人生の岐路で正しい選択をする「5つの秘訣」

ジョン・キム
作家
韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。最新刊は『ジョンとばななの幸せって何ですか』。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。元音楽プロデューサー四角大輔氏とのコラボサロン『Life is Art』主宰。「女性自身」に連載を持ちながら、女性のひとり起業を応援するV2F Academyを今年3月よりオープン予定。

人生の岐路では、正しい選択をしたいもの。しかし、「正解」は、選択した瞬間には存在しません。選択したものを、「正解」にしていくのが人生なのです。

誰にでも、ネガティブな感情が渦巻くことはあると思いますが、一番苦しいのは過去の選択を後悔するときでしょう。そうならないために、選択は美学をもってやるべきです。「いい選択」をするためのコツを、自著『真夜中の幸福論』より紹介します。

01.
自己責任で主体的に選択する

shutterstock_140221888_2

人生の選択に客観的な「正解」はありません。その後どんな状況になっても、「あのとき、家族の要望があったから」などと責任転嫁をすることなく、最終的に自分で判断したと自分の決断に責任を持って生き続ける限り、すべては正解です。

正解だと思われる道を選択するのではなく、自分がすべての責任を当事者であることを引き受けて選択しなければいけないのです。きちんと責任を引き受ける覚悟をもって選択すれば、事前の不安や事後の後悔というものは心の中で消えていきます。

02.
他人の目を気にせず
堂々と決断するべき

shutterstock_290828405_2

先日、「退職をしようと決意したが、退職は逃避ではないだろうかという疑いがある」という相談を受けました。話をよく聞くと、ぼくは逃避ではないと思いましたが、その方が逃避だと思うなら逃避かもしれません。その判断が正解かどうかを決めるのは、本人の捉え方だけなのです。

問題は、そこに「周りから見れば逃避なんだろうな」という意識が混じっていないか、ということです。周囲の評価を気にして、自分の判断や選択に対する自信がブレるなら、自分をまだ完全に信頼していない証拠です。意思決定をする場面においては、他人の考えなどは関係なく、あなた自身が指揮権、統括権を完全に持たなければなりません。

03.
成長の可能性も含めて
自分自身を信頼する

shutterstock_178057100_2

いい選択をするためには、自分を完全に信頼しなくてはなりません。そのために、あなたがあなた自身のいちばん強烈なファン、「自分ファンクラブ第1号」になるのです。第2号はいなくてもいい。でも、まだ実績もないのに、どうやって「自分ファン第1号」になったらいいのかと思うかもしれません。

実績がまだないときには、「成長の可能性」に対して信頼するのです。最初は信頼の根拠の10割が「成長の可能性」に対してで、「実績」は0かもしれません。しかし、やがて自分の挑戦するべきことを見つけ、ささやかながら自分の結果を出していけば、信頼の対象の何割かは「実績」になっていきます。「実績」の割合が「成長の可能性」を超えたとき、自然体のままでも自分を信頼できるようになっていきます。

04.
自分と向き合う時間を持つ

shutterstock_264713228_2

選択をするときに情報を調べることは多いと思います。しかし、どんな情報であっても自分のものにする能力、または自分にとって意味があると思える情報を自分で探す能力をもっていないと、情報の洪水の中で埋もれてしまいます。

情報を取り入れるリズムの速度を少し落として、大量の情報に接している間に、3秒でも5秒でもいいから、自分と向き合う「間」を入れてみてほしい。その「間」が「省察」の時間になります。情報に振り回されるのではなくて、自分の考えのもとに情報をコントロールすることが大切です。

05.
変えられないことを気にしない

shutterstock_212767309_2

私は学生から自分の選択が正しいかを聞かれたときに、それが就職の内定に関する選択で、時期的に変更がきかないなど、覆すことのできないものについては「それでよかったと思う」と答えることにしています。

なぜなら、可能性のないものに対して夢を見て、現状を否定し、モチベーションを下げるのは、一番やってはいけないことだと思うからです。

今起きていることのうち、変えられることに対しては最善を尽くす。それ以外は受け入れることです。自分にとっては、それがよかったんだと考えれば、未来は変わります。

選択の積み重ねによって、人生はつくられます。選択は幸せなことでもあるし、同時に苦しいことでもありますが、道を選んだ自分を肯定したうえで、その道を正しい方向へ導いていってください。

真夜中の幸福論
コンテンツ提供元:ジョン・キム

今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでも...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
人生は「選択」の連続。たった一つのチョイスが、大きな差となってあなたに返ってくることだってあるでしょう。ここで紹介する5つのコトは、「Expanded C...
20代。年齢的には大人だが、長い人生においては、まだスタート地点に立ったところに過ぎない。可能性のかたまりである20代の内から、小さくまとまっていてはいけ...
人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
決断力を鍛えるためには、日常の気の持ちようや心がけが大きく影響してきます。どのように考え行動するといいのか、具体的に5つの方法をご紹介しましょう。1.自分...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
「人生は、選択の連続である」とは、シェイクスピアの言葉。ときに人は間違った選択をして、後悔することもあります。でも年齢を重ね、半生を振り返ったときに後悔ば...
舞台の上で、美しく舞い踊るバレエダンサーたち。その美しさの裏には、並々ならぬ努力があることは、多くの人の知るところです。厳しい練習や競争、ケガの絶えない生...
選択肢の多い人生は、悩むことの多い人生であるとも言える。突き詰めるべきは本質のみ。自分がやるべきことは何なのか、そしてなぜそれをするべきなのか。本当にやる...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
ジョン・キム氏は作家だ。ただし、ただの物書きではない。自身の生き方に基づいた力強い言葉で、読む人を鼓舞する作家だ。輝かしいキャリアを振り返ることなく、自ら...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
ある分野の頂点にたどり着くことができた人間は一流、という言い方ができる。しかし、頂点に立ったときに、自分の中で次なる頂点をまた設定できる。それをずっと死ぬ...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
「Thought Catalog」のライターBianca Sparacino氏が書いた、あなたは知らないうちに人生をムダにしているという記事が公開され、大...