不安が不安が呼んで爆発しそうなとき、自分に言い聞かせるべき5つのこと。

仕事や恋愛、将来のことを考え出すと、不安が不安を呼んで「眠れない夜」を過ごすこともあるでしょうか。

ここでは「Elite Daily」のライターNikki Zarrellaさんがまとめた、不安がとまらないほど負のスパイラルに陥ったときに、立ち直るための方法を紹介しましょう。

01.
今を耐えれば、やり過ごせる。

0b7344ebf241301c9885f9d95b651d44dfc72e54

「この悩みも、一時的なもの」。そう自分に言い聞かせることで、少しは前向きに進んでいけます。

人生は続くもの。最低の1日を過ごした日は、明日があるということを忘れてしまいがち。だけど、誰にでも朝は来るのです。みんな夜を越えたら、昨日より落ち着いている自分がいることを経験上は知っているのです。

02.
「孤独感」に襲われたら
自分から外に出ていくこと

自分から「ふれあい」を求めることが、孤独感の解消に繋がります。

友人たちに囲まれていても自分はたったひとり…。悩みを抱えているときは、そういう風に孤独感を抱きがち。でも本当にあなたは孤独なのでしょうか。今までに悩みごとを聞いてくれた家族や友人はいませんでしたか?

もっと気軽に、悩みを人に聞いてもらいましょう。家族や友人がムリなら、セラピーを利用してみるのも手です。

セラピーにも抵抗感があるのなら、ペットを飼うとか猫カフェに行くことで孤独感を消したり、地元のボランティアに参加したり、ジムに行ってヨガやピラティスなんかをするのもいいと思いますよ。

03.
それは「最悪」ではない

F4f93dd20289a6b451403f7aa5430f5083879a6e

前向きな解決のために動けるように「この程度で済んでよかった」という認識に変えて、状況を自分がコントロールできている、と意識してみてください。

本当に今が「最悪」の状態なのでしょうか?
もっと悪くなる可能性もあったのではないでしょうか?

物事が悪い方向にいくときには、できるかぎりの手を尽くしたはず。それなら、今の悪い状況が最小限に食い止めることができた結果なのです。

04.
むしろ「好転」している
と考える

自分が「最善の選択肢」を選んだことを忘れてはいませんか。今の状況は、あなたが素晴らしい選択をした結果なのです。

評価をされない仕事を辞めて、リセット。ズルズル続いた恋人関係に終止符。

その選択をしなければ、同じ毎日が続いていたはず。さらに、それが人生のすべてというわけでもないのに、落ち込む必要はないのです。

明日から、また始めればいいのです。人生の新しい旅が始まるのです。

05.
自分ならできる

264aba9bd7c4cd879fb6ad4cc8ecff7ec31741f1

去年の今頃は、何に悩んでいましたか?

多大なエネルギーを費やして悩んでいたことがあったとしても、1年経った今もまったく同じことで悩んでいることを想像できます?きっと、意外に平気なんじゃないでしょうか。

ここで、自己啓発の師、デール・カーネギーの名言を贈ります。

「人生は長い旅路のようなもの。だから心配事や不幸せな状況に身を置いて、時間を無駄にしないでください。

過去に悪い経験をしたことがあるでしょう。でもやり直すことはできるのです。その経験はあなたを強くします。

だから変えましょう。段階を踏んで、新しい経験を創造するのです。

日々、自分について何かしら学んでください。瞬間瞬間を大切に、決して無為に過ごさないでください。最も大事なことは、与えられた人生を楽しむこと。人生が過ぎ去るのはとても速いですから」

Licensed material used with permission by Elite Daily
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
Steven Bancarz氏が立ち上げたメディア「Spirit Science and Metaphysics」。その中で、起業家でビジネスコーチのAm...
果たして、いまやっていることが自分に向いているのだろうか...。心を不安にさせる要素は、掘り出せばいくらでも出てくるもの。でもその一つひとつに囚われすぎて...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
「Collective Evolution」で、ライターのDanielle Fagan氏が不安症の人に効く3つの方法をまとめています。Fagan氏は、ある...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...
彼氏がなかなかできずに不安を抱いている女性も少なくないでしょう。今回は彼氏ができない不安をもつ女性たちに向けて、不安を解消する方法を提案していきます。どれ...
ここに紹介する「不安解消テクニック」は、ライターPhil Mutz氏があらゆるトラベルガイドから、情報を選出したものですが…日本人からするとツッコミどころ...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
いつもより、時間にゆとりのある日曜日の朝。じつは普段気づき難いことを考えるのに、とてもいいタイミングなんだとか。のんびりと過ごして疲れを癒すのもいいですが...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
Kara DeMaioは、不安や緊張など、あらゆるストレスに打ち勝つための対処法を学んできた女性。ここでは、自身の経験から6つの方法を紹介しています。シン...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
いつも不安やストレスを抱えている人は、自分勝手になることが1つの対処法になるかもしれません。なぜ?という理由を解明してくれるのが、「The School ...
恋愛って、最初が一番ドキドキするもの。相手によく見られるために、メイクや服装から態度まで必要以上に無理したり…。心が弾むこともたくさんあるけど、まだあまり...