「不安情報社会」の波に呑まれないための方法

この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる。ここでは、「不安情報社会」の現状と、その波に呑まれないための対処法を紹介しよう。

老後に1億円も必要だって
誰が決めた?

私は、講演会やセミナーを開くことで、たくさんの読者や仲間と接してきた。そして強烈に感じたのは、「いろいろな不安を抱えている人がこんなに多いのか!」ということだった。愕然とした。マジでヤバいと思った。そのような人たちの大半は、セミナーに申し込んだり、ネットの塾に入ったり、教材を買ったりと、答えの出ないところに迷い込んで、さらに悩みを深めてしまっている場合がほとんどだ。

私が常に言い続けてきたのは、「不安なんて幻想だ」ということ。どうして頭を痛めているのか、エネルギーを使うのか、何におびえているのかと、ずっと言ってきた。しかし、問題はそう単純じゃない。冷静に考えてみると、ある要因が浮かび上がってきた。

shutterstock_160644944_2

それは、社会全体が「不安情報だらけ」だということ。インターネットでは、「老後には1億円は貯めないと、まともな生活ができません」など、とにかく不安を煽る内容の情報が多いのだ。これはファッションでも同じ。「この服着たらダサいよね」とか「彼女ができなかったら人間としてダメだよね」など。はっきりいって大きなお世話である。では、なぜこのような状況になってしまったのか?

戦後、一丸となって成長してきたこの国は、世界でも類のないほど豊かになった。国民のほとんどが中流意識を持ち、物質的にも恵まれた環境が整っている。何も買えないのではなく、もうほとんどを所有し、実は欲しいものなんて何もない。

不安な情報を流さない限り、誰も何も買わない。必要なものは、もはや手に入ってしまっている。何も買われないと企業は発展しないので、企業側は不安な情報を流すことで購買意欲を煽る方法を練る。それが、今私たちが生きている社会だ。

人生や夢さえも選択できない
「不感症人間」を製造

shutterstock_268812017_2

私たちの大半が、自分の人生や生き方や抱く夢を決められない状況にいるなら、それは誰かの「好き」「嫌い」を自分の意志で選択しているように思い込んでいるだけなのかもしれない。だから、なんとなく生きづらい、生きている気がしない、一生懸命に生きる気力が湧いてこない…という事態が起こる。

これは誰か個人のせいというわけではなく、学校教育を中心とした社会のシステムが、長い時間をかけて感情を押し殺して生きる人間を製造してしまった結果かもしれない。自分自身の感情を抑える、周りから押しつけられたキャラクターを演じなければいけない…この両方によって感覚が麻痺してしまい、素直に演じることができない「不感症人間」にされてしまうのだ。

精神世界や現実逃避に走るのは
「暇」だから!?

なぜ誰もが現実逃避することができるのだろうか。簡単にいえば、「暇」だからだ。どういう意味で暇かというと、「生きるため」に暇だということだ。

日本で暮らしているほとんどの人は、死への恐怖がない環境で生きている。餓死する恐怖もないし、空爆にさらされるような恐怖もない。時々、凶悪犯罪は起きるが、外国に比べたら超安全な国。こういう環境において、私たちは「リアル」に死を意識することができない。

でも、「死」がないと「生」を意識することは難しい。あまりにも「死」を日常で感じることができないために、「生」を感じることもできなくなってしまった。「死」や「生」は、とても身体的なものだ。もはや、身体的な感覚すらも麻痺してしまうくらい現実から離れている人が多いのが今のこの国の現実なのだ。だから精神世界や夢という現実逃避に走る人が後を絶たない。

「不安情報社会」の
餌食にならないために

ここで、私たちがこの社会の中を生きていく方法を2 つ提示してみたい。ひとつは、「不安情報だらけだという前提で生きること」。あらゆる情報に対して信じないと頑に思うのではなく、自分にとって欲しいものなのか、必要なものなのかを考えること。あくまで世の中の不安を煽るような情報というのは、意図があって働いていると把握すべきだ。

もうひとつは単純なことだ。「目の前のことに集中しろ。今この瞬間に、正直に生きろ!」これしかない。これができなければ、絶対にあらゆる点でうまくいかない。「自分は運が悪い、火消し人生だ」と自分のことを卑下する人は、心ここにあらずで、いつも不安な情報に煽られながら、起きもしない将来の不安を考えたり、過去の出来事にとらわれたりしている。実はそのような人こそ、「不安情報社会」の格好の餌食となっているのだ。

人生においては自分の思いや感情を正直にさらけ出し、目の前にいる人と真剣に向き合いながら、お互いが共感し合うことで、瞬間にいい関係が生まれたり、価値が生まれたりするのではないか。これは人生において重要なポイントである。

超一流の二流をめざせ!
コンテンツ提供元:サンマーク出版

長倉顕太/Kenta Nagakura

プロデューサー、コンテンツマーケター。編集者としてベストセラーを連発。10年間で手がけた書籍の販売部数は1000万部以上に及ぶ。現在は独立し、コンテンツ(書籍、電子書籍、オウンドメディア)のプロデュースならびに、これらを活用したマーケティングを個人や企業にコンサルティング。無名の新人をプロデュースして、ベストセラー著者へと導く手腕が高く評価されている。

「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
「Collective Evolution」で、ライターのDanielle Fagan氏が不安症の人に効く3つの方法をまとめています。Fagan氏は、ある...
“Facebookページにいいね!してくれたら、一杯無料”。そんなコーヒーショップが目の前にあったら…、何の気なしにアクションしちゃうかも。でも、そこから...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
「私がFacebook上で、よく使う言葉は?」最近よく見かけるこのフレーズ、気軽に遊べるクイズアプリとして知っている人も多いはず。ですが、その際に参照され...
仕事や恋愛、将来のことを考え出すと、不安が不安を呼んで「眠れない夜」を過ごすこともあるでしょうか。ここでは「Elite Daily」のライターNikki ...
果たして、いまやっていることが自分に向いているのだろうか...。心を不安にさせる要素は、掘り出せばいくらでも出てくるもの。でもその一つひとつに囚われすぎて...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
ここに紹介する「不安解消テクニック」は、ライターPhil Mutz氏があらゆるトラベルガイドから、情報を選出したものですが…日本人からするとツッコミどころ...
彼氏がなかなかできずに不安を抱いている女性も少なくないでしょう。今回は彼氏ができない不安をもつ女性たちに向けて、不安を解消する方法を提案していきます。どれ...
Kara DeMaioは、不安や緊張など、あらゆるストレスに打ち勝つための対処法を学んできた女性。ここでは、自身の経験から6つの方法を紹介しています。シン...
Steven Bancarz氏が立ち上げたメディア「Spirit Science and Metaphysics」。その中で、起業家でビジネスコーチのAm...
TABI LABOは、これまでの公式Facebookページに加え、 カテゴリ別のページを設置し、記事の配信を開始!第一弾の「TL Beauty」に引き続き...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
毎日生きていると、楽しいときもあれば、悲しいときもある。そんなとき、マイナスな感情を表に出すのはちょっと…と思いがちですが「そんなときこそ、潔く泣いてしま...