コミュニケーションは「キャッチボール」ではない。一体なぜ?

世にある大半の仕事は、一人でできるものではありません。とくに近年のビジネスでは、コミュニケーションの重要性がますます高まっています。それと比例するように、コミュニケーションミス(相手に伝わっていない・相手が理解していない)というケースも増加傾向にあります。

宇都出雅巳さんの著書『仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』では、きちんと伝えてもその通りに伝わらない、きちんと聞いても正確に理解できない、といったコミュニケーションミスをなくすための対策がまとめられています。

ここでは、ビジナスパーソンなら知っておきたいコミュニケーションを円滑に進める方法と、その解決方法を紹介しましょう。

コミュニケーションは
キャッチボールではない

Medium cb852658ab0bbefd72a83b92353ce44e00b7688e

「コミュニケーションはキャッチボールである」という言葉を聞いたことがあるでしょう。わかりやすい例えではありますが、これこそがコミュニケーションについて誤解を生み、結果的にコミュニケーションミスを誘発しているのです。

話し手が自分の記憶にある経験を他人に話すとき、その記憶のすべてを言葉にするわけではありません。それは、すべてを言葉にしていては会話が成立しないから。話し手は必ず情報を省略するのです。

例えば話し手が「昨日、渋谷で友人とお酒を飲んだ」と言ったとします。昨日と言ってもそれが何時なのか、渋谷と言ってもどのお店なのか、詳細は省略されています。普段私たちは「何が省略されているか」をわざわざ意識しなくてもコミュニケーションを成立させています。なぜ、情報が省略されていても理解できるのでしょうか?

それは、話し手の言葉に、聞き手の持っている記憶が反応して、省略された部分を自動的に補完しているから。「昨日、渋谷で友人とお酒を飲んだ」と聞くと、聞き手の記憶にある渋谷のイメージや以前行ったことのある居酒屋のイメージが湧き、実際には断片的な情報しか伝わっていないのに理解したと錯覚を起こしてしまうのです。しかし、このときの話し手と聞き手が思い浮かべている「イメージ」は異なります。

こうした話し手と聞き手の思い浮かべるイメージのギャップを、普段のコミュニケーションで自覚していますか?表でやりとりしている言葉(ボール)に気を取られ、自分や相手の記憶の中で起きていることに注意が向いていないのではないでしょうか。これこそコミュニケーションミスの原因なのです。

意識の矢印を
「相手の記憶」に向ける

Medium 1f17ee275e63c60a7926cd0fbd8d96f14ddba1b4

コミュニケーションミスは「相手の話を理解したつもりになった」ときに誘発します。それを防ぐためには、「意識の矢印」を相手に向けることが重要です。相手の話を聞いているときに自分の意識の矢印が相手の記憶に向いているのか、または自分の記憶に向いているのかを自覚し、コントロールするようにしましょう。

「昨日、渋谷で友人とお酒を飲んだ」という上述の例では、聞き手の意識の矢印は、自分の記憶に向いている状態でした。つまり「渋谷で友人とお酒を飲んだ」という話を聞いて、聞き手が脳内で勝手に居酒屋の映像を思い浮かべている状態。これは、意識は自分にしか向いていないのに相手の話をわかったつもりになっています。こういうときに、コミュニケーションミスは起きるのです。

逆に意識の矢印を相手の記憶に向けるということは、相手が発した言葉の奥にある「その人の記憶」に意識を向けるということ。相手の記憶に意識の矢印を向けることができれば、当然ながら不明点が出てくるので、自然と質問につながります。そうやって相手の記憶を深く聞いていくとズレは徐々に小さくなり、コミュニケーションミスの危険性が低くなっていくのです。

「答え」より
「応え」を聞く

Medium e63609d28cce4a468ec97ca6f9e45f2c16c2be59

コミュニケーションミスを防ぐ方法がわかったところで、ここからはコミュニケーションを円滑にする具体例を挙げましょう。それは、「答え」と「応え」の違いを知って行動に移すこと。「答え」は言葉として発せられた明確なものであるのに対して、「応え」は表情や仕草、間合いなど言葉にならないものも含めた曖昧なもののことを言います。

また、「答え」はこちらが質問した際に相手から出てくるものであるのに対し、「応え」は常に発露しているもの。事実関係のズレを正したいのであれば「答え」に注目していればいいのですが、深いコミュニケーションをするには「応え」に注目することが欠かせません。

この「応え」をとらえるには、話している最中も含めて、相手に意識の矢印を向ける必要があります。言葉にならない相手のちょっとした変化、言葉のトーンや大きさ、抑揚に注目することで「応え」をとらえることができます。

沈黙を埋めるな。
それが重要な「応え」

Medium bef3fb53a7c25a1eedd4f57208898710061cebb8

「応え」に注目できるようになると、多くの人が苦手とする「会話の沈黙」にも耐えられるようになります。

例えば、商談クロージングの場面。購入する際は、しっかりと説明を受けた上で、最終的な判断をどうすべきか必死に考えます。ダメなセールスほど、相手が黙り込んだら「最後の一押しだ」という焦りから会話をして、真剣に考える時間を邪魔してしまいます。これは、自分に意識の矢印が向いている証拠とも言えるでしょう。

売れるセールスは、相手の「応え」を的確にとらえ、その沈黙を待つことができます。自分の商品やサービスに自信があり、最終判断は相手にお任せ。意識の矢印を相手へ向けているので、焦りや不安もありません。沈黙に「答え」はなく、言葉を発しない状態そのものこそが、明確な「応え」なのです。

上司からの頼まれごとを失念する…、書類をどこに置いたか忘れてしまう…。どうして自分はメモリーミス(忘れてしまう)をしてしまうのか?原因を探って対策をしたく...
仕事を進めるうえで、アテンションミス(注意に関するミス)は防ぎたいもの。たとえば、証券会社の営業担当が、数字の入力をミスしただけで数百万~数億円の損害をも...
人の話をきちんと聞いて理解をすることは、コミュニケーションの基本だ。とはいえ、誰もが上手くできるかといえば、そうではない。たとえば、書籍『バカに見える人の...
「ジャッジメントミス」という言葉をご存知でしょうか?判断を要する場面で、情報や経験の不足、思い込みなどによって判断ミスを犯してしまうことです。ジャッジメン...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回は3...
坂東眞理子さんの著書『すべては書くことから始まる』では、日本人が日頃から使っている「あいまいな言葉・表現」について、彼女なりの解釈が書かれています。「あい...
私はかつて25年もの間、全日空でCAの仕事に就いていました。国内線、国際線のチーフパーサーとして働き、そのうちの15年間は、天皇皇后両陛下、英国元首相マー...
人との円滑なコミュニケーションが取れるということは、私生活だけでなくビジネスの面でもとても重要です。では実際にどうすればコミュニケーション能力を鍛えること...
2015年ミス・アイスランドに選ばれたArnaさんは、2016年、ラスベガスで開催されるミス・グランド・インターナショナルに、国の代表として参加していまし...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。どんなこ...
自分で考えてくれない部下、年上の部下、怖い鬼軍曹上司など、プレイングマネジャーが相手にしなければならない相手は様々です。自著『プレイングマネジャーの教科書...
「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりする...
基本的に「信頼」とは、一発で獲得できるものではなく、日々コツコツと努力を繰り返し、いざというときに一気に効果をあらわすもの。そこで、ビジネスコーチ馬場啓介...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
会議、プレゼンテーション、研究発表、スピーチ…。そんな人前に出る機会を、苦手に感じている人も多いのではないでしょうか?東京学芸大学附属世田谷小学校に、沼田...
「相手が年上の人だと固まってしまう」「話が聞かれていると思うと頭が真っ白に!」「しゃべっても相手が無表情だと不安になる」そんな事が重なるうちに、コミュニケ...
人々は間違った質問の仕方をしている。実体験をもとに、こう主張するJeff Haden氏は、250名の従業員を抱える工場経営者として活躍する人物。彼は、質問...
ビジナスパーソンには、どうしても「成果」という命題がのしかかります。週末の休日中にも仕事のことが頭から離れず、家族との時間がおろそかな人もいるでしょう。で...
ただの快楽の手段としてだけでなく、セックスは優秀なコミュニケーション手段なのです。あまり得意じゃないなと感じている人はこんな意見を考え方を参考にしてみては...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...