエアなのです。

Medium c77d8422a94d2d4d24c28e527a5b64ba814b8f9a

数あるコレクションのなかで最もスタンダードな「Stockholm」(38,000円から・税別)。2016年春夏モデルから、ドックトゥース(千鳥格子)柄が登場。

Medium a9a6e95d1e19d5c37858a3e6a70ac5bec56892df

昨年秋冬から継続のAラインが美しい「Mosebacke」(45,000円・税別)には、新色が追加。

Medium c0f6b44ea018d3065c5fb744c0620efe48c2cb6f

こちらは新作のトレンチコート「Ture」(56,000円・税別)。

Medium 6a2a5d366e1e596204f3d7112c351ebc3f3537b8

さらには、こんなボンバージャケットタイプのコート「Västertorp」(4,2000円・税別)も。

全国のセレクトショップでの取り扱いも増えてきているようです。詳細はこちらでチェック!

「シンプル&モダン」北欧スタイルはレインウェアにも。晴れの日でもおしゃれに着こなせますよ。

Licensed material used with permission by Stutterheim
「ツリーハウス」と言われたら、なんだか子どもの秘密基地みたいな、無邪気で牧歌的なものを思い浮かべますよね。ところが、スウェーデンにあるこのツリーハウスは、...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
クリスマス・ソングをヤギが歌うーーなんじゃそりゃ!と言わずに聞いてみてください。話題になっているかどうかはおいておいて、その衝撃はホンモノ。いやいや、それ...
12月の平均日照時間がわずかに6時間半ほどしかない、北欧スウェーデン。そんな自然環境だからこそ、暗闇を快適に過ごす便利グッズのクオリティには、思わず唸って...
ここで紹介するのは、スウェーデンで“YES”を意味する言葉。なんでも独特な言い方で、ちょっと難しいのだとか。「シュッ」これがスウェーデン式のYES!これは...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
スウェーデンの田舎町に誕生した一軒のコンビニ。24時間営業で店員はゼロ。この完全無人化を実現したシステムの背景には、現在日本でも問題視されている、地方特有...
2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
経営者なら誰しもが「社員には意欲的に、誠実に、そして何より一生懸命働いてほしい」と願っているものですが、やみくもに働きなさい!と言うだけでは、当然社員たち...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
「スタイル」と聞いて、何を思い浮かべますか?体のスタイル?ファッションやヘアスタイル?ここで言うスタイルは、単なる見た目のことではありません。あなたの話し...
地表や岩の上ではいつくばるように成長する苔。深緑色の絨毯が広がる様は、古くから日本人の美意識の中にある苔のイメージですよね。ところが、北欧フィンランドの苔...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
白夜はもちろんのこと、日本とはまったく違う環境下で暮らす人々の生活ぶりがリアルに伝わってくる映像作品になっています。これが公式PR動画だと聞くと、つい驚い...
明らかに雪景色に馴染めていない。だからこそ、妙に気になる黄金の卵。自然を楽しんでいる時にこれと出会ったら、まじまじと観察してしまいそう。誰もが気になるこの...
そのビジュアルは、どこからどう見てもハンドバッグ。しかし、にわかには信じがたいですが、実は「スピーカー」だというのです!女性のみなさん、これってアリですか...