「生きにくい」と感じたときに、思い出したい5つのコト

私はずっと「生きにくさ」を感じて生きてきた。自分は努力が足りないから、生きにくさを感じるのだろうか?そうではない。『私の体を鞭打つ言葉』は、私が哲学書から得た考え方のヒントを綴った本。ここから、「生きにくい」人が自分の力で生きていくためのスキルを抜粋して紹介していこう。

01.
「未来の選択肢は自分次第」
自分の可能性を信じきる

私がまわりと同じように普通に振る舞えなかった理由は、私の努力が足りなかったからなのか?それは違う。何の努力もなしに自然体でまわりに馴染める人間なんてごまんといる。ただ、自分に合わない世界であり、自分が生きていくべきフィールドではなかっただけだろう。

私はまわりに合わせることに諦めを覚えると同時に、途方もない勘違いを自分に対して持つことにした。自分が社会不適合者なんかではなくて、本当は優れた感性を持つ人間だったとしたら?そう考えると胸の奥が熱く脈打った。

まだ、自分らしく生きていてもいいのだ。何をやっても無駄だという諦めと絶望に覆われた世界を離れ、自分の未来は限りない可能性を秘めているのだと、私はただ盲信することにした。自分の個性を大事にして生きていくことに決めたのだ。

02.
団体行動が苦手だから…
きっぱり「協調性」を捨てる

人間に六角形のバロメーターがあったとしたならば、私のバロメーターは鋭角な三角で、「できる/できない」が非常にはっきりと分かれていると思っていた。みんなが当たり前にできることが自分はまったくできなかったので、できることを究めないと人として平均値の低い人間になってしまう、という恐怖感に苛まれていたのだと思う。自分一人で生きていくぶんには、そうやって長所だけを磨いて生きていけばいいのかもしれない。

しかし、「協調性が第一」という集団においては、もはや個人の長所は「長所」ではなく、「逸脱した余計な部分」と認識されてしまう。団体行動が苦手な者にとっては、自分自身の欠陥が浮き彫りとなり、ただひたすらに「孤独」を感じる切ない環境でしかないのだ。

自分が持っている独特の価値観が強ければ強いほど、協調性を保とうとすることは「自分の本質の半分以上を放棄する」行為となる。私は自分のかけがえのない個性を責め、「自分の個性を大切にすること」を疎かにし、見失っていたのである。

03.
読書で「現実逃避」した後は
それをアクションに起こす

ドイツの哲学者アルトゥル・ショーペンハウアーは、「読書は言ってみれば自分の頭ではなく、他人の頭で考えることである」と唱えている。読書というものは、自身が思索し経験したことではなく、他人の思索や経験から生まれた情報を、自分の頭に垂れ流す行為という解釈。つまり、読書はかっこうの「現実逃避」の手段でもあるのだ。

私はそれまで哲学書を読んだり、「尾崎 豊」を聴いたりして、自分だけの殻にこもった世界に意識を飛ばし、現実逃避を繰り返していた。しかし、現実逃避はなんの意味も持たない。私は自分の足で立ち、生きていかなければいけないのだ。私が哲学書を読み、その教えによっていくら知識を蓄えても、行動に移さなければ何の出口も見つけられないのだ。

04.
苦悩や失敗から逃げ出さない
それらを背負って、一歩前へ

人は誰しも、自分が味わっている苦しみに対して、代償となる幸せが得られるはずだと思い込みがちである。奴隷が一生懸命頑張っているから、天国では幸せになれるはず、と何の保証もない「死後の世界」に絶対的な望みを託すという、ニーチェの“奴隷根性”に近い発想。
しかし、むしろ生きていく上で「不条理な苦痛」は誰にでも起こり得るものであり、自身でどう立ち向かっていくかが、人生において重要な命題となるのだ。「代償」も「見返り」も存在しない「苦痛」に、我々はどう立ち向かって生きていけばよいのか。その解消法はひとつしかない。苦悩を糧として、自分の未来を育てていくことである。

今の自分を見直し、新たな目標を見つけ、立て直していく。人生とは軌道修正の連続。「何が起こるか」が問題なのではなく、「何かが起こった上で、自分がどう生きるか」が人生の命題なのだ。

05.
「いまここにいる自分」にしか
できないことを大切にする

こちらもドイツの哲学者マルティン・ハイデッガーは、「自分の人生は死をもって終わりを迎える儚きもの」だと捉えた上で、人生の意味を考えろ、と私たちに諭している。
人間は生まれた瞬間から絶え間なく死に向かっており、しかも、いつ死期が訪れるかわからない状態で過ごしている。ハイデッガーは人生において、どのような苦悩や苦痛が起ころうとも、それらを未来につなげていけるだけの力、つまり偶然を「必然」へと変えていく力を持って生き抜く大切さを諭しているのではないだろうか。

私は、もともと何も持っていなかった。そんな私が社会に出て、さまざまなものに「生きにくさ」を感じたのは、喜びの意味が周囲と少しずれていただけなのだ。さまざまな経験は人生の意味を教えてくれる。あらゆる苦悩は喜びの種を蒔いてくれる。生きにくいと感じることもある人生で、自分らしく生き抜き、幸せを味わうことができるのは、たったひとり。「いまここにいる自分」にしかできないことなのだ。
自分が自分として自分らしく生きていくことに、誇りと感激を。

私の体を鞭打つ言葉
コンテンツ提供元:サンマーク出版

原田まりる/Mariru Harada

哲学ナビゲーター・コラムニスト。1985年生まれ。大学在学中より芸能活動を行い、レースクイーン・オブ・ザ・イヤー2005グランプリを受賞する。現在、高校時代より学んでいた「哲学」の教えを実生活に生かす「原田まりるの哲学カフェ」を主催。

ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
なんだかわからないけどモヤモヤして、窮屈に感じてしまい、自分のやりたいことがわからなくなってしまう。「私の人生ってこれでいいのかな?」と不安になってしまう...
ここで紹介するのは「Expanded Consciousness」に掲載された、記事。タイトルの通り、ちょっと落ち込んでいる…という人に読んでもらいたい記...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
女性ライターのDana Michは、米ヴァージニア州で夫と愛犬と共に暮らしている。そんなDanaは、9ヶ月前に父親を亡くした。ここで紹介するのは「Wash...
数年前に世界的ヒットとなったダニエル・パウダーの『Bad Day』。落ち込んだ人に向けて「頑張る必要なんてないよ」というメッセージに癒された人も多いのでは...
何かに流されながら、なんとなく生きていませんか? 面倒だから今この流れに乗ってしまおう…なんて考えていると、表面上は取り繕えていても、後でつらい思いをする...
世の中には「話しやすい人」と「話しにくい人」がいますよね。話しやすい人と会話していれば、自然と盛り上り、また会って話したくなるもの。話しにくい人は会話がな...
自分を信じて何事にも立ち向かう。そんな前向きな姿勢でいると、人生はみるみる昇り調子になっていくでしょう。しかし、その過程でつらく過酷なできごとを経験するこ...
走ることは、もっともシンプルな運動のひとつ。どんな場面にも必要とされる根源的なもので、スポーツでもあり、目標にたどり着くための手段や、考え方でもあります。...
何か大きな失敗をしてしまったとき、目の前が真っ暗になり、夢が粉々に砕け散ってしまったように思うかもしれません。自信を失い、自分はもう何もできない、と。そん...
「Thought Catalog」のライターBianca Sparacino氏が書いた、あなたは知らないうちに人生をムダにしているという記事が公開され、大...
人生を成功させる秘訣、そのひとつ「失敗を乗り越え成長する」こと。成功へと導くためならば、経験しておいた方がいい失敗があります。それがこの6つ。やっぱり、失...
自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、ど...
自己啓発でよく言われる「若い頃は、たくさん失敗しよう」というフレーズ。だけど、具体的にどんな失敗が、どう将来に役立つのでしょうか?米メディア「Elite ...
「これだけ頑張っているのに、なぜ結果が出ないんだろう」「あの人の悩みはしっかり聞いたのに、なぜ私の話は聞いてくれないのだろう」自分が与えたものと同じくらい...
旅こそひとりの人間として成長するための良き師であり、インスピレーションの源だ。そして旅という最良のツールとリソースを、より多くの方々に活用してほしい。自著...
あなたの周りにいるエネルギーに満ち溢れた人。近くにいるだけで、なぜか自分もポジティブな気分になった記憶はありませんか?ここで紹介するのは「Elite Da...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...