「精神障害」で苦しむのは本人だけじゃない、壊れそうな心を救う絵。

心の病を抱えた家族とともに暮らす、アーティストのJoshua Mielsが描いた肖像画。何層も塗り重ねられたカラフルな油絵の具は、彼が心に秘める感情があらわれたように「熱」を感じる。

幸せも悲しみも、
すべて「顔」にあらわれる

C1d40b57340c04a5b33a3d0b5d0ee3241eaf3aa7F7ee133035aee8c18e90fa82d87d679805c02d1b

Joshuaが描くのは、主に男性の肖像画。なんでも、家族の影響により男性のメンタルヘルスについて考えるようになったそうなんだ。「顔」を描くようになったのはカラダの中で心が一番あらわれる部分だから。

「誰かを救うことができない自分。心を助けられないのは、僕にとってはもっとも残酷なこと」

これは、Joshuaに家族の心の病について聞いたときの言葉。もしかしたら、今にも心が壊れそうな大切な人を自分の力だけでは助けられない、己の無力さを感じたことがあったのかもしれない。でも、絶望するのではなく、見えない病と闘おうと決めた彼。

自分の家族をはじめとする、「精神障害を抱えるすべての人々を救いたい」と、パレットナイフを力強く握りしめて決意したのだった。

誰かの「心」に触れる絵

A96fd2a8ccd2b4e963a7856676bcffa15d757318Ee1b7afc9204cb672691b55e5f8f2c4caafd61e5Fecc46b92373e15bf13e50696b8d584b2d012e13A88b96be716ae1e591d80e335edf964790c92edf1ec8214b30c4feb8b7cc34e3a6b5371f1d247a05Bbef17df9bb994cd6414b9436df438e61646dceb

まだまだ心の病を理解する人は少ないとJoshuaは思っている。自分の作品を見た人たちが、心に寄り添ってくれるキッカケになるように。そんな願いも絵に込められているんだ。

彼の描く「感情」から、新たに感じることの喜びや、心の奥底に眠る気持ちを呼び起こす人もいるかもしれない。絵から感情が流れ込んで、見ているうちに新たな気持ちが芽生えそうと、私は思った。 たとえ、それが悲しい気持ちであったとしても。

人の心に触れて理解することの大切さを彼は教えてくれたような気がした。

Licensed material used with permission by Joshua Miels, (Instagram)
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
時々セレブが患っているとしてその名があがる、強迫性障害(OCD)。あなたはどれほど説明ができるだろうか?身近でこの疾患にかかっている人がいなければ、詳しい...
イラストレーターとして活躍するArt Yeuh! Studioは、「空白不安症候群」を患っています。初めて聞く名前の人も多いと思うのですが、これは精神障害...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
白と黒だけで表現されたこの一枚の絵、あなたには何に見えるでしょう?絵の中に潜むあるモノを見つけ出してしまった人。ひょっとしたら、アナタには“見えないものが...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
つらい経験をした時、病気になってしまった時、人には支えとなるものが必要です。うつ病に苦しんでいたフォトグラファーのDanielle Harkさんにとって、...
障害者に対して入場料の割引を実施しているテーマパークはたくさんある。けれど、入場してから本当に楽しめるかどうか、は別の話ではないだろうか。きっと、パーク内...
子どもの頃、障害物コースが好きだった。普通の公園に物足りなさを感じていた僕たちにとって、丸太やタイヤやロープなどで作られた空間は、新鮮で、胸が高鳴る興奮を...
「精神的に強い人」と、ただ「強いフリをしているだけの人」とでは、そもそも考え方に決定的な差があると豪語する、作家のAmy Morinさん。彼女の考察が面白...
まずは難しく考えず、パッとこれを見て下さい。写っているのは、誰もが知っている著名人の目元。ここだけではかなり難易度が高いですが、誰だかわかりますか?そして...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
芸術家肌かどうかは、遺伝子でわかる?そんな調査結果が科学誌「ネイチャー」に発表されました。特定の遺伝子パターンを持っているかどうかで、アーティストの創造性...
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
マインドフルネスの定義は、「今この瞬間に、価値判断をすることなく、注意を向けること」。この根元にある概念は、日本人にも馴染みが深い「禅」に通ずるものがあり...