SNSがもたらした人気コンテストの時代。「いいね!」の数に騙されないで・・・

「ソーシャルメディアでは見た目がすべて」という興味深い記事が「Elite Daily」で話題になっています。これは、ロンドンのウエストミンスター大学で放送ジャーナリズムを学ぶMiranda Athanasiou氏によって書かれたもの。

簡単にいうと、多くの人は目の前で起きていることを楽しむより、楽しんでいる様を「見せつける」ことに夢中だということ。彼女の意見は、日本の私たちにも当てはまりますよね。

shutterstock_227421814_R

ソーシャルメディアでは「見た目」がすべて。完璧に着飾った夜のお出かけの写真が、実際にその夜起こったことよりも大切だったりする。もし、周りの女の子がドレスを買ったら、それはパーティー用というよりFacebook用に買ったもの。

shutterstock_89269486_R

InstagramやSnapchatに写真をアップするのは、もはや常識。もしオモシロイことをしても、「いいね!」がもらえなければ、それは起こらなかった出来事に等しい。

それは、バーで半数以上の人がスマホを見ているのを見てもわかるはず。自撮りをしていない人は、Tinder上で知らない人とやり取り中。周りにいる人には顔をしかめて、ちょっとお喋りしてみようなんて考えない。

完璧じゃない写真をアップするなんて、想像もできない。ベストな照明とこだわりのアングル、さらにもっともシチュエーションに合ったフィルター…それらは、撮影時に欠かせない。

shutterstock_182090147_R

男性にとって重要なのは、女の子とデートをしたという写真。その女の子が本当はどんな子かなんてどうでもよかったりする。

別に女の子に対する基準が低いわけじゃない。ただ、画面から離れると完璧なんてつまらないということ。欠点があることが、実際に私たちを人間らしくさせているから。

shutterstock_192633656_R

もし誰かが花をプレゼントしてくれたら、あなたはその写真を撮ってもちろんアップするはず。でも、それを皆に知ってもらうだけで、あなたは幸せを感じるの?

独身の人は「リア充投稿」にご立腹。自分にパートナーがいない現実を突きつけるだけだから。

とにかく、無限に続く恋人との写真を見ていると、人は最高の瞬間の写真だけを公開して、都合のよくないものは手元に保管しているということを忘れがち。

でも、あなたは誰かの完璧な写真を見るたびに、その写真をアップした人の人生には及ばないと思ってしまう。

shutterstock_227868007_R

論理は置いておくとして、恋愛の成功の基準は、まるで「恋人との写真を何枚公開するか」で決まっているかのよう。まったく写真を公開しない人は、みじめで、満足のいかない人生を送っていると思われてしまう。

問題はデートだけじゃない。友達と会う約束をするとき、それが「友達に会いたいから」なのか、「楽しんでいるということを証明する素材が欲しいから」なのか分からなくなる。

shutterstock_192633083_R

この「自慢の文化」は、自分の人生にナレーションをつけさせすぎ。それを謳歌することを忘れさせてしまうこともある。

人生は今や「どれだけ自分が人気があるか」を競うコンテスト。その人気は友達の数ではなく、Twitterのアカウントにフォロワーが何人いるかで決まる。Instagramに写真をアップしても、「いいね!」が少なければ、次の日にはその写真はもうない。自分がどれだけ好かれているかを示すのは、それだけだと思っているから。

shutterstock_85860967_R

どうかソーシャルメディアに騙されないで。Instagramの写真に「いいね!」が全然つかなくても、友達がたくさんいる人はいる。何百という「いいね!」をもらっていても、ものすごく孤独な人もいる。

自分たちの写真やどれだけ愛し合っているかの宣言はめったに公開しない。でも、デートの度にTwitterを更新するようなカップルよりも幸せなカップルはたくさんいるもの。

家を買うための頭金が準備できそうなことを、まったく自慢しない人もいる。一方、毎週末にVIP待遇を受けている写真を公開していても、自分名義のものを何一つ持っていない人もいるの。

オンライン上で見ることすべてを信じないで。それは、ただの「見た目」にすぎないから。

Licensed material used with permission by Elite Daily

「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
「友だち」は何人いますか? twitterのフォロワーや、Facebookの友だちリストではなく、本当の意味での「友だち」のことです。ある研究では、あなた...
大切な人、仲間、家族に日本語だと言いづらかったり、ちょっぴり恥ずかしいことも、ハワイ語なら気軽に伝えることができます。ここで紹介するのは、基本フレーズ7つ...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
「Thought Catalog」に掲載されたライターのEmily Church氏の記事を紹介しましょう。彼女は、スマホの電話帳に載っている友だちの数は幸...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
友だちの数は、多ければいいということでもなさそうだ。Quartzの記事によれば、人生の幸せと関係するのは15人の本当に仲がいい友だちだけだとか。Faceb...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
幸福の形は、人によって異なります。幸福かどうかは人それぞれの心の問題にすぎません。つまり、捉え方次第であらゆる感情を幸福に結びつけられるのです。商社、市役...
テロの情報を様々なメディアが伝えるなか、 SNSでは事件のことを知った世界中のユーザーから祈りのメッセージが送られています。なかにはハッシュタグ「#Pra...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...
米・パデュー大学が発表している2つの研究を「I Heart Intelligence」が紹介しています。カップルの関係がうまくいかない理由ってなんだろう?...
イライラ、クヨクヨ、ムシャクシャ、メソメソーー。このような感情によって、日々、自分が乱されていると感じる人はとても多いと思います。けれど、これは非常に大き...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...