「飛ぶためには、抵抗がなければならない」。夢を見失ったときに読みたい10のことば

夢を追い始める10代。その先にはたくさんの困難と選択肢が待ち受けています。時には心が折れて、自分の目指した夢を忘れかけてしまうこともあるでしょう。

そんな迷える若者にも読んでほしい各国の名言を、遠藤段さんの著書である『世界の名言100』から紹介します。最後まで夢を諦めずに突き進んだ著名人たちの言葉は、どれも心に響くものばかり。

01.
他人に批判されたくないなら、何もやらず何も言わなければいい。しかし、それは生きていないのと同じではないか。

(エルバート・ハバード/アメリカの教育家・著述家)

Medium ba87ec94a77c52ed66a344e9768c6c904251f56a

他人に批判されるのは誰だって嫌なものだ。まして尊敬する人からの批判ほど傷つくものはない。だが、考えてみよう。批判をされないということは、自分が何もしないことで、存在すら認められていないような場合ではないか?

批判は、言う人にしてみればほとんどどうでもよいことなので、気にしてはいけない。さらに前に突き進めば、その批判も賞賛に変わるだろう。

02.
私は、失敗を受け入れることができる。しかし、挑戦しないことは受け入れられない。

(マイケル・ジョーダン/アメリカのプロバスケットボール選手)

「負けました」「私が間違っていました」と素直に言える人で、かつ、その負けた原因や理由を見つめなおし、自分を変えられる人ほど「強くなる素質」を持った人はいない。だが、これはけっこう難しいことでもある。

自分のやりたいこと、生きる道、夢や希望などをしっかりと確立し、強い自分になるための生き方を身につけたいものだ。

03.
不成功の99パーセントは、言い訳ばかりをする習慣を持つ人から生まれてくる。

(ジョージ・ワシントン・カーヴァー/アメリカの植物学者)

この言葉は「言い訳をしない人が成功している」ということを、逆説的に教えてくれる。

ところが人間は、言い訳をして、他人のせいにしがちだ。それは楽なことかもしれないが、それでは進歩もなくなる。

04.
自分の運命は自分でコントロールすべきだ。さもないと、誰かにコントロールされてしまう。

(ジャック・ウェルチ/アメリカの実業家)

Medium 32e1f325fe6ae3494af77c07973f783b17ab0044

日々、自分を確認し、自分の生き方はこれでよいのかと問いながら軌道修正していかなければ、気づいたときに人の言いなりになっていたりする。それだけ人はまわりに影響されやすい。

しかし、これも人のせいにしてはいけない。全部自分の招いた結果なのである。選択肢は無数にあるのだから、あとは、自分で人生をコントロールしさえすればいいのだ。

05.
人間、志を立てるのに遅すぎるということはない。

(スタンリー・ボールドウィン/イギリスの政治家)

そもそも人生は自分のものなのだから、何をやろうと始めようと、自分のやりたいことをやればいい。なにか言う人がいても、その人は大したことを考えて言っているわけではないので、無視すればいい。

ただひとつだけ注意すべきことは、志に遅いということはないが、それまで何もしないでよいということではない。自分の仕事の成果を出し続けようと誠実に生きていなければならない。

06.
心は正しい目標を欠くと、偽りの目標にはけ口を向ける。

(ミシェル・ド・モンテーニュ/フランスの哲学者)

自分の生き方はどうあるべきか、何をしたいのか、何をすべきかを明確に定めておけば、偽りの目標や怪しげな誘いに乗らなくてすむ。

正しい目標を欠くと、つい人はおかしな目標を持ったり、自分の本当にやりたいことではないのに周りに引き込まれたりするのだ。


07.
どんな人でも、少なくとも一日一つ、自分には難しいと思えることに挑戦し、それをやり抜かないかぎり、人として大した成長はできない。

(エルバート・ハバード/アメリカの教育家・著述家)

人生は挑戦することに面白味がある。挑戦しない人は、現状を変えようとせず、いかに楽をして生きていこうかと考えるため、そのまま時代に取り残されていく。

毎日挑戦する人こそが、自分の人生を充実させられる、いわゆる「できる人」となる社会の宝物なのだ。

08.
飛ぶためには、抵抗がなければならない。

(マヤ・リン/アメリカの芸術家)

Medium 0ec655e2e8df4c3d9e3891eab1702ea6344ec895

古今東西の偉人たちは、口を揃えて「飛躍するためには、苦労、苦難の経験がいる」と言う。

まずは、夢に向かって挑戦する。そして必ず障害や抵抗にぶつかり、それをきっかけにして、飛び上がるチャンスをつかむのだ。

09.
人間は自由であり、つねに自分自身の選択によって行動すべきである。

(ジャン・ポール・サルトル/フランスの哲学者・作家)

日本には実質的に、階級による制約も人種による差別も、独裁者による支配も、ゆがんだ教育や法律、そして外交による表現、行動の自由の制約がない。

だから、そういう環境の中で日本のビジネスマンは大いに働き、日本に世界有数の経済発展とビジネスの隆盛をもたらせたのだ。

10.
私たちにその夢を追う勇気があれば、すべての夢は実現する。

(ウォルト・ディズニー/アメリカのアニメーター・プロデューサー)

Medium 263c5f31e2f65bc7d55b2c5c78308cf7a75f8d7e

人は、小さいころから必ず夢を持っている。これは10代、20代と続くことも多いが、20代あたりから怪しくなる。現実の生活に追われたり、世の中の大変さを知ると「やっぱり、そうは甘くないな」と言い訳をしてしまう。

しかし、情熱を失わないディズニーのような人もいるのだ。

空を飛ぶ夢は、昔から空想の対象として語られてきました。空に対する人間の憧れのようなものもあるのかもしれません。しかし、夢の中で空を飛ぶことは、もっと深刻な...
歴史的に「偉人」と言われる人たちも、生きることに悩み苦しみ、虚しい日々を過ごした経験があるものです。ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員会なる組織...
本日10月5日は、スティーブ・ジョブズ5回目の命日。いま思い出しても、その一挙一動に、どれだけの人が夢中になったことでしょう。優秀なセールスマンであり、素...
突然ですが、あなたには「信念」がありますか?いきなりこんなことを聞かれても、すぐに答えは出ないかもしれません。信念は「心の軸」とも言い換えることができるで...
人間は、弱い生き物です。自分一人の力でやっていける人なんてそうはいません。何かしらの「生きる指針」のようなものが必要なのです。例えば先人が残した言葉は、そ...
赤ちゃんが出てくる夢は基本的に吉夢とされることも多いです。なぜなら、赤ちゃんはお母さんと深いつながりのある存在だから。しかし、つながりが深いからこそ、夢の...
人類の歴史の中で活躍した偉人たちの名言には、不思議な力があります。その言葉を言った人の人格や人生が重なり合い、聞いた人の人格や未来さえも作っていくのです。...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
生きている以上、「悩み」から逃れることはできないと思います。でも、ひとつひとつに早く決断を下すことは、訓練次第で誰だってできるようになります。ここでは、そ...
人生の中でも大半を占めると言っても過言ではない「仕事」。一生懸命働いてもなかなか報われないと、嫌気がさしたり不公平だと感じるかもしれません。そんな迷える人...
トイレの夢を見て目を覚ましたことはあるでしょうか。目覚めとしては決して良いものではありませんが、昔からトイレの夢は吉夢として伝わっています。トイレは日々の...
人生に、困難はつきもの。でも、そんな状況を救ってしまう“魔法のことば”が存在するのも確かです。正直、ここで紹介するものが、“今の”あなたに刺さるかはわかり...
どれだけ運が良かったとしても、努力の積み重ねがなくては夢は叶わないでしょう。では、一体どのような努力をすればいい?その答えが「mindbodygreen」...
限りなく続く水平線。果てしなく大きい、万物の生命の源・海。海は、夢占いの世界では豊かな生命力、母性の象徴であり、女性、母親、無意識の世界(潜在意識)を表し...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
挑戦の数だけ、成功があります。偉人と呼ばれる人たちは、この「挑戦」を誰よりも多くしてきた人です。彼らは、どうして挑戦し続けることができたのでしょう?経営コ...
夢に猫が出てきたら…少し気をつけた方が良いかもしれません。男性にとっても、女性にとっても、意味のある夢となるでしょう。猫が好きな人にとっては、癒される夢と...
犬はペットとしても親しまれている動物です。いわば、犬を大切している人にとっては家族のようなもの。このように、犬が家族のように近しい存在から、夢占いでは犬を...
誰だって勇気が出なかったり、落ち込んだりすることはあります。生きていれば避けて通れないものとはいえ、そんなときにどうしたら本来の自分を取り戻せるのでしょう...
人生には、たくさんの挫折がつきものです。ただ「七転び八起き」という言葉があるように、人は失敗をしても諦めず、立ち上がる力を持っています。私たちが知っている...