大きな判断ミスにつながる「4つの感情」ってなに?

「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりするときは、感情的になっていないかどうか、一度冷静になってみましょう。

13 Things Mentally Strong People Do」の著者Amy Morinは、感情が判断を鈍らせてしまう4つの理由について、以下のようにまとめています。

01.
「興奮」している時は
成功を信じてしまいがち

Medium cbadda572cfc6e34321041ec97d35101b6c353f4

人は興奮していると前へ前へと猛進していくものです。そうなると、進む先に潜む危険に気づきにくくなり、成功のチャンスを過大に意識してしまいます。

例えば、カジノは眩しいほどの照明の中で大きな音がずっと鳴り響いています。これは客を興奮させて、どんどんお金を使わせるという狙いがあるのです。

自信がある大きな決断をするときほど興奮して進めてしまいがちですが、本当にその先にリスクがないか、落ち着いてもう一度確認するようにしましょう。

02.
ひとつの「不安」は
他へ伝染する

Medium 5b56230e3c7ab19e9c925dde298dc7bc9d36ed20

プライベートなことで悩みがあると、それは仕事での意思決定にも影響してきます。「プライベートはプライベート、仕事は仕事」と分けておくことはなかなかできないものです。

不安になると、新しいことや変化を拒むようになります。うまく決断もできなくなるでしょう。

もしプライベートか仕事のどちらかでこういった症状があったら、もう片方の不安に伝染していないかをチェックしてみてください。

03.
強い「悲しみ」は
目標設定を下げてしまう

Medium 79ae04ab14d7d62c463e247d9a761708bb6aee07

人は悲しい気持ちになっているとき、目標を低く設定してしまいます。

「気持ちと自信の関係」を調べるために行われた実験によると、被験者に模擬的に「商売」をしてもらったところ、悲しみを感じている人ほど、ものを安く売ってしまう傾向にあったそうです。

悲しいときは、低めにゴールを設定して気持ちを上向きにしたいのが人の常。でも、一時の感情でせっかくの可能性を潰してしまっているとしたらもったいないですよね。もしどうしても悲しみが拭いきれないときは、強気が求められるような仕事をいったん避けるようにしましょう。

04.
「怒り」に支配されると
短絡的に決断してしまう

Medium 324c261a0b294935133fa328690bb55f97bffeb7

怒っているときは気が短くなっているため、きちんと検討しないまま物事を決めてしまいがち。

「怒り」は、とても原始的な感情です。これは、人間がまだ野生に暮らしていた頃、素早く身を守るために生まれたものと考えられています。しかし現代社会では、じっくりと考えて決断をしたほうがいい結果になることがほとんどでしょう。

自分が「怒りを感じているな」と思ったら、すぐに行動しようとせず、まずは深呼吸をして、心の中で10数えてください。一旦気持ちが落ち着けば、あとは冷静に対処することができるようになるはずです。

Licensed material used with permission by Amy Morin,LCSW
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
ビジネスでもプライベートでも、身の回りには「意思決定」が求められる状況はたくさんあります。そこでの最も基本的な考え方は「対比」です。そのポイントはたったの...
上司からの頼まれごとを失念する…、書類をどこに置いたか忘れてしまう…。どうして自分はメモリーミス(忘れてしまう)をしてしまうのか?原因を探って対策をしたく...
人の話をきちんと聞いて理解をすることは、コミュニケーションの基本だ。とはいえ、誰もが上手くできるかといえば、そうではない。たとえば、書籍『バカに見える人の...
2015年ミス・アイスランドに選ばれたArnaさんは、2016年、ラスベガスで開催されるミス・グランド・インターナショナルに、国の代表として参加していまし...
知能指数を表す「IQ」とは、似ているようでちょっと違う「EQ(感情指数)」。EQは、自分の感情をうまくコントロールできるかどうかを示す、いわば「心の知能指...
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
昨今よく取り上げられる「EQ」。これは、自分と周りの感情をうまく読み取ることができて、適切な行動をとれているかどうかを基準を表す「心の知能数」。この指数が...
つい、イライラして周りの人を巻き込んでしまったり、自分だけが嫌な目にあわされていると思い込んだり…。ダメだと思いながらも、自分の感情に振り回されてしまう人...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...
イライラ、クヨクヨ、ムシャクシャ、メソメソーー。このような感情によって、日々、自分が乱されていると感じる人はとても多いと思います。けれど、これは非常に大き...
仕事で成果が残せない、人生がうまくいかない…。こうした悩みの原因は、生まれ持った「能力」や「性格」ではなく、いかに適切な判断を積み重ねてきたかにあります。...
最近、人間関係がうまくいっていない・・・。そんなあなたは、相手の感情を理解しようとしているだろうか?円満な人間関係を築くコツは、人の感情まで深く理解するこ...
「Higher Perspective」で、繊細で敏感な人が知っておきたい4つのことが紹介されています。繊細であるということは弱いと思われがちですが、さま...
頭に血がのぼって不要なひと言を口にして、後になって後悔する…感情のコントロールって本当に難しいものです。女性ライターAmelia Harveyは、ある意味...
嫌なことがあると、イライラして人に当たってしまう。情緒不安定になることは、誰にでもあります。でも工夫次第で、それは克服できると、ライフコーチのAmelia...
幸福の形は、人によって異なります。幸福かどうかは人それぞれの心の問題にすぎません。つまり、捉え方次第であらゆる感情を幸福に結びつけられるのです。商社、市役...
イライラや怒り、緊張と言った感情は、人間なら誰もが持っているもの。その感情から逃れることはできませんが、うまく付き合っていくことは可能です。「Elite ...
あなたにとって、理想のリーダー像とは?的確な指示をくれる人、チーム員に優しい人、叱るべきときに叱ってくれる人など、それぞれ求めるリーダー像は違うでしょう。...
「Collective Evolution」で、ライターのDanielle Fagan氏が不安症の人に効く3つの方法をまとめています。Fagan氏は、ある...