他人に流されて生きている、アナタが忘れがちな「10の法則」

人生の価値は、自分が自分をどれほど信じたかで決まる。絶対不可侵領域としての自己を確立し、どんな状況でもそれを貫くこと。そんな「自然体になれる強さ」を持つことが、人間を独立した存在に導くのだ。

ただし、「強さ」を身につけるためには、知っておくべきことがある。それは世界を征服するよりも、自分を征服するほうが、はるかに難しい、ということだ。

01.
感情、思考、言葉、行動
4つをコントロールする

shutterstock_204816616

合理的に動いているつもりでも、実はきまぐれな存在だったりするのが自分自身だ。他者や社会を、まっすぐに、正しく見つめるためには、内面をコントロールできなければならない。とりわけ難しいのは「感情」。これがコントロールできたなら、人生は大きく変わっていく。

02.
自分と向き合い、
可能性を取り戻す

本来の自分とは、まだ社会性を持っていない幼児の自分のことだ。人は生きていく中で、周りに評価されたり形容されたりしていく内に、社会的に生きていきやすい自分を作り上げていく。途方もなく大きな可能性があった本来の自分を取り戻すため、自分と向き合う意識が大切なのだ。

03.
自己矛盾を認めよう

295991255

自然体でいるためには、内面的な強さがなければいけない。そのためには、感情、思考、言葉、行動の4つの力以外に、身につけていくための忍耐力が必要だ。自分にこの力がない内は、自然体とは違う反応をしてしまう。それを一致させるためには、まず「一致していない事実」を認識しなければならない。

04.
結果よりもプロセスに
価値を見いだす

lifestyle

実のところ、生きていく上での最大の喜びは、自分自身の成長実感に他ならない。これは、成功とかお金持ちになるだとか、そういう次元を超えたものだ。自分が未熟であることを理解し、成熟に向かうことを実感できたとき、人は喜びを感じる。幸せの絶対的な基準は自分自身で確立させるのだ。

05.
「不満は成長の糧となる」
その意識を持つ

不満を言ったところで何かの解決になるわけではない。もし不満を抱いたのなら、成長の糧にしてしまえばいい。たとえ不満が自分の外にあったとしても、原因を自分の中に見つけてみるのだ。起きたことをどう解釈するかは自分次第。内面の成長につなげることができれば、それは単なる不満ではなくなる。

06.
自分を過小評価せず、
根拠のない自信を!

pure

今の自分だけを見て、自分の可能性を測ってはいけない。強がりは、成長したいという気持ちの裏返しでもある。努力はしているけれど、すぐには結果を出せない若い間は、背伸びをし、強がっていい。根拠のない自信でもいいから、自分はできるんだ、と信じるのだ。

07.
あらゆる経験から学ぶ、
貪欲に学ぶ

あらゆる場面、あらゆる物事、あらゆる人との出会いを、学びにしようという意識が強い若者は、目の輝きがまったく違う。人生における自分を成長させるための学びの機会は、世の中に本当にたくさんある。大人たちが応援したくなるのは、学びに対して貪欲な若者なのだ。

08.
不条理を前に
不感症にならない

社会に出れば、理不尽や不条理だと思うことにたくさん遭遇することになる。しかし、単に冷めた目で見るだけでは何も解決しない。相手の立場に立って考えてみれば、ほとんどの場合、相手にとっては合理的な判断だったことに気づける。そうすれば、後は接点を見つけていくだけだ。

09.
強くあれば
あらゆる権威は怖くない

lifestyle

社会に出れば権威にぶつかることになるが、ここで重要なのは媚びないという意識である。権威を振り回す人間は、自分の権威の脆さを誰よりも熟知している。そういう人間に立ち向かうには、強さを持つこと以外に道はない。最も、本当に権威がある人は、権威を振りかざさないものだ。

10.
もう従順な羊たちは
幸せになれない

大多数が従順な羊となり、組織は成長し、国家が繁栄した時代は確かにあった。しかし今はもう、従順な羊たちが幸せになれる時代ではない。飼われていても魂までは売らない、野良猫の意識が必要だ。出て行くかどうかは別にして、いつでも組織を出て行ける力を持つことが大切なのだ。

媚びない人生
コンテンツ提供元:ジョン・キム

優柔不断、断るのがヘタで、何かと損をすることが多いと感じる人たちに向けた記事を「I Heart Intelligence」からご紹介。他人の意見に流されて...
川の印象が、起きたらなぜか鮮明に残っている。夢の中に出てくる川は、人生や運命を暗示します。川べりや川面の状態、登場人物などによって、あなたへのメッセージは...
自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、ど...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
もう今日で、女子卒業!女の子から見ても男の子からみても、「カッコいい」って感じる大人の女性がいる。自分の大切な想いや考えにまっすぐで、譲れないもの守るべき...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
夢の中の自分が泣いていた…。何か不幸の予感のように思えますよね。ところが、実際はその逆でなく夢は「吉夢」、つまり幸運の予兆。夢の中の涙の意味を解明していき...
「引き寄せの法則」という言葉を知っていますか?簡単に言うと、自分が実現したいことを強く信じることで、それを引き寄せること。幸せだと思っている人は幸せを呼び...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、ど...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
日本中のなまけものさんへ。始められない、続けられない、だらだらしてしまう。世間ではネガティブなイメージがある「なまけもの」。でも、なまけものだって成功でき...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
欝、摂食障がい、共依存などを自力で克服したNathalie Chantal de Ahna氏。その経験から、幸せを引き寄せる方法を5つにまとめて「mind...
現役大学生のJonas Lui氏が「mindbodygreen」に投稿したデビュー作となるこの記事。彼は自身の分析結果として、幸せを手にする人とそうでない...
心が満たされない…とお悩みのアナタ。頑張り過ぎたり、自分に厳しくする必要はありません。ちょっと視点を変えてみるだけで、幸せは増えていくのです。自著『幸せな...
人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...