【走ることは生きること】ランニングが教えてくれた、人生で大切な「9つのコト」

走ることは、もっともシンプルな運動のひとつ。どんな場面にも必要とされる根源的なもので、スポーツでもあり、目標にたどり着くための手段や、考え方でもあります。

準備をして、作戦を立て、レースに出る。でも、思った通りに行かないこともざらにあるもの。そんな時に大切なのは、諦めるのではなく、走る行為そのものを楽しむという考え方に切り替えることだったり。それって、人生に置き換えることもできるもの。

ここで紹介するのは、ランニングから学んだ「9つのコト」。スポーツを始めたことで変わった考え方って、沢山あると思いませんか?

01.
辛いのは最初だけ
続けることで、楽になる

0fa638b43e2024717439b1d7a0cb6aa711f4cc63

いつだって辛いのは最初だけです。走り続けていれば、体力がついてどんどん楽になっていきます。そして、繰り返していくうちに習慣になって、最終的には到達したい結果に繋がっていくもの。最初が辛いのは当たり前だと思って、とにかく走り出すことが大切だと思うようになりました。

02.
成長するには
「痛み」がつきもの

もしも今よりも成長したいと思っているのなら、痛みを怖がって挑戦することを辞めてはいけないのでは?何事も、失敗を恐れずに突っ込んでいく勇気を出すことで、新しい結果に繋がっていきます。

03.
快適さから飛び出さなきゃ
目標にはたどり着けない

70e49e697d40a473a6455f82f56aae150db7e30a

目標にたどり着くためにはいつだって今の自分を超えていく必要があります。今までの快適さを守り続けずに、攻めること。それこそ、目標への第一歩になるのではないでしょうか。

04.
自分より早い人と競うのではなく
その人から学ぶ

本当に闘うべき相手はいつも自分の中にいます。スポーツの対戦相手は敵ではありますが、自分よりうまい人や、早い人とぶつかるのではなく、そこから学び取ること。そうすることで、さらに成長することができるはず。

05.
無理だと思うのは幻想
大概のことは、できる

18f37821192a9253174f2dd8ce35ba5b959c9040

やる前から、無理だと決めつけることは簡単です。でも、本当のところ、やってみないことには何もわかりません。とにかくやってみると案外簡単にできてしまったりすることもあります。

06.
計画通りには大抵行かない
最初からそう思って動く

どれだけペース配分を考えても、その日の調子が悪いことだってもちろんあります。何が起こるのかわからないと思っておきながら何か起きたにどうするか考えるようにしておけば、大抵のことにはどうじなくなります。

07.
ゆっくりでも進み続ければたどり着く
止まってはいけない

A5e6a3fb89d440a171608bdb887ba7e668cb1a1e

ランニングの良いところは、走ることさえ止めなければ、必ずゴールにたどり着けるというところ。それっていろんなことにも共通していることで、とにかくやめないで走り続けるということが大切な要素だったりします。

08.
喜びを後回しにしてはいけない
レースそのものを楽しむ

ゴールしたあとの楽しみのために、辛くても頑張る・・・。という考え方で走ってもパフォーマンスはきっと上がらないのだと思います。走っている行為そのものを楽しみ、レース自体を喜びにする。そうすることで自然と最大のパフォーマンスを発揮することができるようになります。好きこそ物の上手なれとも言いますが、嫌々やっても辛いだけですよね。

09.
小さな過去の成功体験に
いつまでも浸らないこと

A689a687081cc41954281c1bcd14424b4a89f9bb

栄光の時代を思い出して、想い出に浸ることは悪いことではありませんが、いつまでもそこで立ち止まっていても何も変わりません。大切なのは今、自分に何ができるのか、何をするべきなのかです。想い出を振り返るよりも、一歩でも先に走りだすこと。そうすることが小さくも前進するための、確実な方法なのではないでしょうか。

Reference:Mind Body Green
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
ランニングを日課にしようとする人が、つい陥りがちな間違った思い込み。こんなことでやせる効果が半減したり、せっかくのやる気が削がれてしまうのはもったいない!...
「運動嫌いの文系女子」だった、女優の高山都さん。ランニングを始めたことが、人生に大きな影響を与えたという。なかなか続けられないランニングだって、恋愛と同じ...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
夢を思い描くことは大切なこと。もちろんそればかりじゃいけないとわかってはいます。では、頭の中にある理想を実現するために一体何が必要なのでしょう?そのヒント...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、...
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
これはChad Cryderさんが、幼い頃に祖母と過ごした時間を振り返った話。大好きな祖母特製の、大好きなドーナツ。その作り方を教わる中で、ほかにも大切な...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
心の中に、いつも残っている言葉がある。「世界は一冊の本だ。世界を旅しない人は、ほんの1ページしか読んでないのと同じである」。ーー哲学者、アウグスティヌス私...
人生で襲いかかるさまざまな災難も、できるだけ、しなやかにかわしたいもの。今回「Elite Daily」で見つけた記事の執筆者は、15歳にしてアメリカン・バ...
いつも側にいてくれる大切な存在、それが親友。移ろいやすい男女の関係とは違って、友情は時を経ても大きく変わることはありません。そんな親友の素晴らしさを「El...
「私は自分のことを完璧だなんて思ったことはありません。常に成長しています。そして、大切なことは何も人からだけではなく“愛犬”からだって学べるのです」-Wr...
「1日24時間では足りないと思う程に忙しいとき、マヨネーズの瓶と2杯のコーヒーを思い出して下さい哲学の授業の前に、教授は大きな空のマヨネーズ瓶を持って学生...