「ミス・アメリカ」を逃した、ミス・テキサスに大歓声のワケ

現地時間9月10日(日)に全米注目の『ミス・アメリカ・コンテスト』が放送されました。全国の美女たちが、“アメリカの象徴”を勝ち取るための一大イベント。最終審査では、ミス・ノース・ダコタが2018年のミス・アメリカに選出。ところが、彼女以外に話題になった候補者がもうひとり。

まるで、これが聞きたかったんだ、と言わんばかりの歓声と賞賛が会場に起こりました。

15秒でまとめた
揺るぎない姿勢

C73dc06fdaceeea7283e7e46dc9fb254b66a824e
Photo by Donald Kravitz/Getty Images for Dick Clark Productions

それは本選インタビュー審査の中でのこと、審査員のJeff Cagleさんからミス・テキサスへ、時事問題を出題しました。

「先月、バージニア州のシャーロッツビルで、白人至上主義者、ネオナチ、そしてKKKと、その反対抗議者たちの抗議が暴動へとエスカレートし、死亡者も出してしまいました。大統領はこの事件を受け“双方に責任がある”と声明を出しました。この発言に同意しますか?はい、またはいいえ、そしてその理由を述べてください」

この質問に対して答えるのは、ミス・テキサスのMargana Woodさん。

「この度の白人至上主義者たちの事件は、とても明確なテロ事件でした。そして、トランプ大統領は、この事実、そして、早急に私たち全国民の安全面を守るような声明を出すべきだったのではないのでしょうか。それが今、一番の問題なのではないでしょうか」

Marganaさんの回答には、迷いがなく、わかりやすく、そして力強い。20秒以内という短時間で、彼女の返答が終わる前から、大歓声が鳴り止みませんでした。ツイッター上でもMarganaさんのインタビュー回答にSNS上では「彼女に票を!」という賞賛の声が多数ありました。

望まれた声なのかもしれない

19ef24b4d24e54adc5ed6410792207ee997a4f03

アメリカでは、いろんな形や規模のミスコンが多く、『ミス・アメリカ』以外にも各州で、あるいは全国放送されるのもあり、大人から子供まで注目するイベントです。審査では、水着やイブニングドレスで美しさを判断されることもあり、一部では、「美を表面的で単純化しているのでは」と、批判の的となることも。

不安と混乱が渦巻くアメリカの政治情勢の中で、シャーロッツビル事件は未だに傷跡が残る悲劇です。そこで、ミス・テキサスのMarganaさんは、あえて『ミス・アメリカ・コンテスト』といった場を利用して、鶴の一声のように、多くの人がシャーロッツビルの事件について思っていたことを、まっすぐに、意見を述べたのでしょう。今まで“美”を競うミスコンの場で、彼女の聡明で揺るぎない姿勢に多くの人が感銘を受けたのかもしれません。

残念ながら、Marganaさんは4位。『ミス・アメリカ』の称号とティアラは獲得できませんでしたが、多くの人の記憶に残るアメリカ国民の一人となったでしょう。

Top Photo by Donald Kravitz/Getty Images for Dick Clark Productions
2015年ミス・アイスランドに選ばれたArnaさんは、2016年、ラスベガスで開催されるミス・グランド・インターナショナルに、国の代表として参加していまし...
仕事を進めるうえで、アテンションミス(注意に関するミス)は防ぎたいもの。たとえば、証券会社の営業担当が、数字の入力をミスしただけで数百万~数億円の損害をも...
人の話をきちんと聞いて理解をすることは、コミュニケーションの基本だ。とはいえ、誰もが上手くできるかといえば、そうではない。たとえば、書籍『バカに見える人の...
上司からの頼まれごとを失念する…、書類をどこに置いたか忘れてしまう…。どうして自分はメモリーミス(忘れてしまう)をしてしまうのか?原因を探って対策をしたく...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
20代半ばのイラストレーター、Caitlin Quijanoさんはクオーターライフクライシスの真っ只中。そんな自分の人生のエッセンスを、ぎゅっと漫画に込め...
初めに言っておくと、ライターShantanu Prasher氏が書いたこの記事は、少し極端な内容かもしれません。というのも、20代では「真剣な恋愛」などす...
25歳になったばかりの女性ライターKylie McConville氏がまとめたのは、「20代のうちに経験しておくべき失敗」について。人は辛い経験があるから...
20代って、若さに溢れてキラキラしてるイメージがあるけど、悩み多き世代でもありますよね。いっぱい冒険もするけど痛い目をみたり、怖いものなしに見えていろいろ...
「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりする...
アメリカでは大麻の合法化が進んでいますが、実際に吸ってみるとどんな感覚になるのかを女性たちが教えてくれます。彼女たちが話すのはセックス、健康、仕事について。
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
最初はだれでも恋愛初心者。付き合い方も相手の選び方もよくわからず「感覚で付き合っていた」なんて人も多いのでは?そんな行き当たりばったりの恋愛も、大人になっ...
「女の子」から「大人の女性」への階段をのぼりはじめる20代前半。そんな時期だからこその、あんなコトやこんなコト。彼氏や男友達には決して見せられない、家族や...
アメリカのショピングセンターで撮影された一枚の写真。若い男性がお年寄りの手をとりエスカレーターを下る瞬間が捉えられています。この何気ない優しさがSNSで拡...
Ashley Fernは、NYのライフスタイル情報を発信するメディア「Elite Daily」の編集者として活躍する女性。ここでは、彼女が20代に向けて書...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...