自分に厳しい人にしかわからない「7つの悩み」

些細なミスやトラブルに、「そんなのつきもの」と納得して前に進める人と、いつまでも引きずってしまうタイプの人がいます。両者の違いは、自分に納得できるかどうか。
それが苦手と自覚しているライターSara Uzer氏は、“自分に厳しい”性格だと自己評価し、「同じタイプの人間ならきっと理解できる」と胸の内を記事にしています。

01.
「心配しないで」
他人の優しさが、
まやかしに聞こえてしまう

7-struggles2私のようなタイプの人間は、「心配しないで」という言葉を聞いても、ただ罪悪感が増していくだけ。そのセリフを聞くまでは抱いていなかった不安感が、突如として湧いてくるのです。ついつい、相手があなたの気分をよくさせるために、「優しい言葉でごまかしている」と考えてしまう。つまり、他人の気使いが逆にあなたを落胆させるのです。まるで自分の手で評判を下げてしまったように感じ、最悪な気分に陥るのです。

02.
本音で他人と向き合うのが怖い

7-struggles3いつも頑固な態度で人に接してしまい、なかなか自分の本当の感情を表に出せない?腹を割って他人と本音で接することに、あなたには恐怖を感じているからです。今まで一生懸命、自分を隠してきたすべての失敗を、さらけ出してしまうかもしれないから。プレッシャーや困難に直面している時でさえ、SOSが伝えられない。なぜなら、あなたは自分が何でも上手くできる人間だと、心のどこかで思われたいと感じているから。

03.
過去の失敗ばかり
ついつい頭に浮かんでくる

誰もが素晴らしい1日を過ごす権利がある。それなのに、過去の苦い体験が記憶の淵からはい上がってくるように、予期せず頭を支配することがありませんか?同じビルで働く男性とのデート中に、いらぬ一言を口にしてしまい、関係がそれっきりになってしまったこと。もしも、それがなかったら、現実は大きく違っていたかもしれない。一生独身?なんて余計な心配まで、ついついしてしまったり。

04.
他人からのガチ批評が
もっとも苦痛…

7-struggles

たとえば大事なプレゼンで、アイデアには賛同しつつも同時に欠点を指摘されたとします。これだけで、あなたは落ち込みモードに。さらに、その指摘が的を得ている場合、自分の欠点ばかりに目がいき、自己嫌悪に陥ります。それが、あなたにとって渾身のプレゼンかどうかに関わらず「もっと検討する余地があった」と、どんどん深みに嵌っていくことに。

05.
自分で問題を大きくしてしまう

7-struggles4

もしも、彼があなたを置いて男友たちと出かけたとします。これだけでも、どこかで自分に対して嫌気がさしてきたのではないか?なんて、悪い方にばかり捉えてしまう。たまには彼だって、あなたを抱きしめながらソファーでドラマを観るよりも、バーでスポーツ観戦したいのかもしれません。

06.
他人の説得を
素直に受け入れなれない

7-struggles8どれだけ他人が「大丈夫だから」と、あなたに言い聞かせたとしても、自分を納得させることができないはず。たまには、ひと息ついてポジティブな思考を強化してみませんか?でなければ、いつまでも問題に執着して、他のことに集中する暇なんてありません。たとえあなたが最後に成功を収めたとしても、それが「ゴールではない」という事実が理解できるまで、ネガティブ思考は止まることはありません。

07.
心の中では…自己満足を
最優先してしまう

7-struggles5自分が正しいと思えることだけでなく、何か意味のあることを成し遂げたいと考えていませんか?次のステップに進むために、タスクを終わらせるのではありません。あなたがタスクを完了させるのは、どこかに「自分は素晴らしい仕事を達成した」という、自己満足を得たいから。自分のプロジェクトに対しては、熱心に注意を傾けます。目標を達成することは、多くのプレッシャーをかけてまで行動した自分への証明になるから。

Licensed material used with permission by Sara Uzer

「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
昨今よく取り上げられる「EQ」。これは、自分と周りの感情をうまく読み取ることができて、適切な行動をとれているかどうかを基準を表す「心の知能数」。この指数が...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
日本中のなまけものさんへ。始められない、続けられない、だらだらしてしまう。世間ではネガティブなイメージがある「なまけもの」。でも、なまけものだって成功でき...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
経験不足や自信のなさなど、悩みがあると、自分のやりたいことが分らなくなる。そんな経験ありませんか?ここでは、そんなときに試しておきたい"やりたいことを見つ...
自分を信じて何事にも立ち向かう。そんな前向きな姿勢でいると、人生はみるみる昇り調子になっていくでしょう。しかし、その過程でつらく過酷なできごとを経験するこ...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
何かとくべつ疲れることをしたわけでもないのに、なんだか毎日ヘトヘト。本当はいろいろ趣味にも精を出したいのに、たまの休日はそれどころではなく寝てばかり。そん...
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
「普段の何気ない習慣の中にも、自分をダメにするものがたくさんある」と訴えるのは、オーストラリア・パース在住のライターALETHEIA LUNA氏。「Exp...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
仕事、会社、結婚、住まい…。自分の人生は、本当にこのままでいいのだろうか?30代になると、そんな不安が一気に押し寄せてくるもの。ここでは、書籍『30代のあ...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
Steven Bancarz氏が立ち上げたメディア「Spirit Science and Metaphysics」。その中で、起業家でビジネスコーチのAm...
日本発祥の民間療法として、欧米を中心に海外で関心を集める「Reiki(レイキ)」。その、レイキマスターBrett Bevell氏の言葉を借りれば、健康に生...
日本人は謙虚だからでしょうか、若者は自分に自信が持てていない人が多いようです。2015年の内閣府公表の調査結果を見ても「自分には長所がある」「自分に満足し...
「Higher Perspective」が紹介する「デキる人の条件」。中身を見てみれば、どれも当然といえば当然のこと。では、これらの当たり前を淡々と、得意...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
感情ってとてもやっかい。自由に操れたらきっと人生はうまくいくのに、こちらが感情に振り回されて後悔することの方が多かったり。こんな悪いサイクルから抜け出す方...