仕事・恋愛・プライベート。あなたが現状に満足できない「5つの理由」

カウンセラーのF.Emelia Sam博士は、こう警鐘を鳴らします。社会生活のなかで責任や同調を理由に、私たちは「心の深部にある“自分の声”を無視しがち」であると。モヤモヤと気持ちが晴れない社会人のために、いますぐ見直すべき5つのサインを紹介しています。

01.
自分のことは後回し
だから、充足感がない

253217545

私たちの思う「安定」とは、お金に余裕があり、何の努力もせずに生活していくこと。こう考える人がどれだけ多いことか。ですが、自分の心の状態をチェックしてみれば、そうではないということがよく分かるはずです。
自分の目標とは、まったく違ったことばかりしていては、最終的には心身ともに疲れ果ててしまうもの。つまり、あなた自身が充実していると感じなければ、いつまで経っても、満たされることなどありません。

02.
「NO」が言えない
他人に意見を合わせがち

000038516334_Medium

恋愛において、こんな経験があるはずです。「◯◯をしたい」と口にしても、最終的にはその反対のことをしてしまう。他人と関わり合うとき、折合いをつけることは大切です。でも、相手の趣味趣向に合わせて妥協しても、価値観や考え方まで妥協してしまうのは考えもの。安定した環境に甘え、自分の信念にまで妥協していては、いつか自分自身を見失ってしまいます。

03.
本心はモヤモヤ…でも、
無理に納得しようとする

Pensive woman in bed

「安定感」の不思議なところは、必ずしもあなたに安定した気持ちを感じさせないということろ。あなたは自分を納得させようと、日々の生活を前向きに考えようとします。ですが、そこには空虚な心があるだけ。自分の生活に感謝したり、納得することは素敵なことだけど、空虚さを打ち消すことができなければ、心は永遠に満たされることはありません。

04.
友人や同僚の成功を
密かに嫉妬してしまう

94093741

友達や同僚の成功を知ったとき、あなたは正直どう思いますか?表面的には、相手の成功を祝うことができたとしても、心の奥底に、強い嫉妬心が潜んでいるのかもしれません。自分の夢に生きる人のことを応援できない。それって、悲しいことだと思いませんか?

05.
正当化しようと
必死に言い訳

000010098688_Medium

安定を求める人ほど、自分を正当化することに長けています。自分が選ばなかった道は「魅力的ではなかったから」と、言い訳しようとする。彼らは自分を正当化しようと、物事が上手くいかなかった理由をあれこれ言うでしょうが、「挑戦するのが怖かった」とは、決して口にしません。そればかりか、茨の道に挑戦した人を軽視しようとさえします。
人生が壮大である必要はもちろんありません。それでも、道半ばにあるチャンスを摘みとれるか否か、そこがカギなのです。


Sam氏は、こうも言います。現実的なように見えて「安定はただの欺瞞である」と。本当の自分を見失ってしまう理由は、ここにあるのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

「Power of Positivity」で紹介されているのは、人生の転換期を迎えているサイン。記事によると、どうやらほとんどの人は、人生の舵を切るタイミ...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...
「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりする...
最近いい事が全然ない…。どうしたら幸せになれるの?幸せになれる人とそうじゃない人との差って?原因となるキーワードは「思考のクセ」にあるのです。ここでは、自...
さそり座の男性と付き合うと、一体どういう関係になるの?もしかしたら、今までにない刺激的な経験が待っているかもしれません。それはこんな5つの特徴があるからで...
たった1週間、Facebookの利用を中止しただけで、日々の生活が満ち足りて幸せになれる。ある研究結果が示した事実によれば、ソーシャルメディア全般に共通す...
仕事もプライベートもどちらも充実させるのは難しいこと!と思っていませんか? そう考えた時点で、あなたにとってはずっと難しいものになってしまいます。でも実は...
40歳になった「YourTango」のライターLaura Lifshitz氏。これまで“それなり”の恋愛経験を積んできたと自負する彼女。こう聞くと「なにを...
ここで紹介するのは、ライターAmanda Fama氏の恋愛コラム。以前は恋愛がなかなかうまくいかず、人を好きになることに臆病になっていたという彼女。その辛...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
「お金は、モノに替えるよりも経験に使うべき」。一見、当たり前に思うことほど、おざなりにされてしまいがち。経験にお金を使うことが、どれだけ人生の財産になり得...
幸福の形は、人によって異なります。幸福かどうかは人それぞれの心の問題にすぎません。つまり、捉え方次第であらゆる感情を幸福に結びつけられるのです。商社、市役...
オレゴン州立大学の研究者らが、セックスに関する興味深い調査結果が発表。なんでも、プライベートにおける積極的なセックスライフが、仕事に対するモチベーションや...
今、あなたの目の前にはたくさんの選択肢があります。しかし、今日の選択に10年後のあなたは後悔してしまうかもしれません…。人は、どんな行動をとったときに、あ...
現役大学生のJonas Lui氏が「mindbodygreen」に投稿したデビュー作となるこの記事。彼は自身の分析結果として、幸せを手にする人とそうでない...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...
家族のもとで暮らし、安定した仕事に就き、休日は地元の友人に会う。たしかに、これもステキな人生ですが、果たしてあなたにとって「最高の人生」と言えるでしょうか...