「失敗から学ぶ」のにこの上ないスウェーデンの博物館

大ヒット商品を世に送り出す企業でも、開発の裏には数え切れないほどの失敗があるものだ。さらに言えば、たとえ商品化してリリースされたプロダクトであっても、世間の評価が低ければ、それもまた失敗であることには変わりない。

こうした「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに6月7日にオープンした。開発企業からすれば、泣き面に蜂のようなハナシ。だが、僕らが学ぶべきものは多そうだ。

イノベーションの9割は
失敗に終わる

Fae50677a3e01fb20ff537f2cd1bdfb558bb008d

「成功の裏にあるはずの失敗にフタをして、功績を讃えるばかりのミュージアムが数え切れないほどあります。そういったものにもう飽き飽きしていたんです」。

館長Samuel Westが1年かけて世界中から選び抜いた展示品は、およそ70。どれも世界の名だたる企業が実際にリリースしたプロダクトやサービスだ。あるものは製品の意図を理解されず、またあるものは時代を先取りしすぎたために、その価値が認められないまま市場から消えていったものたち。

世間的に見れば、あるいは企業からしても、それらは失敗作だったのかもしれない。けれど、「その大部分は革新的な失敗」だと、Samuelは強調する。なぜなら、偉大な成功には失敗はつきものであり、その失敗から学ぶのが人間。それが臨床心理学者でもある「Museum of Failure(失敗博物館)」館長の信念だから。

ちなみに写真で氏が手にしているのは、ノキアから2003年に発売された、携帯電話機能とゲーム端末が一体となった「N-Gage」。圧倒的なゲームタイトル不足から販売が伸び悩み、ついには姿を消し、博物館で収蔵されることに。

革新的なアイデアには、つねにリスクがついて回る。それでも、こうして改めて見てみれば、なんとユニークな側面を秘めた愛すべき品々だろう。

スマホの台頭で存在感示せず
「TwitterPeek」

294b3d77c2d6c2606afe1a56c6068286c6655dff

Twitter専用モバイルとして、2008年に登場した「TwitterPeek」。すでにスマホも普及し始めていたためだろうか、若者層からの支持がほとんど得られず。スクリーンも小さすぎて、ツイート全体を表示できなかったことがネックだった?

自転車以上のニーズ見出せず
「セグウェイ」

B93dc42d84cc4180551e971617c6d7118407c8b8

“移動形態を変える革命的な製品”、と発売前から注目されていた「セグウェイ」だが、フタを開けてみれば価格約60万円(当時)がネックとなり、販売数は伸び悩み。

コーヒー?コーラ?どっちつかずな
「コカ・コーラ ブラック」

Fa5581a65c5ffd5fec7ddbc8333fb0223b59b7d2

“大人味のコーラ”としてフランスで発売された「コカ・コーラ ブラック」。2006年当時流行りのコーヒーコーラのような甘さはなく、コーヒーとも、コーラともつかないどっちつかずな味も、ブランディングも受け入れられなかったのか、数ヶ月で販売中止に。

時代を先取りしすぎた
「アップル・ニュートン」

4974ba8c6e0fb422cfe35e4aff6f39bc95d112c7

時代が製品についていけなかったのか、あるいは価格が高すぎたのか…。アップルコンピューターにより開発され、1993年に発売スタートした「アップル・ニュートン」。セールスポイントの手書き機能も、認識率が低く、結局プロジェクトごと解体となる。

失敗の原因は製品ではなく企業?
「コダックD40」

A4df90b873b94666945a0c94ce4db867f62f7e50

1990年代、プロフェッショナルユースから、普及版デジカメとして登場したコダックD40。当時としては高解像度の38万画素を誇り、商品としてはヒットしたものの、企業側がイノベーションにビジネスシフトできなかったことが衰退の原因か。

効果は未知数…
「美顔器」

8eee0aa2529143b74389911610235d4607eba719

1990年代に発売された美顔器。スイッチを入れると、マスク背面の突起へと流れる微弱の電流が筋肉を刺激し、リフトアップできるといううたい文句だったようだが、これでは…コワすぎて周りが迷惑。

ビデオ戦争に敗れた
「ベータマックス」

759e593c3046be5dc0ba6ea8b2745ceeccaeb024

1980年代後半にソニーより発売された、家庭向けビデオテープレコーダー「ベータマックス」。業界を二分したVHSとの“ビデオ戦争”に敗れ、2002年に生産終了となる。

ハーレーがリリースした
「香水」

A7f0cd227996d54357739e4e318e28decda6efd7

ハーレーダビッドソンから1996年に発売された「オードトワレ」。無骨で男くさい単車乗りのイメージや、革ジャンの匂いに、果たして本当に香水が必要だったのかどうか。こちらも敢えなくお蔵入り。

他にも、
プロが見向きもしなそうな
「ダブルドラムスティック」

24bdde8bfecff86aa51a486f7d189022b1bdadd3

女子力アップならず
『Bic for Her』

D3cdae2e816202bafdd00656edf653ac63cf9849

耐久性に難あり
「プラスチック自転車」

4d3d7779eb19c7aace002d177f0799255cb7a701

実業家時代のトランプがボドゲに
「TRUMP THE GAME」

F7a842c607029261eed0020a54f8436f3845283b

新技術を生み出す源泉は
失敗の中に存在する

失敗を成功に変える唯一の方法、それが学びである──。

博物館HPのトップページは、この言葉から始まる。失敗を大いに笑ってもいい、とも。ただし、他人の失敗を笑って楽しむだけでは意味がない。本当に大切なことは、他人の失敗を、いかに学びに変えるか、だ。

たとえ、ものづくりの現場にいなくたって、失敗はだれにでもやってくる。何かに挫折を感じているのならば、次の旅の選択肢にヘルシングボリも悪くない。

Licensed material used with permission by Museum of Failure
失恋経験はありますか?忘れられない思い出の品は?ここは、“過去”の新しい家。「Brokenships Collection」は、かつて壮大に燃え上がったで...
人生には、たくさんの挫折がつきものです。ただ「七転び八起き」という言葉があるように、人は失敗をしても諦めず、立ち上がる力を持っています。私たちが知っている...
私たちはつい「失敗をしないように」という予防線を張りがちです。だって失敗したら恥ずかしいし、そこから立ち直るのもひと苦労するから。でも、将来のためには積極...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
発明家トーマス・エジソン。彼の失敗についての考え方はとても有名です。「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなけ...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
成功と失敗は、隣り合わせです。どんなことでもまずは失敗から学び、成功への道を模索していくものですし、そこが運命の分かれ道でもあります。なかには諦める人もい...
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
会社の上司に求める条件で「人格者である」ことを挙げる人も多いのではないでしょうか。組織のリーダーになる人は、仕事の資質の他にも心を磨かなければ部下から信頼...
多くのキャリア指南書で「もっと失敗を経験すべきだ」と書かれていますが、それでも今なお、失敗=恐ろしいもの、という考えが拭えない人はたくさんいるはず。ここで...
自己啓発でよく言われる「若い頃は、たくさん失敗しよう」というフレーズ。だけど、具体的にどんな失敗が、どう将来に役立つのでしょうか?米メディア「Elite ...
何か大きな失敗をしてしまったとき、目の前が真っ暗になり、夢が粉々に砕け散ってしまったように思うかもしれません。自信を失い、自分はもう何もできない、と。そん...
失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...
オルタナティブ・ファクト(もうひとつの真実)なんて言葉も登場する昨今。いろんなことを簡単に知ることができる一方、事実を知ることも難しくなってきているのかも...
まだ10歳のとき、初めて目にした「iMac G5」に一目惚れした少年。おもちゃのミニバイクと家の除雪機とで、物々交換して手に入れた人生初のパソコン。それか...
世界幸福度ランキングでも、つねに上位に入るスウェーデン。その生活を真似してみたら、私たちの日々の生活も少しは幸せなものになるかもしれません。「MATADO...
世界に名を馳せるトップリーダーたち。 彼らには誰よりも「成功」や「栄誉」という言葉がよく似合う。 しかし、実はそんな成功の頂点に立っている彼らこそが、凡人...
25歳になったばかりの女性ライターKylie McConville氏がまとめたのは、「20代のうちに経験しておくべき失敗」について。人は辛い経験があるから...
成功までの長い道のりで、つい忘れてしまいがちなことがあります。でも、そのポイントを覚えておけるか否かが、その後の結果を大きく左右することに。「I Hear...