他人からのネガティブな感情を受け流す「4つの方法」

あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパッていたり、疲れているだけなのかもしれません。

そんなとき、できればこちらもマイナスな影響を受けないように気をつけたいものです。米メディア「Higher Perspective」で紹介されていた、ネガティブな感情を受け流す方法は、以下の通り。

01.
最終的には
責任を持って自分で決める

Medium ea9df6cf86067911970871506f9795af8f2d082f

何をするべきか、どんな方法で実行するべきかは、すべて自分で決めるべきです。なぜなら、あなたの評価を決めているのは第3者かもしれませんが、自分の気持ちを決めるのは、他でもないあなただからです。

誰かの影響で物事を決めるのではなく、自分自身の意思決定の上でやり遂げるべき。まずはそれが、他人の言葉に左右されないための第一歩です。

02.
ひと呼吸、置いてみる

ネガティブな発言をされたとき、一旦考えるのをやめて逃避してみるのもオススメです。いつも真正面から受け止めていたら、こちらがパンクしてしまいます。

どうしても納得できないようなことを言われたときは、外に出て自然と一緒に時間を過ごして、感情を浄化するとグッド。おいしくて新鮮な空気をイメージしながら思い切り吸って、悪いもの全てを出すつもりで息を吐ききる。

そうやって意識とともに深呼吸することで、心を落ち着かせることができるはず。

03.
いざというときは
無視したってOK

Medium ce51bbf3573ac2749aca2697545d96e3f7118740

寄生虫のように誰かに寄り添い、マイナスなエネルギーを与えてくる人はどこにでもいるもの。そういうときは無視するのも全然アリです。そうすることで彼らの影響範囲の外に出ることができるからです。

後ろ向きな意見なら聞く必要もないし、知らんぷりも有効な手段のひとつです。

04.
全ての人を
納得させるなんてムリ

ときには諦めることも大切です。ため息をつく毎日が続いているあなたは、全部完璧にやり遂げるなんてムリってことを思い出しましょう。

周りの人を100%納得させなくてもいいんです。いい意味で「諦める」ことによって、平常心を保つことができます。努力の方向性を見直す意味でも、たまには「もう無理!」と一線を引いたほうがいいときもあるんです。

Licensed material used with permission by Higher Perspective
心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
「なんだか最近ツイてない…」「私、負のオーラが出ている気がする」きっと、誰にでもそんな時期があるはず。でも、実はネガティブな気を寄せ付けない方法があるみた...
失敗、挫折、失恋…、一度悪く考えてしまうと、どんどん負のスパイラルの深みに嵌まることがあります。いわゆる“ヘコんだ”とき、実はこのときが、「最も危険な負の...
日本発祥の民間療法として、欧米を中心に海外で関心を集める「Reiki(レイキ)」。その、レイキマスターBrett Bevell氏の言葉を借りれば、健康に生...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
何かとくべつ疲れることをしたわけでもないのに、なんだか毎日ヘトヘト。本当はいろいろ趣味にも精を出したいのに、たまの休日はそれどころではなく寝てばかり。そん...
新たなライフスタイルを提唱する「becomingminimalist」のCEO、Joshua Becker氏は、「私たちが価値を感じるものは、年々変わって...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
生きていく上で切っても切り離せないのが「人間関係」。異なる考えを持つ者同士、わかり合えないのも当然と言えるかもしれません。ここでは、家入一真さんが発案し、...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
昨今よく取り上げられる「EQ」。これは、自分と周りの感情をうまく読み取ることができて、適切な行動をとれているかどうかを基準を表す「心の知能数」。この指数が...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
感情ってとてもやっかい。自由に操れたらきっと人生はうまくいくのに、こちらが感情に振り回されて後悔することの方が多かったり。こんな悪いサイクルから抜け出す方...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
ロンドンのとあるバーに貼られていたという、一枚の紙。そこに書かれていたのはとてもネガティブな「文章」でした。pic.twitter.com/q3BReod...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...