いまこそ学ぶべき、「偉人たちの失敗」

人生には、たくさんの挫折がつきものです。ただ「七転び八起き」という言葉があるように、人は失敗をしても諦めず、立ち上がる力を持っています。私たちが知っている偉人たちだって数々の失敗を繰り返し、そこから成功を掴みとってきたのです。

遠越段さんの著書『偉人たちの失敗』では、夢や目標を実現させていくたびに伴う失敗や挫折を、プラスに変える名言が掲載されています。

01.
多くの人が成功の“直前”で
あきらめている

Medium d62c2e803bfe59440acb2ce1731aedc394d60514

「成功目前の、あと少しのがまんというところで、いかに多くの人たちが、あきらめてしまうことか。潮がきれいにひくのは、すぐ潮が押し寄せてくるためである」

エルバート・ハバード(著述家/アメリカ)

私たちは、ちょっと痛い目に遭うと亀のように首を引っ込めてしまいます。これは身を守るために仕方のないことですが、なかには勇気を出して、また首を出す人がいます。しかも、以前つまずいたことを反省・勉強・改善して、次のことを考えるのです。こうした人こそが人生を変え、自分の思いを実現していくことになります。

首を引っ込めたままでは、ますます人生はつらくなり、面白くありません。たとえうまくいかなくても、もう勘弁してくれというくらいのつまずきを「何くそ、もう少しだぞ」と思える心こそが、自分の人生を大きく、より楽しくしていくための必須条件です。

一見、スイスイと波に乗ってきたように見える人は、実はそれに見合うだけのことをしてきています。人がうらやむような実績や地位というのは、おつりがたくさんきそうな失敗や挫折に打ち勝って乗り越えてきたからこそ、得られるのです。

これからの人生、「ちょっと無理だな」と思う困難に陥ることもあるでしょう。その困難は、自分の目指す人生に導いてくれる合図だと捉えて、奮起すべきなのです。

02.
失敗はチャンス。大切なのは
目の前の仕事に「全力」かどうか

Medium 9219ea0db2cfd283d60ed3939acec47cce8a0599

「私はどんな失敗や挫折も、もう一度やり直すチャンスや何か新しいことを始める機会を与えてくれるものだと信じている」

カーネル・サンダース(ケンタッキーフライドチキン創業者/アメリカ)

カーネル・サンダースの一生は、私たちに「人生の面白さ、仕事の喜び、ピンチや挫折があろうとも、必ず何とかなる」ということを、ストレートに教えてくれます。

彼が65歳のとき、経営していたレストランは繁盛していました。しかし、近くにバイパスができたことで客足は減少、廃業に追い込まれてしまいます。

そうして始めたのが、自慢のフライドチキンのレシピを使ったフランチャイズ事業でした。はじめはなかなかうまくいかず、各地を車で営業して、車中泊などの節約生活をしていたそうです。その間、経営は相当苦しかったでしょうし、こんな状況になるとほとんどの人が自暴自棄になってしまうでしょう。

しかし、彼は違いました。目の前の仕事に全力で打ち込むことに喜びを感じていたのです。

いつしか、このフライドチキンのフランチャイズ事業は大成功を収めますが、彼の人生はお金持ちになっても変わりませんでした。ただただ、楽しかったのです。

彼の人生について知ると、少々の失敗やつまずきも、ひょいっと乗り越え、人生を楽しんでいけるのだと勇気が湧いてきます。

03.
すべての夢は実現する。
その夢を追う勇気があれば。

Medium 7e10fda0ab8ba2d5bce2393b5254088281f14036

「私たちにその夢を追う勇気があれば、すべての夢は実現する」

ウォルト・ディズニー(プロデューサー/アメリカ)

ウォルト・ディズニーには、特別な才能があったわけではありません。彼が持っていた才能は、自分の思い描いた企画を作り上げ、いろんな人を使いまとめ、マーケティングをしていくというものです。決して諦めることなく、貧乏を経験してでもこれを追求しました。

ディズニーをはじめとする大抵の偉人たちは、その日の食事をどうやって手に入れるかという時期も経験していて、人に騙され、ひっかけられ、うまくいっても利益は奪われてしまう、なんていうケースも。

それでもめげないのが、偉人たちです。最後のところで踏ん張り、執念で甦っているのは、「子供のころや若いころに好きだったことをやりたい」という思いがあったからなのです。

遅くに志を立てて、それでも成功した人の例として、先に紹介したカーネル・サンダースなどが挙げられます。彼は人生を通して、自分のやるべきことを全身全霊でやり抜いています。だから50歳や60歳を過ぎてからも、違う分野で成功できるのです。

つまり、たとえ若いころに成功できなくても、自分のやりたいこと、やるべきことに全力で取り組むべきなのです。自分が何をやりたいか、何を大事にしていきたいかを決して忘れてはいけません。

成功と失敗は、隣り合わせです。どんなことでもまずは失敗から学び、成功への道を模索していくものですし、そこが運命の分かれ道でもあります。なかには諦める人もい...
会社の上司に求める条件で「人格者である」ことを挙げる人も多いのではないでしょうか。組織のリーダーになる人は、仕事の資質の他にも心を磨かなければ部下から信頼...
歴史に名を刻んできた日本の名将たちも、スーパーマンや超能力者だったわけではありません。私たちと同じ、ひとりの人間です。しかし、生きる知恵や考え方が一般人よ...
何かに失敗し、「自分はなんてダメな人間なんだろう」と落ち込んでしまったことは、きっと誰にでもありますよね。長い目で見るとその経験が成功につながることも多い...
夢を追い始める10代。その先にはたくさんの困難と選択肢が待ち受けています。時には心が折れて、自分の目指した夢を忘れかけてしまうこともあるでしょう。そんな迷...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
挑戦の数だけ、成功があります。偉人と呼ばれる人たちは、この「挑戦」を誰よりも多くしてきた人です。彼らは、どうして挑戦し続けることができたのでしょう?経営コ...
私たちはつい「失敗をしないように」という予防線を張りがちです。だって失敗したら恥ずかしいし、そこから立ち直るのもひと苦労するから。でも、将来のためには積極...
発明家トーマス・エジソン。彼の失敗についての考え方はとても有名です。「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなけ...
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
人生が輝かしいものになるか、平凡なものになるかは、どんな「習慣」を身につけるかによって変わってきます。自分の中で「やるべきこと」が見えていたとしても、三日...
人生に、困難はつきもの。でも、そんな状況を救ってしまう“魔法のことば”が存在するのも確かです。正直、ここで紹介するものが、“今の”あなたに刺さるかはわかり...
多くのキャリア指南書で「もっと失敗を経験すべきだ」と書かれていますが、それでも今なお、失敗=恐ろしいもの、という考えが拭えない人はたくさんいるはず。ここで...
自己啓発でよく言われる「若い頃は、たくさん失敗しよう」というフレーズ。だけど、具体的にどんな失敗が、どう将来に役立つのでしょうか?米メディア「Elite ...
光あるところには必ず影があります。しかし、イチロー選手はその影の部分、すなわち一流アスリートならではの苦しみやプレッシャーすらも、みずからの技量の向上や精...
何か大きな失敗をしてしまったとき、目の前が真っ暗になり、夢が粉々に砕け散ってしまったように思うかもしれません。自信を失い、自分はもう何もできない、と。そん...
失敗するのが怖いーー。外国語の勉強をしている人なら、一度は感じたことがある悩みでしょう。でも、遅かれ早かれ、いつかは必ず失敗するものなのです。だったら最初...
突然ですが、あなたには「信念」がありますか?いきなりこんなことを聞かれても、すぐに答えは出ないかもしれません。信念は「心の軸」とも言い換えることができるで...
世界に名を馳せるトップリーダーたち。 彼らには誰よりも「成功」や「栄誉」という言葉がよく似合う。 しかし、実はそんな成功の頂点に立っている彼らこそが、凡人...
生きている以上、「悩み」から逃れることはできないと思います。でも、ひとつひとつに早く決断を下すことは、訓練次第で誰だってできるようになります。ここでは、そ...