8つの「不安障害」のサインを見逃してはいけない

誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうことも。

でも、もし何ヶ月も不安な状態が続いていたり、何度も症状が繰り返されるようなら「全般性不安障害(GAD)」を疑ってみたほうが良いかもしれません。

Little Things」のLaura Caseleyさんによる、GADの可能性がある8つのサインを見てみましょう。

01.
とにかく、ずっと不安が続く

Medium 7dd42d900ec9a678f5628b06c3ad8ca7b3f211d8

何も問題が起きていないのに、ずっと不安を感じることはありますか?そのせいで何も楽しめない時がありますか?

何か大きな転機や変化などがあって不安なのは、当然のこと。でも、小さなことでもずっと不安に感じてしまうのであれば、GADの症状を疑ってみたほうが良いかもしれません。

02.
強い恐怖を感じてしまう

夜道で角を曲がる前に毎回恐怖を感じる、電話が鳴るたびにビクっと怖くなってしまう、なんてことはありませんか?

人生がとても不安定なバランスの上に成り立っていて、ほんのちょっとした出来事でもすべてが崩れてしまう…そんな風に考えてしまうなら注意が必要です。

03.
睡眠トラブルが多い

ひと晩中眠れない、眠ってもイヤな夢を見て、目が覚めてしまう。朝起きたときに疲れが取れずに緊張したまま。

こんな睡眠トラブルも、不安障害のサインです。

04.
腹痛に襲われ
つねにトイレが近い

Medium 58959f33ac86caeff5542483a115ee67f8ccf141

お腹が張っている感じがして、痛みがある。お腹には何も入ってないはずなのにトイレに行きたい…。そんな腹痛が続くのも不安のサイン。

05.
体が緊張していて
痛みがある

不安を抱えているということは、リラックスできていないということ。とくに筋肉が緊張している状態になります。痛みを感じる場合、ストレスや不安で体が固まってしまっているのかもしれません。

06.
強迫行動が現れる

不安は、ときに行動になって現れます。その一種でもある「強迫行動」は、ある特定のことをせずにはいられなくなり、同じ動作を繰り返してしまうこと。

場合によっては、自傷行為につながることもありえます。自分に現れる兆候を、もっと注意してみましょう。

07.
汗が止まらなくなったり
震えたりする

大勢の前で発表などをしなければならないとき、冷たい汗をかいて、指先が震えているのを感じたことがありませんか?

こういった症状が日常的に続いていたら、不安への「反応」なのかもしれません。

08.
動悸が激しい

Medium 2bd3c5b341ccd7e9a6e71eedb78a6125fc4db5f6

物事が順調にいっているはずなのに、なぜだか動悸がする。そんなときもGADの疑いがあります。とくに大きな出来事ではない、ほんの小さなことでも心臓がバクバクいってしまうときは、早めに医師に相談してみましょう。

Licensed material used with permission by Little Things
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
果たして、いまやっていることが自分に向いているのだろうか...。心を不安にさせる要素は、掘り出せばいくらでも出てくるもの。でもその一つひとつに囚われすぎて...
ここに紹介する「不安解消テクニック」は、ライターPhil Mutz氏があらゆるトラベルガイドから、情報を選出したものですが…日本人からするとツッコミどころ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Kara DeMaioは、不安や緊張など、あらゆるストレスに打ち勝つための対処法を学んできた女性。ここでは、自身の経験から6つの方法を紹介しています。シン...
彼氏がなかなかできずに不安を抱いている女性も少なくないでしょう。今回は彼氏ができない不安をもつ女性たちに向けて、不安を解消する方法を提案していきます。どれ...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
「Collective Evolution」で、ライターのDanielle Fagan氏が不安症の人に効く3つの方法をまとめています。Fagan氏は、ある...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
仕事、恋愛、お金、家族、人間関係etc…。ストレスを無意識のうちに抑圧してしまうと、どんどん自分を追い込んでしまう結果にもなりかねません。「Elite D...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Steven Bancarz氏が立ち上げたメディア「Spirit Science and Metaphysics」。その中で、起業家でビジネスコーチのAm...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
ストレスで毎日イライラ。心穏やかにする、手軽な方法があればいいのに…。なんて思ったことありませんか?「I Heart Intelligence」のライター...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...