多くの人に知ってほしい。マンガで解説する「鬱病と不安障がい」

精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞれの症状との付き合い方を詳しく表現しています。

心の病に悩む人々は少なくありません。その気持ちを理解するための材料としても一度読んでみては?


01.

Ead1195b302d9c6d4489fa35969030ae2428c2f3

「わたしは鬱病と不安障がいを持っている」

02.

C40f9f15cb1d2367016c8584e4bc2224d6c8c8e5

「元気でいることができず、何もやる気が出ない」

03.

849f2ece2842324f3af43ca9a5983588ac9de904

「薬を飲んでもダメ。ベッドから出るには、自分に鞭を打って無理やり外に追い出さないといけない」

04.

3caa7b49bbdd3732a5458d6ea30376b60dcd6a63

「ママはこんなふうに言ってくる。

『昨日はあんなに楽しそうで元気で、いろいろできたじゃない』

(考えるだけでもうんざり)」

05.

199c9c86fe0ec863ce146704b51df2f12e2789c3

「だから、ママにはこう話した。鬱と不安はチームメイトで、わたしは彼らとは違うチームにいるんだって」

06.

E2198f7b6e83f1a7ad4673b3d2d73f04cfc905ed

「彼らのゴールは、わたしの足を引っ張ること。それだけ」

07.

90d6f2a6511992f9d5caab21ee943eb60fed8280

「ふたりは、わたしの被害妄想を膨らませる」

(みんなが後ろで話していること、きっときみの話だよ・・・)

「ふたりは、わたしなんか役立たずだって思わせてくる」

(大丈夫、きみなんかいなくたってみんな楽しくやってるよ)

08.

2db5e857891ef3d528f8cc794ee25e0af91f0f5c

「そうしてわたしから元気とやる気を全部奪い取っていく」

(もし彼女が誰かにこのことを話したらどうしよう!)

(心配ないよ。ぼくも彼女のやる気を奪っておいたから。)

09.

D57eaafec20edaa01037edb5a0549f07f2c1d635

「でも、彼らは時たま休暇に出かけてしまうことがある」

(荷物は持った?どうやっていくかわかるの?)

10.

8eb11cd4810509c4495b1e47a926c9606aaad44f

「その旅行がどれだけ続くのかわからない。でも、わたしはその時だけ…」

11.

6acd5d89080b6ac09c72864706a9dda39a1d7013

「元気もやる気も取り戻せる」

12.

A47fa527bcc5c88e82afb4c67dff95920a0dbafa

「わたしはがんばれる。彼らがいない間なら」

13.

Cfa57b4db4c4dd92a5faf921fbd8e1de4f98e6f4

「だって、彼らがいつ戻ってくるのかわからない。何日後になるのか、はたまた何時間後か」

14.

546ba45bf5bc6a1c663467359b85504aed76f4ed

「わたしにはわからない」

(戻ろうか)

15.

Af2661c4696be06e350b614f8c12af3c67993cbf

「わたしは、ふたりが旅行から戻ってきた時のために、闘う準備をしなきゃいけないって知ってる」

26d8d8eca028c9144ee9ba3e3f85f459c2e5f85a

Licensed material used with permission by Sarah Flanigan

「鬱病=黒い犬」心の病を患っている人の精神状態や葛藤を、犬になぞらえて表現した動画があります。たとえるならば、鬱病は「黒い犬に体を乗っ取られたようなもの」...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
英語で「I have butterflies in my stomach=お腹に蝶々がいる」は、緊張している状態を指す。自らをフォトアーティストと呼び、ニ...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...
「鬱病」の実態はあまり知られていないのが現状。今回は、その原因と薬に頼らず克服する方法がまとめられた記事を紹介します。著者は、セラピストとして40年以上活...
Steven Bancarz氏が立ち上げたメディア「Spirit Science and Metaphysics」。その中で、起業家でビジネスコーチのAm...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「Collective Evolution」で、ライターのDanielle Fagan氏が不安症の人に効く3つの方法をまとめています。Fagan氏は、ある...
愛は美しい、というイメージがありますが、本当にそうなのでしょうか?得るのは困難なのに、失うのは簡単。人を狂わせ、時には死へ追いやることすらあります。ここで...
果たして、いまやっていることが自分に向いているのだろうか...。心を不安にさせる要素は、掘り出せばいくらでも出てくるもの。でもその一つひとつに囚われすぎて...
無自覚のうちに、心の病にかかっていたKelly Nelsonさんは、家族の死をきっかけに自分の心に疑問を持つようになったと言います。ひとりになることを過度...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
仕事や恋愛、将来のことを考え出すと、不安が不安を呼んで「眠れない夜」を過ごすこともあるでしょうか。ここでは「Elite Daily」のライターNikki ...