なぜ、足は臭いのか?その原因と解決策を、アメリカ化学会が徹底解説!

ジメジメする夏に限らず、自分の体臭って気になります。中でも、1日働いた後の足の臭いと言ったら感動的。家ならまだしも、同僚と立ち寄ることになった居酒屋がお座敷だったりしたらもう心臓バクバクで、急用を思い出してしまうこともしばしばあるかも。

ここでは、アメリカ化学会の監修のもと「Reactions」によって作られた、足のニオイに関する動画の内容を紹介します。そもそもなぜ臭うのか、その原因を追求して徹底的にやっつけましょう!

85singo_スクリーンショット 2015-07-18 18.48.14

85singo_スクリーンショット 2015-07-18 18.49.16

まずは汗。人間の体には汗腺が沢山あります。体温を下げるためには必要不可欠なものですが、中でも集中して汗腺があるのが脇の下と足の裏。そして、もちろん一番多いのが足の裏というワケ。

しかし、実際汗そのものにはニオイはありません。では、なにが問題か。それは、バクテリアを増殖させてしまう環境にあります。

靴の中がムレムレに!

85singo_スクリーンショット 2015-07-18 18.50.35

汗と靴と靴下の環境がマッチすると、ニオイに絶大な影響を及ぼします。靴の中に湿気がたまり、バクテリアが住みやすい環境を用意しないように注意が必要です。ちなみに彼らにとって魅力的な住環境とは、こんな感じ。

01.温かい02.湿気がある03.酸素が豊富04.栄養たっぷり

つまり、通気性が悪いのにサイズが大きくて隙間がある、そんな靴を履いているあなたはかなりの危険人物。ちなみに、ここでいう栄養素とは死んだ皮膚のこと。バクテリアにしてみれば、靴の中は食べ放題のビュッフェに来ているのと同じなので、結果としてニオイの強いガスが発生することに。

ニオイの原因は
3種類のバクテリア

85singo_スクリーンショット 2015-07-18 18.51.00

バクテリアが排出する成分には以下の3つが挙げられます。左からメタンチオール、プロピオン酸、3-メチルブタン酸。

メタンチオールは硫黄のニオイを持っていますが、死んだ皮膚をブレビバクテリウムが食べていくことでマンステールチーズのようなニオイを産むのだとか。硫黄とチーズとは中々キャッチーなタッグです。

次にプロピオン酸は、プロピオニバクテリウムがアミノ酸を食べていくことで酸っぱいニオイを出します。さらに、3-メチルブタン酸はブドウ球菌が死んだ皮膚を食べていくと発生し、チーズと酢の嫌なニオイに。

つまり、足の裏からは硫黄・チーズ・酢が合わさった酸っぱいニオイが出ているということ。決して、想像してはいけない組み合わせです。

靴を履いた瞬間
ニオイが成長開始

85singo_スクリーンショット 2015-07-18 18.52.45

動画によれば、靴を履いた時点でこのバクテリアの活動サイクルが周り始めます。では、どうしたらいいのでしょう?ここからが本題です。

ターゲットは
汗・皮膚・バクテリア

85singo_スクリーンショット 2015-07-18 18.53.13

これまでに登場した3つの原因にどんな対応ができるのか。シンプルではあれど、一つひとつ的確な対応が求められます。

01.
清潔なコットンの靴下

85singo_スクリーンショット 2015-07-18 18.53.46

まずは、汗。これに関しては清潔な靴下をはくことが一番の決め手。基本ではありますが、汗をよく吸い通気性もあるコットンを選びましょう。

 02.
アンチバクテリア石鹸と
ピーリングケア

85singo_スクリーンショット 2015-07-18 18.53.31

次はバクテリア対策。薬用石鹸で足を洗って、抗菌処理をしましょう。さらに、死んだ皮膚を残さないことも大切。やり過ぎは禁物ですが、軽石などで磨くのがいいかも。

 03.
靴を乾燥させること

85singo_スクリーンショット 2015-07-18 18.53.56

3つめは、靴をきちんと乾かすこと。一度履いた靴は陰干しなどをこまめにして、バクテリアが繁殖しないように心がけることが大切。

04.
デオドラントも効果アリ。

85singo_スクリーンショット 2015-07-18 18.54.23

最後におまけ。足の裏を乾燥させておくために、フットデオドラントを塗るのもいいそうです。

靴のサイズやメンテナンス、靴下の素材選び、お風呂でのケアと小さなことを怠ることで足のニオイがパワーアップしてしまようです。日々、気をつけましょう!

Licensed material used with permission by American Chemical Society/ACSReactions

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
カリフォルニア大学アーバイン校が発表したBCI(Brain Computer Interface)が、大きな注目を集めています。この技術のお陰で、脊髄の損...
あんまり、まじまじと見る機会が少ない「足の指」。爪を切るときや靴下を履くときには触れる部位ですが、「足の指の形」に注目する人は少ないのではないでしょうか。...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ヒールを履いたとき特有の「足の痛み」や「歩きにくさ」。多くの女性が我慢に我慢を重ねてきたあの悩みを、画期的なデザインで解消したハイヒールがあります。驚くな...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
2008年、東京・南青山のビルの一室にオープンした靴磨き専門店「Brift H(ブリフトアッシュ)」。その創立者の一人が、明石優という人物だ。目の肥えたハ...
足つぼマッサージ、リフレクソロジー、フットケア。健康を左右するカギは足裏にある、というのは定説。ライターPhil Mutz氏が医療情報サイト「WebMD」...
一見、普通のハンガーのように見えるが、本体には8つの吹出口があり、そこから微粒子イオンである「ナノイーX」が発生する仕組みらしい。これによって、衣類に付着...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
代々木公園での「Aozora靴磨き教室」や自由大学での講義「20年履ける靴に育てる」など、靴磨きに馴染みのない人たちに、そのハウツーを広めている明石優さん...
デザインを気に入って買ったのに靴ずれができてしまった。ぴったり!と思って1日履いたらマメができてしまった…。そんなトラブルや痛みなどなく、好きな靴を履けた...
いい靴に出会うと、20年だってつき合うことができるといいます。一緒に年を重ねるごとにどんどん自分の足に馴染んでくる。こうなるともう、完全にパートナーみたい...
家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ニューヨーク北部にある農場で暮らしているJason Ambrosinoさんは、凍傷によって足が動かなくなってしまった仔ウサギに、手づくりのスケボーをプレゼ...