学校ではゼッタイに教えてくれない・・・人生を生きる上で大切な「9つのコト」

学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。

だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても学べない事が存在する。教科書には載っていないモノゴトの本質に触れる機会がたくさんあるはずだ。海外メディアで話題になった、学校では教えてくれない「9つのこと」を紹介しよう。

01.
社会には
コントロールできないことが山程

1c47d211238ba5fdbc2da8b7f62595c75cf16f21

全てが想い通りになる人間が存在しないどころか、この世にはコントロールできないことなんて腐る程ある。教授に言われた通りに勉強すれば合格できることなんで、実社会では稀。

でも全てを想い通りにする必要なんてあるのだろうか?想い通りにならないからこそ”感動”するのが人生なんだ。感動のない人生なんて退屈だ。

02.
気持ち次第で
世界は変わる

物事には必ず複数の顔がある。それは見る方向、光の当たる角度で全く違う表情を持つ。何かに行き詰まったら、思い切って真逆を向いてみることだって必要だ。新しい世界を創るのではなく、新しい表情を見つけ出すのだ。

03.
幸せは常に流れていく。
しがみつくべきじゃない

E8c6a12ae54220af866c7c3642c22db75cbb4f6c

水は流れることでその鮮度を保つ。ずっとその場にいることは大切なことではない。全ての物事は動かなくなった瞬間からホコリをかぶっていく。人生をよく観察し、流れてきた幸せを掴み、去っていく幸せを追わずに、新しい幸せを見つけよう。

04.
キャリアは
決められたものではない

「キャリア」という言葉は、学生のときは漠然としすぎていて掴みづらいもの。あなたが身を持って時間をかけて築いてきたもの、それこそがキャリアの定義だからだ。

ただひとつだけ知っておいて欲しいのは、キャリアというのはまったくあなたの「オリジナル」なものであること。どんなキャリアを築いてもいいのだ。学校を卒業して、就職して、会社勤めをして・・・という選択肢だけが、キャリアではない。

あなたが思い描いて行動に移したすべてが、足跡として「あなたのキャリア」になっていく。そこには複数の肩書があってもいい。自由に、伸びやかにやればいい。

05.
自分の体調管理は、
プロ意識の第一歩

B3183522635a7c80eb2c2e967accd39f03426fbd

あなたが社会生活のあらゆるフィールドで活動できるのは、自分の身体が健康だからだ。社会は常に忙しいものだ。だからこそ日々、自分をいたわってあげる時間を設けよう。

メンテナンスは基本の食事、運動、睡眠のサイクルを整えること。そして無理をしすぎないこと。病気やけがをしたときに初めて、自分の身体が大事であることに気づくだろう。

06.
「お金」についての
基本的な知識

毎月の給料から天引きされている様々な税金や社会保険とは一体何なのか? 預金はどのように管理・運用していくべきなのか。社会に出てみると多くの人が「お金のことがよく分からない」と語る。これは自分で学ばないといけないところでもあり、会社の先輩にも聞いてみるといい。

07.
多くの人は失敗する
失敗の仕方を学ぼう

9c13de7fd6d6cbebc873149f6dba77d627cad7cd

学校という場所は、「成功」に最も重きを置く。勉強はもちろん、スポーツでも課外活動でも、そこでは「上手くできた」人が最も立派だとされる。

だが人生は違う。どんなに優れた能力を持つ人間でも必ず失敗する。それも、何度も、ときには致命的に。だから大切なのは、そこからどうやって立ち上がり、学び、人生という長い弧を描くのに生かしていくかなのだ。優雅に失敗する術を学ぼう。

失敗をとがめる人は多いかもしれない。しかし失敗は、必要不可欠なものだ。失敗しない人というのは、何も挑戦していない証拠だ。大切なのは、失敗を活かすことだ。目的に対してとった行動がどれだけずれていたのか、何が原因なのか、分析して、微調整を繰り返すことで的の中心に近づけていく。

08.
良きパートナーを
見つける術

恋愛をすること」と「その相手と共に生きていくこと」は、まったく異なる次元に属する事柄である。これは学生時代には、ほとんど分からないことだ。

とても簡単にまとめてしまえば、恋愛は「快」をベースにしているのに対し、生活は「不快」をベースにしている。そこでは相手を理解しようと努めること、そして例え理解が叶わなくとも思いやりと寛容を示すことが最も重要となってくる。

09.
人生には
明確なゴールがない

F35dc8bb8ea5dcc2a05cf1f36d275b61d4b02d75

学校と人生の最大の違いって、もしかしたら「ゴールの有無」なのかもしれない。学校には、学期があり、年度があり、卒業という究極のゴールがある。そして学校とは、そのゴールのために、全力を尽くす場所だ。

でも人生は違う。そこにはたしかに「節目」はある。仕事、結婚、キャリア、出産、子どもの成長などの節目を迎えながら、あなたは少しずつ年老いていく。そして最後には、みんな必ず死んでしまう。

「死がゴール」なんて青臭いセリフを吐いてられるほど人生を生きるのは容易いものではない。できることは、日々を精一杯生きていくことだけ。これだけは、やってみないとどうしても分からない。

Reference:Medium
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
走ることは、もっともシンプルな運動のひとつ。どんな場面にも必要とされる根源的なもので、スポーツでもあり、目標にたどり着くための手段や、考え方でもあります。...
マイクロソフト社の共同創業者で会長のビル・ゲイツが高校生に語ったと言われているスピーチ。彼は、私たちが学校では学べない「人生で大切な11のルール」を教えて...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
私はずっと「生きにくさ」を感じて生きてきた。自分は努力が足りないから、生きにくさを感じるのだろうか?そうではない。『私の体を鞭打つ言葉』は、私が哲学書から...
いつも側にいてくれる大切な存在、それが親友。移ろいやすい男女の関係とは違って、友情は時を経ても大きく変わることはありません。そんな親友の素晴らしさを「El...
これはChad Cryderさんが、幼い頃に祖母と過ごした時間を振り返った話。大好きな祖母特製の、大好きなドーナツ。その作り方を教わる中で、ほかにも大切な...
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
ホワチャー!と聞けば思い出す。華麗なヌンチャクさばきをマネしたことがある人も多いかもしれない。俳優であり、武道家であり、脚本家でもあったブルース・リー。生...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
心の中に、いつも残っている言葉がある。「世界は一冊の本だ。世界を旅しない人は、ほんの1ページしか読んでないのと同じである」。ーー哲学者、アウグスティヌス私...
何かに流されながら、なんとなく生きていませんか? 面倒だから今この流れに乗ってしまおう…なんて考えていると、表面上は取り繕えていても、後でつらい思いをする...
人生で襲いかかるさまざまな災難も、できるだけ、しなやかにかわしたいもの。今回「Elite Daily」で見つけた記事の執筆者は、15歳にしてアメリカン・バ...
「私は自分のことを完璧だなんて思ったことはありません。常に成長しています。そして、大切なことは何も人からだけではなく“愛犬”からだって学べるのです」-Wr...
私にとって人生は、常に目隠しをしたまま一本道を歩いているようなもの。先が見えないから楽しいこともあるんだけど、そうじゃない部分もたくさんある。だからこそ、...
「Thought Catalog」のライターBianca Sparacino氏が書いた、あなたは知らないうちに人生をムダにしているという記事が公開され、大...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
いつも新しい視点に気づかせてくれる偉人達の金言。今だに古びませんよね。「I Heart Intelligence」は、その中から特にハッとするような言葉を...
結婚カウンセラーのSheryl Paul氏は、多くの人が結婚に対して幻想を抱いているといいます。ここではそんなPaul氏が「mindbodygreen」で...