他者に依存しないで生きる、あなたへ「5つのメッセージ」

ジョン・キム

作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェ、ウィーンに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。『社会人版キムゼミ』を主宰しながら、元音楽プロデューサー四角大輔氏と今年3月に開設したオンラインサロン『Life is Art』が人気を呼んでいる: life-is-art.jp/

人生のある瞬間に、私は重大なことに気がついた。自分を信じる力を最も阻害するのは、実は他者の目だ、ということに。自分の未熟さを認めることは大切だが、本来はその未熟さに向き合わなければならないはずが、気がつけば他者の目と向き合っている自分に気がつくことになるのだ。

必死に自分の未熟さと向き合おうとするあなたに、私はこんなメッセージを伝えたい。

01.
評価を他人に委ねない

そもそも他者の評価はそれほど優れたものだろうか。バッハやゴッホなど優れた芸術家たちは、生きている間にはほとんど評価されなかった。他者の評価はその程度のものでしかないのだ。

他者の評価を意識するようになると、他者から評価されるための言動をするようになっていく。それは、自分らしい人生を送りたいと考え、成長しようとしている自分には、実はネガティブなものとなる。評価は自分でこそ、すべきなのだ。

02.
事前許可なしで、
動ける人間であれ

自分が責任を負える、あるいは本当に信じていること、正しいと思うことについては、できるだけ事前許可を得ずに行動してみることを私は勧めたい。それがマニュアルに反するものであったとしても、である。

なぜなら、自分で実践してみようという意識を持った人間こそが、自ら問題を発見し、設定でき、問題を解決できるからだ。言葉を換えれば、クリエイティブな人材である。創造的な人間は、果たして事前許可を好むだろうか。

03.
沈黙を恐れてはいけない

若い人は、どうやら沈黙が大いなる不安なようである。だから、ひとまずしゃべり出してしまう。結論が決まっていないのに、言葉だけが走り出すと話はどんどん脱線していく。話してしまったことを正当化するために、別の関係のない話までしなければならないような悪循環に陥る。

こんなことにならないためにも、話したいことがはっきりしていないときには、人間は沈黙すべきである。話したい内容がないときは、話し始めてはいけない。こうしたコミュニケーションを繰り返していると、残念ながら相手からの信頼を失ってしまう。

04.
群れから離れる

大学時代の友人、会社の同期・同僚…“群れ”の中にいると居心地がよくなっていく。しかし、群れの中にいればいるほど、自分の内面は弱くなっていく。自立心は削がれ、妥協の気持ちが大きくなり、甘えるようになる。自分がどんどん失われていく。

居心地のいい群れの中を自覚したなら、そこから距離を置く意識を持つことだ。あえて孤独になり、一人ぼっちになることである。そうすることによって、このままでは大変なことになるという危機感や緊張感が生まれてくるのだ。

05.
誰も登ったことのない、
自分だけの山を登る

社会に出たら、人生における山をいかにうまく自分で見つけられるか、というところから勝負は始まると私は考えている。みんなと同じ高い山を登ることには、創造性が求められる今の時代、もはや大した意味はない。なぜならそれは、所詮すでにある山だからだ。むしろ誰も登ったことのない山を見つけ、登ることこそが今は求められているし、挑戦しがいのある山なのだ。

媚びない人生

コンテンツ提供元:ジョン・キム

多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでも...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
20代。年齢的には大人だが、長い人生においては、まだスタート地点に立ったところに過ぎない。可能性のかたまりである20代の内から、小さくまとまっていてはいけ...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
超情報化社会。現代は要らないもので溢れている。 自分を守り抜き、いまを自由に生きるためには、不要なものを見定め、捨てる勇気が必要だ。ここでは、その真理を知...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
人生の価値は、自分が自分をどれほど信じたかで決まる。絶対不可侵領域としての自己を確立し、どんな状況でもそれを貫くこと。そんな「自然体になれる強さ」を持つこ...
ある分野の頂点にたどり着くことができた人間は一流、という言い方ができる。しかし、頂点に立ったときに、自分の中で次なる頂点をまた設定できる。それをずっと死ぬ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
対人関係において持つべきなのは、与えることに徹する意識。そんな意識を持って接することができれば、相手からの自分に対する認識は変わっていく。01.自分自身が...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...
ジョン・キム氏は作家だ。ただし、ただの物書きではない。自身の生き方に基づいた力強い言葉で、読む人を鼓舞する作家だ。輝かしいキャリアを振り返ることなく、自ら...
いつも新しい視点に気づかせてくれる偉人達の金言。今だに古びませんよね。「I Heart Intelligence」は、その中から特にハッとするような言葉を...