「社交不安障害」に関する最新の研究結果。IQが高く、人の痛みに敏感!?

社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い現在の名称に変更されたようです。
そんな症状に苦しむ人々には、いくつかの共通点があることがわかりました。アメリカの現状と3つの大学による研究結果をまとめた「Higher Perspective」の記事を紹介します。


悩む男性

精神疾患の中でもとりわけ不安障害は、アメリカで最も一般的な病気だ。人口の18%にあたる4,000万人もの成人がこの病気で苦しんでおり、特に社交不安障害については人口の約7%、およそ1,500万人が患っているとされている。なぜこれほど多くの人が不安障害で苦しんでいるのかを掘り下げると、そこにはうなずくべき理由がある。
アメリカ社会は偏見や先入観で満ちている。肌の色や性的関心、確定申告の税区分ですら周囲と異なれば社会から受け入れられるのは難しい。だからこそ、国民が広く不安を感じているのだ。

それにもかかわらず、カナダのレイクヘッド大学が、「社交不安障害には驚くべきポジティブな側面がある」という興味深い研究結果を報告した。研究チームによると、社交不安障害を持つ人は、言語知能テストにおいて社交不安障害がない人よりも高い点数をとったという。
加えて、ニューヨーク州立大学ダウンステート・メディカル・センターの研究で、「深刻な社交不安障害を抱える人は、そうでない人に比べIQが高いこと」が判明した。

“気づいてしまうこと”が
自分を苦しめることに・・・

悩む女性

さらに、イスラエルのハイファ大学心理学部が発表した研究結果も興味深い。実は、彼らには「高い思考能力と感情移入能力」があることが分かったのだ。加えて、深刻な不安障害で苦しんでいる人は社会性が高く、他人の心理状態に敏感で注意深いことも判明。彼らの症状は、他人の気持ちが分かりすぎてしまうところに起因しているのかもしれない。

「知らぬが仏」とはよく言われるが、ある意味、“気づいてしまうこと”は一種の拷問かもしれない。周りの人に対して感受性が強くなると、それが心配の種になり、不安として現れてしまう恐れがある。ただし、不安障害に苦しむ人はこうは思わないかもしれないが、「他人の気持ちが分かること」は一つの才能だ。

Licensed material used with permission by Higher Perspective

誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...
Kara DeMaioは、不安や緊張など、あらゆるストレスに打ち勝つための対処法を学んできた女性。ここでは、自身の経験から6つの方法を紹介しています。シン...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
健常者と車いすのダンサーがペアを組んで踊る社交ダンス。パラリンピックの正式種目になるほどの人気スポーツだという。ヨーロッパで広く普及し、日本も競技人口が少...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
仕事や恋愛、将来のことを考え出すと、不安が不安を呼んで「眠れない夜」を過ごすこともあるでしょうか。ここでは「Elite Daily」のライターNikki ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
彼氏がなかなかできずに不安を抱いている女性も少なくないでしょう。今回は彼氏ができない不安をもつ女性たちに向けて、不安を解消する方法を提案していきます。どれ...
果たして、いまやっていることが自分に向いているのだろうか...。心を不安にさせる要素は、掘り出せばいくらでも出てくるもの。でもその一つひとつに囚われすぎて...
あなたの身近にも、心配性で考えすぎの人はいますよね?こちらがどれだけポジティブな言葉をかけても、まったく効果なし。時には、イライラしてしまうこともあるでし...
ここに紹介する「不安解消テクニック」は、ライターPhil Mutz氏があらゆるトラベルガイドから、情報を選出したものですが…日本人からするとツッコミどころ...
「Collective Evolution」で、ライターのDanielle Fagan氏が不安症の人に効く3つの方法をまとめています。Fagan氏は、ある...
恋愛って、最初が一番ドキドキするもの。相手によく見られるために、メイクや服装から態度まで必要以上に無理したり…。心が弾むこともたくさんあるけど、まだあまり...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
障害者に対して入場料の割引を実施しているテーマパークはたくさんある。けれど、入場してから本当に楽しめるかどうか、は別の話ではないだろうか。きっと、パーク内...