学校では教えてくれない。ビル・ゲイツが高校生に語った「人生で大切な11のルール」

マイクロソフト社の共同創業者で会長のビル・ゲイツが高校生に語ったと言われているスピーチ。

彼は、私たちが学校では学べない「人生で大切な11のルール」を教えてくれています。

実はこのスピーチのついては諸説あり、これはチャーリー・サイクスの著書“Dumbing Down our Kids”からの引用であり、そもそもビル・ゲイツによるスピーチすら、なかったとも言われています。

いずれにせよ、若いうちに知っておくと必ず役に立つ、学校では教えてくれない人生のルールを知れるので、大人も必見です。


 

01.
人生は公平ではない
それに慣れるべき

83b2303cef8c67d5eea85d038e77fb0aed29310f

世の中は残念ながら、不公平。自分の力でどうにもならないこともある。でも、自分には才能がない、環境に恵まれない、チャンスがこないと嘆いていては何も始まらない。今の状況を認め、それを打破するために前進し続けた者だけが成功を手にするのだ。

02.
努力は当たり前
とにかく、結果がすべて

世界は君のプライドを気にかけてはくれない。世界は君の気分に関係なく、君が何を成し遂げられたかを見ている。

学生の頃は努力した過程も誰かが、褒めてくれるかもしれない。しかし社会に出れば結果がすべて。世界に影響を与えたいと思うなら、気分がのらないなんて言い訳はやめて、とにかく結果を出せるように努力しよう。

03.
すぐに成功することはない

85b45ec7fbc436759a9ffa9df3d45fb0984e4dfa

高校を出てすぐに6万ドルの年収を稼ぐことはできない。何事も下積みがある。

どんなに素晴らしい人でも、すぐに成功することはない。地道に一歩一歩進んでいくことが大切。

04.
叱ってくれる人を
大切に

先生が厳しすぎると思うなら、上司を持ってみろ。彼らは、君を簡単に手放すだろう。

あなたが怠惰なら、先生は叱ってくれる。しかし上司なら、すぐにあなたを手放すだろう。厳しく叱ってくれる先生は、とてもありがたい存在だということを忘れてはいけない。

05.
すべてのことは、
何だってチャンスになる

566215267519a39638c20d458616796cc090c18c

ハンバーガーを引っくり返すということは、君の尊厳にかかわることではない。祖父母たちは、それをチャンスを呼んでいた。

例えば、ハンバーガーをひたすらに焼いて、引っくり返すような低賃金な仕事を、カッコ悪いから、そこでは成長できないからと決めつけて投げ出してはいけない。

あなたたちの祖父母は、どんな仕事であってもチャンスの第一歩だと思い、一生懸命に働いてきたはずだ。どんな仕事でも、それを生かすか殺すかは、あなた次第。

06.
失敗はすべて自分のせい
そこから学べ!

君が失敗したら、それは両親のせいではない。君のせいだ。だから弱音を吐かず、失敗から学びなさい。

自分で判断し行動できる年になったら、すべての責任はあなたにある。誰かのせいにしているうちは、失敗から成長することはない。

07.
両親のためにも
自立せよ

2433b258c53e16c82dc265d598c5c44d413bc6d9

君の両親は、君が生まれる前は今のように退屈そうではなかった。君のために学費を支払い、服を洗い、君の自慢話を聞いているうちにそうなった。だから、君が熱帯雨林を寄生虫から救う前に、まずは自分のクローゼットのダニ退治をしなさい。

両親が疲れたように見えるのは、いつでもあなたのために身を削ってきたから。あなたがもっと自立すれば、両親の人生も再び輝き始めるはず。まずは自分のことは自分で。少しずつでも自立できるようにしよう。

08.
人生は、
誰も助けてくれない

学校は勝者と敗者を決めなくなったかもしれないが、人生は違う。学校は君が落ちこぼれそうになったら、正しい答えが導き出せるまで、何度でもチャンスをくれる。実際の人生とは似ても似つかない。

間違いを教えてくれたり、やり直すチャンスを何度も与えてくれる学校教育。でも社会に出れば、それは通用しない。はっきりと勝者と敗者に分かれるようになり、敗者になっても誰も救ってはくれないのだ。

結局のところ、人生は誰にも頼らず自分の力で歩いていくしかない。

09.
人生はマラソンのように走り続けるもの
夏休みはない

Bcbecbfcf61229957fe6edcce5eafe5014afa396

人生は学期ごとに分けられていない。夏休みはないし、君が自分自身を見つけだすことにボスは興味がない。それは自分の時間でやることだ。

人生は、マラソンのように走り続けなければいけないもの。ひたすら自由に過ごせる長期の夏休みはもう訪れないかもしれない。

それに、あなたの自分探しに会社は付き合うことはできない。気分がのらなくたって、きちんと仕事をしていかなければならないのだ。

10.
テレビの世界と
実際では違う

テレビの中の世界は、本当の人生ではない。現実の人々は、カフェを出て、仕事にいかなくてはいけないのだ。

ちょっと悲しい気もするけれど、これも現実。

11.
ギークやオタクに
親切にすること

8e16ed094448fc36e945b883c281fde44bf7401f

オタクには優しくしなさい。彼らの下で働く可能性は高い。

一つのことに夢中になり技を究めるオタクたち。彼らはいつか大物になる。これからロボットや、オートメーション化が進む中では、一つのことを極めている人の方が、平均的に何でもできる人よりも重宝されてくる。


学校で教えてくれない、人生で大切なこと。ビル・ゲイツがこのすべてを語ったか、真偽は定かではありませんが、納得できる点も多いのでは?

ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
人生には、たくさんの挫折がつきものです。ただ「七転び八起き」という言葉があるように、人は失敗をしても諦めず、立ち上がる力を持っています。私たちが知っている...
「私は自分のことを完璧だなんて思ったことはありません。常に成長しています。そして、大切なことは何も人からだけではなく“愛犬”からだって学べるのです」-Wr...
何かに失敗し、「自分はなんてダメな人間なんだろう」と落ち込んでしまったことは、きっと誰にでもありますよね。長い目で見るとその経験が成功につながることも多い...
いつも新しい視点に気づかせてくれる偉人達の金言。今だに古びませんよね。「I Heart Intelligence」は、その中から特にハッとするような言葉を...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)「Elite Daily」にライターのP...
会社の上司に求める条件で「人格者である」ことを挙げる人も多いのではないでしょうか。組織のリーダーになる人は、仕事の資質の他にも心を磨かなければ部下から信頼...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
これはChad Cryderさんが、幼い頃に祖母と過ごした時間を振り返った話。大好きな祖母特製の、大好きなドーナツ。その作り方を教わる中で、ほかにも大切な...
「1日24時間では足りないと思う程に忙しいとき、マヨネーズの瓶と2杯のコーヒーを思い出して下さい哲学の授業の前に、教授は大きな空のマヨネーズ瓶を持って学生...
人生で襲いかかるさまざまな災難も、できるだけ、しなやかにかわしたいもの。今回「Elite Daily」で見つけた記事の執筆者は、15歳にしてアメリカン・バ...
心の中に、いつも残っている言葉がある。「世界は一冊の本だ。世界を旅しない人は、ほんの1ページしか読んでないのと同じである」。ーー哲学者、アウグスティヌス私...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
「自分の人生は、自分のもの」。当たり前のことのように思うかもしれませんが、日々忙しくしているうちに、自分で自分の人生をコントロールできなくなってしまうもの...
古代ギリシアの哲学者プラトン。彼の思想に詳しくなくても、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師匠であっ...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
アカデミー賞からグラミー賞の獲得まで、幅広い活動の中で成功をおさめているウィル・スミスですが、その影には彼が大切にしている哲学がありました。「ウィル・スミ...