他人の人生をなぞらず、自分だけの人生を切り開くためにやるべき「10のこと」

人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。

本質とはいつもシンプルなもの。他人の人生をなぞるのではなく、自分だけの人生を切り開くために、やるべきことをやろう。

She orchestrates her mornings to the tune of coffee


01.
一番高い山ではなく、
自分の山を登ろう

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

人生で登る山は、高さで選ぶのではなく、その山の頂上から眺めたときの景色で選ぼう。

02.
足跡の多い道ではなく、
自分の道を歩こう

前例がないからやらないのではなく、前例がないからこそやる精神を持とう。前例があるならやらないくらいの自己への信頼があった方がよい。我々は前に生きた人の人生をなぞるために生まれてきたんじゃないのだ。

03.
群れから離れよう。
野良猫になろう

群れの中は楽だが、従属する人生に陥る。群れから離れることで、人間は自分の存在意義を考え、自立した自分を構築するようになり、独立した人生を送ることを可能にする。

04.
次の角まで全力で走ろう。
その先は考えなくてよい

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

20代の頃は、見えない先のことを怖れ過ぎて、身動きが取れないときがある。そういうときは、くよくよ悩むより、いま目の前に見える角まで、全力で走るだけに集中せよ。

05.
愚かな一貫性より、
賢明な柔軟性を持とう

間違っていることに気づいているのに続けるのは、愚かさ以外なにものでもない。自分のメンツよりも自分の成長を大事にするなら、格好悪くても軌道修正する勇気を持つことだ。

06.
一人旅をせよ

旅は自分との対話の時間。旅は自己省察の時間。自分の中にある大切なものに気づくために我々は遠く旅に出るのだ。

07.
周りに耳を傾けるが、
最終的には、自分で決めよう

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

決断に直面したとき、心は揺れ動く。誰かに決断を委ねたくなるものだ。しかし、人生の決断は自分でしなければならない。それはその決断がもたらす全責任を自分で負うということである。

08.
長期計画は不要。
今日一日のことだけを考えよう

若いときは、どうしても長期の計画を立てたくなる。目の前の不安が解消される気分になるからだ。しかし、逃げてはならない。重要なのは、昨日でも明日でもなく、今日だけ。昨日も明日も必ず今日を通るのだ。

09.
ダラダラするときも
決意してダラダラせよ

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

なんとなく過ごさない。常に集中する必要はない。常に一生懸命である必要はない。しかし、時間の使い方においては、必ず自分の意思を介在させることだ。時間は命の欠片である。

10.
お金は目に
見えないものに使おう

お金は自分の経験に使うこと。人生の思い出を作るところに使うこと。大切なものはいつだって目には見えないものだから。大事なのは、機械的な記録ではなく、心に刻む記憶なのである。

多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでも...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
選択肢の多い人生は、悩むことの多い人生であるとも言える。突き詰めるべきは本質のみ。自分がやるべきことは何なのか、そしてなぜそれをするべきなのか。本当にやる...
超情報化社会。現代は要らないもので溢れている。 自分を守り抜き、いまを自由に生きるためには、不要なものを見定め、捨てる勇気が必要だ。ここでは、その真理を知...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
20代。年齢的には大人だが、長い人生においては、まだスタート地点に立ったところに過ぎない。可能性のかたまりである20代の内から、小さくまとまっていてはいけ...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
経験不足や自信のなさなど、悩みがあると、自分のやりたいことが分らなくなる。そんな経験ありませんか?ここでは、そんなときに試しておきたい"やりたいことを見つ...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
常に前向きで人生のすべてが上手くいっているように見える。そんな人、あなたの周りにも一人はいますよね。この記事によると、どうやら彼らが輝いている背景には、豊...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...