「魂のこもった青春は、そう安易に滅んでしまうものではない」。人生を力強く生きる10の名言

生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?

ここでは、人生にまつわる偉人たちの名言を、遠藤段さんの著書である『世界の名言100』から紹介。今日から人生を力強く生きていくヒントを見つけましょう。

01.
私たちの幸福のほとんどは、その生まれ持った境遇にあるのではなく、私たち自身の心のありようで決まるのである。

(マーサ・ワシントン/アメリカ合衆国初代大統領ジョージ・ワシントンの妻)

2e65c1249caca244a95e3ffb1ba7ccf0afe2eb54

幸福とは、「この世に生まれてきてよかった」と、心が感じるかどうかが重要なのである。そして人は、自分の力で苦労に打ち克って目標を達成することで、生きていることに喜びを感じる。

こうしてみると、生まれついての境遇などまったく関係ないことがわかる。むしろ、生まれつき境遇がよい人のほうが、人生に淋しさや不満を持つことが多いのだ。

02.
人生の上り調子のときに会う人には、いつもよくしておきなさい。なぜなら、下り調子のときに会うのも、同じ人だからだ。

(ウィルソン・ミズナー/アメリカの脚本家・劇作家)

強運と信じている人も、現実の人生においては、上り調子のときもあれば下り調子のときもある。

上り調子のときは、いろんな人間がたくさん近づいてくるので、人生のどん底に落ちたときに支えてくれる「本物の人物」を見分ける必要があるのだ。

03.
概して、人は見えるものより、見えないことに思い悩むものである。

(ジュリアス・シーザー/古代ローマの政治家)

誰にでも経験のある「取り越し苦労」。これが過ぎると、人生のいたるところで消極的になり、せっかくのチャンスを失いやすいだけでなく、人によっては心を痛めて、精神をすり減らすようになる。

「取り越し苦労」というのは、見えないものを自分の想像力を使って勝手に作り出してしまっていることがほとんどなのだ。こんな馬鹿げたことで人生を狂わすのはもったいない。

04.
人生は後ろ向きにしか理解できないが、前向きにしか生きられない。

(セーレン・オービエ・キルケゴール/デンマークの哲学者)

6686318f50e8f4360b71b0acac49adde2e4ad8dc

後ろ向きな生き方をしていると、生きることに何の意味も見出さなくなり、ただ息をしているような存在となる。しかし、よく考えてみよう。それでも人は生きるのだ。

人生は前向きにしか生きられない。というか、前向きに生きるべきだ。

05.
魂のこもった青春は、そう安易に滅んでしまうものではない。

(ハンス・カロッサ/ドイツの医師・作家)

90c1ff95fa3b6c60e3e78520617e356339050733

人生は一度しかない。20代から自分のやりたいことには、思いっきり魂を込めて挑戦すべきだ。

そして、それが財産になるのだ。

06.
すべての、真の勇気は、良心から生まれる。人が勇敢であるためには、自分の良心にしたがうことが大切なのだ。

(ジェームズ・フリーマン・クラーク/アメリカの聖職者)

勇気とは、人のため、あるいは世の中のためにやるべきことがわかったとき、それをやるぞと踏み出させる心のありようや精神のことを言う。

だから、真の勇気を出すためには「良心」の人でなければならない。「良心」とは、人としてこれが正しい方向だ、と自分の心が命ずることを言う。

07.
創造力は、自己信頼から生まれる。自分の才能を信じなさい。しかし、自分が実際に行った努力以上のことは期待してはいけない。

(リタ・メイ・ブラウン/アメリカの作家)

A83c415cff95c35d42824f63ac322d1d9fce6617

よいものが生まれないとき、あるいは挑戦しない理由として、「才能がないから」というのは、甘えた自分への言い訳だろう。

自分を信じて、やるしかないのだ。そうして生まれた何かが創造力なのではないだろうか。

08.
あなたは、お世辞にも批難にもとらわれてはいけない。どちらにとらわれてしまっても、それはあなたの弱みとなってしまうからだ。

(ジョン・ウッデン/アメリカのプロバスケットボール選手・コーチ

お世辞は言う人の利益になるために言うので、本心から出ているものでなく、ましてやあなたを励ますものでもない。批難もまた、あなたの成長を願うものではなく、あなたの未来を阻害しようという思いが込められている。

優しい人や誠実な人ほど、批難の言葉を受けて傷つき、大事な成長期を見失う恐れがある。自分の生き方を信じて、正しいアドバイスに耳を傾けて前に進むようにしたい。

09.
すべての人は世界を変えたいと思っているが、自分を変えようとは思っていない。

(トルストイ/ロシアの作家)

111b7279b0a0fb6fe93a703a78280f81a6c6e2b5

世界を変えたい、世の中を変えたい、会社を変えたい、人を変えたい、とほとんどの人は思う。

ところが、そのために「自分」を変えようと思う人はいない。つまりこれは、もし真剣に世界を変えようと思うのなら、まず自らが変わるしかない、ということの逆説なのである。

10.
真の謙虚さとは自分を正当に評価することであり、長所をすべて否定することではない。

(サミュエル・スマイルズ/イギリスの医師・作家)

行き過ぎた謙虚さは嫌味だと批判されたことがある。良好な人間関係を作るためには、親しい友との間ではほどほどでいいのだろう。

さらに向上していこうとする自分を励ます意味でも、時には自分を正当に評価してあげ、ほめてやることはよいことだ。

あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
いつも新しい視点に気づかせてくれる偉人達の金言。今だに古びませんよね。「I Heart Intelligence」は、その中から特にハッとするような言葉を...
夢を追い始める10代。その先にはたくさんの困難と選択肢が待ち受けています。時には心が折れて、自分の目指した夢を忘れかけてしまうこともあるでしょう。そんな迷...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
歴史的に「偉人」と言われる人たちも、生きることに悩み苦しみ、虚しい日々を過ごした経験があるものです。ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員会なる組織...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
努力を積み重ねた先に、成功があります。逆を言えば、努力なしに成功はつかめません。でも、わかってはいても途中で簡単なほうへ逃げたり、投げ出したりする人が多い...
長い長い時を経て語り継がれてきた、珠玉の名言。遥か昔に言われた言葉が、ときには現代を生きる我々の人生をも動かしてしまうことがあります。そんな古今東西の名言...
私たちの心を時には鼓舞し、時には癒し、元気付けてくれる名言。長く語り継がれてきた言葉には不思議な力があります。そんな古今東西の名言に、遠越段さんが解説をつ...
生きている以上、「悩み」から逃れることはできないと思います。でも、ひとつひとつに早く決断を下すことは、訓練次第で誰だってできるようになります。ここでは、そ...
何かに失敗し、「自分はなんてダメな人間なんだろう」と落ち込んでしまったことは、きっと誰にでもありますよね。長い目で見るとその経験が成功につながることも多い...
「自分の人生は、自分のもの」。当たり前のことのように思うかもしれませんが、日々忙しくしているうちに、自分で自分の人生をコントロールできなくなってしまうもの...
古代ギリシアの哲学者プラトン。彼の思想に詳しくなくても、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師匠であっ...
挑戦の数だけ、成功があります。偉人と呼ばれる人たちは、この「挑戦」を誰よりも多くしてきた人です。彼らは、どうして挑戦し続けることができたのでしょう?経営コ...
レゲエ好きでなくても、その名前といくつかの名曲は聞いたことがあるはず。ここでは「I Heart Intelligence」に掲載されたボブ・マーリーの20...
多岐にわたる自然研究の業績から、「万学の祖」と形容される、古代ギリシアの哲学者アリストテレス。今から2,300年以上も前に生きていたとされる彼ですが、その...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
歴史上の人物たちの言葉が、今も多くの人達に届いているなんて驚きますよね。しかも、いつになっても学ぶことが尽きないもの。「I Heart Intellige...
人生に、困難はつきもの。でも、そんな状況を救ってしまう“魔法のことば”が存在するのも確かです。正直、ここで紹介するものが、“今の”あなたに刺さるかはわかり...
家族や恋人、友人など、周りの人に対する愛の形はそれぞれです。でもすべてに共通する大切なことは「相手を思いやる」ということ。ここでは、世界のさまざまな「想い...