「自分を傷つけることで楽になる」聞きたくない言葉だった。

「自傷」は、とても複雑な精神状態が生む行為。なぜ自分自身を傷つけ、痛みを感じなければならないのか。正直、理解できない人が大半かもしれない。

動画メディア「Cut」は、自傷経験のある女性たちを呼び集め、そんな彼女たちのありのままの声を記録しました。

切りはじめたきっかけ

809ba89fbb72ab29ce4e49c6a0858d2de224f9db

「中学の時に、鬱・不安障害と診断されたの。この世の終わりかと感じたわ」

B7ad080e089825a801f765734f2785e6d48744fc

「私の鬱には怒りがあって、他人に対して攻撃的になってしまうの。でも思い返してみると、とても罪悪感を感じて、なんで他人にこんなことしてしまったの?自分はここにいるべきではない、生きるべきではない、と思ってしまうの」

A383eb3e46398c5ede9877dab3e050953c0bf5ba

「以前、とても不健康で不安定な恋人との関係があったの。そんな中、とても切れ味のあるナイフを調理用に買って使ったんだけど、偶然腕を切っちゃって」

どういう気持ちになる?

Bc0952162d7da2021fda8b5eb2e914886db18bf4

「友達に“考えることが楽になるよ”と言われたから始めてみたんだけど、でも本当はその考えが奥に押しやられるだけなの。ただ、いつの日か10倍になって戻ってきたりするのよね」

75ec9be6fdc4ffde2495587a6335bb135b52b4ce

「罪悪感を少しでもなくす時に切っちゃうんだけど、他の罪悪感が積み重なってしまうわ。例えば、他の人に傷をみられたらどうしよう、どんな風に思われるんだろうって不安が出てくるの」

今はどう?

4a05e248c1229a286a8ebc502011d2294666cb46

「友達が学校のカウンセラーに相談したら?と気遣ってくれた。はじめはその人たちが大嫌いだったけど、今思うと、とても感謝しているの。私のことをすごく心配してくれて、本気で向き合ってくれたから」

52e314212580e9987ee627f44fc2e5bf57969736

「ここ最近はしようと思わなくなったわね。セラピーのおかげだと思う。そういう機会で、一気に吐き出せてとても助かったわ」

75eb57dc758f4377a606bb7a5d5b05a9013d2aab

「私は、グループセラピーに通い始めたの。他の人たちも同じ気持ちであることを知れるのは、私の支えになるの」

Bd0cb1b167a1ba71a1226ecde02f4ed4c9a03c48

「今は、別の習慣を身につけているわ。例えば、外へ出て散歩したり、ドライブしたり。あと大音量で音楽を聴いたりね」

57130427436b95d6b2a4f6b4b8f85673e02a5536

「私は毎日ペンやマジックを持ち歩いているの。それで自分を切りたくなった時は、絵を描き始めることにしているわ。絵を目の前にすると、視覚的に落ち着くし、他の人も自分も傷つけないしね」

今回出ている女性たちは、「自傷」を乗り越えたり、または乗り越えようとしている人たち。周りの支えや認識があったからこそ、今の彼女たちがあるのです。もし身近にこのような人がいたら、積極的に声をかけてあげることで、サポートできるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Cut, (Youtube), (Facebook), (Twitter)
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリ...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
物理的な暴力とは違って、なかなか分かりにくいのが心理的な虐待。あなたも知らずの内に、被害者になってるかもしれません…。ここで紹介するのは、精神的な攻撃をし...
精神的なことは、目に見えないからこそ周囲に伝わりにくい面がある。が、周りが思う以上に、症状が悪化していることも。不安に襲われパニック発作を起こしたことがあ...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
もしかすると、普段口にしているその食品は、あなたの脳を傷つけているかもしれません。「Power of Positivity」に掲載されたこの記事から抜粋し...
体と同じように、心だって風邪を引くことがあります。「Elite Daily」の人気女性ライターGigi Enagaleさんは、自身がうつ病で苦しんだときの...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
「精神的に強い人」と、ただ「強いフリをしているだけの人」とでは、そもそも考え方に決定的な差があると豪語する、作家のAmy Morinさん。彼女の考察が面白...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
一般的に、男性が守ってあげたくなる「弱さ」が、女性の魅力だとされる風潮があります。しかし、ここで紹介する「Thought Catalog」の記事は、正反対...
Mark Divine氏はアメリカの特殊部隊ネイビーシールズに20年間在籍していた元隊員です。格闘技を30年間、ヨガを15年間、それぞれトレーニングを積ん...
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
エックハルトは、現代を代表する精神的指導者。「The Power of Now:悟りを開くと人生はシンプルで楽になる」「A New Earth:意識が変わ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...