判断力のある人が実践している「4つの対比」とは?

ビジネスでもプライベートでも、身の回りには「意思決定」が求められる状況はたくさんあります。そこでの最も基本的な考え方は「対比」です。そのポイントはたったの4つしかありません。起こり得る対比の組み合わせは無数にありますが、どのような状況でもこの4つに当てはめれば、自ずと答えが出るはずです。

01.
「時系列」で対比

例えば、海外への1人旅における航空券の購入をイメージしてみましょう。
インターネットで検索した時点で購入の意思決定をしなかったために、翌日同じサイトを見ると価格が3万円上がったというケースは珍しくありません。
そこで私は前年の傾向を算出して購入するようにしています。つまり、数年の同時期の数値、結果指標を「時系列」に取って対比することにより、どういう傾向にあるかが理解できるのです。
「時系列の対比」という軸を意思決定の柱とすることで、意思決定までの「カウントダウン」が明確になるため、最適なスピードで、最小のリスクしか負わずに判断することができるのです。

02.
「標準値」で対比

shutterstock_128710862_R

たとえば自分のベスト体重が80キロの男性が、85キロになったとしましょう。まずは5キロを減少させるという意思決定にたどり着きます。
その方法はさまざまですが、1日1,550キロカロリーというダイエットの標準値に合わせた食事にするなど、標準の値を参考に考えることができるのです。
企業のケースでは、業界の標準値と対比することにより、自社の優れている点、劣っている点を理解し、アクションを選択していきます。わかりやすいのは製造業における営業利益率10%という値。達成していれば「優良企業」といわれる数字です。業界によって異なりますが、ひとつの目安として活用されています。

03.
「他者(他社)」と対比

社内のMBA社費留学の選抜試験が実施されることになり、最終選考にあなたとA君が残ったとします。そこで最終面接に向けて、何に取り組むべきか検討中です。
上で例に挙げた自分の標準値とは違い、対象になる軸はA君の成績。最終試験までの限られた時間の中で、何に取り組むかの選択が重要になるのです。
そのために、A君と対比して自分は何が優れていて、何が劣っているのかをリサーチする必要がある。その上で、自分の強みを伸ばす勉強をするのか、弱みを補完する勉強をし、面接に臨むかが変わってくるのです。
企業のケースでいえば、ライバルである同業他社と対比することにより、その会社の優れている点、劣っている点を理解し、意思決定していくケースになります。

04.
「理想とのギャップ」と対比

shutterstock_213787279_R

先ほどのダイエットの例でいうならば、理想の友人や憧れのモデルとの対比でダイエット方法や食事内容を決めていくことになります。
ビジネスのケースでいうと標準値と対比するより、目指すべき企業と自分たちとを対比し、足りない部分を真似する、もしくは営業成績ナンバーワンの人の習慣を自分と比べて、できていないことを取り入れる。それにより現在と理想とのギャップを埋めていくような意思決定をしていくことが考えられます。

さて、意思決定における4つの基準を紹介しましたが、目的とする意思決定がどの対比で明確に見えてくるのかみき分けるのが鍵。自分の主観的な判断に陥らないためにも、対比することで見えてくる客観性が、よりよい意思決定とスピードある判断にとって重要となるのです。

「即判断」する人は、なぜ成功するのか?
コンテンツ提供元:サンマーク出版

小関尚紀/Naoki Koseki

サラリーマン作家。旅人。都内の企業に勤務しながら作家としても活動中。著書に『「即判断」する人は、なぜ成功するのか?』(サンマーク出版)、『世界一わかりやすい「ゲーム理論」の教科書』(KADOKAWA 中経出版)、『新人マーケター乙女侍奮闘記』(東洋経済新報社)など。後者は「奇想天外なマーケティング授業」として韓国、台湾で翻訳されている。

仕事で成果が残せない、人生がうまくいかない…。こうした悩みの原因は、生まれ持った「能力」や「性格」ではなく、いかに適切な判断を積み重ねてきたかにあります。...
公私問わず、リスクを負っていかにスピードを重視した判断ができるかは、成功するかどうかの重要なポイントです。そもそも意思決定において考えるべき基準は、「得ら...
「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりする...
「ジャッジメントミス」という言葉をご存知でしょうか?判断を要する場面で、情報や経験の不足、思い込みなどによって判断ミスを犯してしまうことです。ジャッジメン...
初デートに行って「なんかこの人とは合わないな…」と思うことはありませんか?「Elite Daily」のライターAlexia LaFataさんは、大手マッチ...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。会社の方向性はもちろん、部下のや...
段取り力以外の能力が同じレベルの人が居たとしたら、段取り力がある人の仕事はスムーズに進み、予定通り終了する可能性が高いことが想像できます。スポーツのマラソ...
人と初めて会ったとき一番最初に目につくのは、当然ですが「その人の見た目」ですよね。そして、その見た目だけでだいたいどういう人なのか判断してしまうこともある...
「人間は考える葦である」と書いたのは、17世紀のフランスの思想家パスカルだった。要するに、人間は葦のようにか弱いが、思考する能力をもつ偉大な存在だというこ...
2015年11月6日に投稿された@pallmalldさんのツイートが話題になっています。自室の窓から火災を発見。とっさの判断でマンションにあった消火器を使...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
「海外勤務」に憧れている人が、その夢を実現させるためには、一体どんな力が必要なのでしょうか。まず最初に思いつくのが「語学力」だと思いますが、それよりももっ...
他の人より先に帰るのに仕事は全部終わってる。飲み会にもちゃんと参加しているのに納期は守る。一体、仕事がデキる「あの人」は他の人と何が違うんだろう? 気にな...
空回りする人は、意外に自分でも原因が分からず、ひそかに思い悩んでいるかもしれません。なぜ空回りしてしまうのか、その主な特徴について、まとめて確認していきま...
大物になる人は、持ち合わせた能力を生かしながら、要領を得た行動パターンや習慣を日々実行しています。大物になる人に共通する特徴をご紹介していきますので、あな...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
ライターAlexa Mellardo氏が「Elite Daily」に男性必見の記事をまとめています。初対面の女性が、以下の項目に該当する行動をとった場合、...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
明文化されていない社会人のルールをどれだけ知っているか。これは、いち早く社会人として認められるために必要な資質。ここでは、拙著『一流役員が実践してきた 入...