SNSの「いいね!」には、本当の満足感がない理由

ひとり旅に出た時ほど、近況をシェアできるSNSを心強く感じたことはありません。いつでも誰かと繋がれるツールは、知らない世界へ踏み出そうとする背中を、やさしく押してくれる存在。

けれど、“心の拠りどころ”となりすぎてしまっているのは私だけではないようで。驚いたのが、最近公表された内閣府の調査結果。15歳から29歳までの男女6,000人のうち、60%以上が、「インターネット空間が自分の居場所」と答えたそうです。

<自分の部屋・家庭・学校・職場・地域・インターネット>と、数ある選択肢のなかでも、学校・職場・地域を上回る結果になっていたから。

青少年を対象に、「インターネットを利用して何をしているのか」を調査した別の報告でも、利用時間のほとんどをSNSに費やしている事実も明らかに。

心に闇をつくる
「SNS」の世界

F3c20d43438156115d9855d1898b0401fff9eedc

SNSを利用することが良いことばかりではなく、悪影響も及ぼすということはもう周知のこと。不安や鬱、孤独感、いじめを煽る要因にもなることも少なくありません。

BBC NEWS』ではこんな記事も。

約1,500人を対象に、人気の高い5つのSNS<YouTube・Instagram・Snapchat・Facebook・Twiter>のうち、より精神的に悪影響が大きいものを調べてみると、Instagramが最も悪い影響を与えることが分かったという。

インスタの次にマイナス要因が高かったのはSnapchatで、YouTubeは不眠の原因にはなり得るけれど、自己表現やコミュニティーづくりの面でポジティブな影響の方が高かったとか。

どうしてこの2つのSNSは、マイナス面が大きいとされたのか?という問いに対して、調査を行った「RSPH」の最高責任者は、「どちらのSNSも画像重視で、それが若い人の劣等感や不安感を高めている可能性がある」、とコメント。

言われてみれば、画像がメインになると、良し悪しの判断が一目でわかるため<いいね!>のボタンを押すかどうかの判断は一瞬。どれだけ評価されたかの個人差が、他のSNSよりも顕著なのが理由かもしれません。

何度でも伝え続ける
「そこに幸せはないのだ」と。

SNSがあったからこそ夢が広がり、自信を得て人生を変えられたというストーリーだって、この世界にはゴマンとあります。

大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。何年も前から『TEDx』などの大きな舞台で、「間違った場所で幸せを見出そうとしてはいけない」と警鐘を鳴らし続けている、スタンフォード大学のJames Doty教授のメッセージを最後に紹介します。

15990e954b73301f1ec5d23bd82b87e87dfbcd35

より給料の高い職業、より立派な家やテレビ、最新のiPhoneシリーズ、SNS。そういった「モノ」が、幸福を生み出すことはありません。人より見栄えがいいものや、評価されるために命を費やしてはいけない。

幸福を生み出してくれるのは、“自分の内側の声”をもっと聞いて、向かい合って生きる時なのですから。

Licensed material used with permission by James R. Doty, M.D.
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気にな...
じゃがいもに無数の切れ目を入れてオーブンで焼く。たったこれだけの工程なのに、めちゃくちゃ美味しい!SNSで話題となるや、シンプルな調理法がウケて、じわじわ...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
「鬱病=黒い犬」心の病を患っている人の精神状態や葛藤を、犬になぞらえて表現した動画があります。たとえるならば、鬱病は「黒い犬に体を乗っ取られたようなもの」...
これまでメンタルヘルスの記事を書く度に、実は気になっていたことがある。啓発団体やキャンペーンなどが、「何かあればココへ」とサポート団体やコミュニティーに繋...
「ソーシャルメディアでは見た目がすべて」という興味深い記事が「Elite Daily」で話題になっています。これは、ロンドンのウエストミンスター大学で放送...
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...