うつ病の友だちや家族がいる人に読んでもらいたい「経験者の独白」

体と同じように、心だって風邪を引くことがあります。「Elite Daily」の人気女性ライターGigi Enagaleさんは、自身がうつ病で苦しんだときの経験をもとに、ゼッタイにやってほしくない19のことをまとめました。

理由もなく不安になり、気持ちを落ち着かせる方法もない。ただ落ち着くのを待つしかない。そして誰にもコントロールできない。だから自分も相手も困惑する。そんなとき、どう行動するべきかのヒントを見つけましょう。

01.
急な用事を頼んで
相手の予定を
ぐちゃぐちゃにする

9323974624a9a5904b0dd333f015ab1ac218a643

心の病をもつ人は、自分が1日でやるべきことのリストをつくり、その通りにしないと心が乱れてしまいます。健康な人には想像しづらいかもしれないが、ほんの小さなことでも混乱してしまう傾向にあります。

用事を頼むときは早めに声をかけ、やることリストに入れてもらいましょう。そして、焦ることなく気長に待つことが大切です。

02.
言葉をそのまま受け取って
放っておく

「放っておいてくれ」と言われたとき、本当に放っておいて欲しいのか、それともつらくて本当は一緒にいて欲しいのか、見極めなくてはいけません。不安定でコロコロ変わる気分を読み解くことが、幸せの秘訣です。

03.
服用している薬について
口出しする

心の病を治療するには、薬が必要になることもあります。あなたが医者でもない限り、むやみに薬の量や内容について口出ししてはいけません。ただし、誰が見ても明らかなほどに間違った量を服用しそうになったら、そっとサポートしてあげましょう。

04.
「呆れた」という態度を
見せない

6d79357c399ed7d7b44528459f00d8ebd045d5e0

ものすごく些細なことがストレスになってしまうこともあります。ひどい場合は、それを想像するだけで心臓がドキドキしてしまうことも…。そんな場面に触れたとき、呆れて無理強いするのではなく、寛大な気持ちで受けとめてあげてください。

05.
「ストレス発散」とお酒を
たくさん飲ませる

心の病と二日酔いの組み合わせは、サイアクです。アルコールは人間を不安定にするからです。たとえ飲んでいる最中は機嫌が良くても、翌日のストレスを大幅に増長させてしまいます。

もしも気持ちに余裕がなさそうだったら、ハーブティーをいれてあげたり、散歩に連れ出してあげるといいかもしれません。

06.
落ち着かせようと
無理に休ませる

不安だと心に余裕がなくなり、リラックスしている時間さえも無駄に思えてきます。ゆっくりと過ごすことが、クリエイティブなことや仕事をするための時間をドブに捨てているようにすら感じられるのです。せかせかしていても、無理に止める必要はありません。疲れてきたら、自然とあなたのところに戻ってくるでしょう。

07.
「まとめてから話せ」
と責め立てる

Ec6ff2222cb7b224179e42ba7a9fe2d1714a7873

めちゃくちゃ早口で、全然まとまらない話をまくしたてることがあるかもしれません。そんなとき、話の筋道を立てさせようとすると逆効果につながります。なぜなら、話の内容よりも、ただの不安からそういった行動に出ているケースが多いから。

嵐が去るまでは、なるべく話を聞いて、安心させてあげましょう。

08.
集中しているときに
話しかける

何かに一生懸命取り組んでいたら、できるだけそっとしておいてあげましょう。うまく集中力を切り替えられなくなっているので、作業を中断されると戻るのに時間がかかります。ちょっと無愛想な対応をされたとしても、あなたのことが嫌いになったわけではありません。

09.
目覚まし時計を
鳴らし続ける

482ca01d279d4a7f5d7d992c8b7e6216dd9d0c33

リラックスしていない状態では、眠りは浅くなります。心の病に悩む人は「何時に起きなくては」というプレッシャーを強く感じているものです。もしかしたら、あなたの目覚し時計が鳴ることで、神経に障ってしまう可能性も。少し気を遣ってあげる必要があるでしょう。

10.
病気だから仕方ない、という
そぶりを見せる

「哀れに思われたい」なんて人はいないでしょう。心が不安定な人は、自分の性格に変えられない弱点があり、それが原因で物事がうまくいっていない、ということを自分で理解しています。できるだけ普通に接してあげることが大切です。

11.
パニック中に話しかける

理由なく不安になることが、彼らの特徴のひとつ。相手がパニックになっているときに「大丈夫だよ」「落ち着いて」と声をかけたところで、なかなか状況は良くなりません。最悪なのは「自分だけが苦しいと思ってるの?」などと責め立てることです。

12.
無視をする

497c0accd5c34c4807723c491e033864b2f8b7e4

24時間365日、いつ不安になるかわからないのが心の病です。求められたときには、できるだけ一緒にいてあげましょう。メールの返信だけでもいいかもしれません。「自分は見捨てられるんじゃないか」という不安な気持ちを鎮めてあげられれば、それでいいんです。

13.
「つらいな」と思いながら
付き合い続ける

ひとたび2人の関係がつらいなと思ってしまったなら、離れることも大切です。心の状態に関わらず、相手を愛する気持ちがないとなかなかうまくいきません。少し変わった癖なんだ、と思うことができれば、もう大丈夫です。

14.
発作が起きたとき
むりに対処しようとする

9c008c3de51b1874bba613c816fc6b05f9741595

一旦パニック状態になったら、あなたができる唯一のことは、恋人が落ち着くのを待つことだけ。治療には時間がかかるかもしれませんが、いつかは良くなることを信じましょう。

15.
合理的・論理的に
アドバイスしようとする

合理的かつ論理的に不安を解決しようとしても、状態は良くなりません。助言をしたくなる気持ちをグっとこらえて、代わりに話を聞いて、共感してあげることが大切です。

16.
つい反論してしまう

きつい言葉を浴びせられることもあるかもしれませんが、とにかく我慢が必要です。たとえどんなに理不尽にあなたの言葉を捻じ曲げても、わざとやっているわけではないのです。ワーワー言っているときは、自分でもコントロールが効かなくなっているとき。共感の姿勢を見せてあげましょう。

17.
口喧嘩で言い負かす

35e6a7b45e0463fbf7f514dd33d979edb9eb5d82

これは絶対にNGです。不安でいっぱいの人を言い負かしても、何も得るものがないどころか、傷つけてしまったことに後悔するはず。相手も病を解決しようと必死なことに気づいてあげましょう。甘えているわけでも、かまって欲しいからでもないんです。

18.
計画を丸投げする

心の病を持つと、計画を立てることが難しくなります。優柔不断になってしまい、どのレストランに行くか、というような小さなことでも食欲を失うほどのストレスになり、1日ずっと落ち込んだままになってしまうことさえあるのです。ディナーを何にするか、優しく決めてあげましょう。

19.
心配のしすぎで
臆病になる

小さなことをいつも気にしているということは、あなたの小さな好意にも感謝してくれるということ。もし不安そうにしていたら、お茶をいれてあげるだけでも喜んでくれるかもしれません。

優しさを当たり前だと思わずに感謝してくれる。これは、心の病の「いい側面」でもあるんです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
霧に包まれた暗いジャングルを旅する人。神秘的な感じもする世界は、「うつ病」と戦うために生まれたものなんです。ポーランドを拠点に活動するアーティストのDaw...
孤独を感じていたり、社会的に隔離された状態にいることが、フィブリノゲンという血液を凝固させてドロドロにする成分の分泌に関係していることがわかりました。その...
うつ病に苦しむ妻を献身的に支え続ける夫。ある日、彼女を励まそうと夫はあるサプライズを仕掛けました。愛する夫からの贈り物を得た妻。うつを抱えて生きる彼女の反...
SNSの普及が一概に「良い」と言えないのは誰もが感じているでしょう。いくつもの予期せぬ弊害をもたらしていますが、そのひとつにうつ病患者が自分と他人を比較す...
友だちとの関係を大切にすることは「信頼すること」「許すこと」そして「感謝すること」を学ぶことができます。これらは、恋愛に置き換えてもとても重要なことだと語...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
「Elite Daily」のライター、Lauren Martin氏によると「カップルが別れるように、タイミングによっては友だちとも別れたほうがいい」ときが...
「感謝の気持ちを忘れずに」。そんなふうに言われることはたくさんありますが、多くの場合は、家族や友だちから優しくしてもらったときのことを指しているのではない...
「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
人々にとって動物の面倒をみて、家族の一員として受け入れるのは、珍しいことではありません。しかし、ペットによるセラピーは、うつ病や不安症で苦しんでいる人々に...
精神疾患はなかなか理解されにくい部分も多い病気です。ここで紹介するのは、海外のマンガサイトに投稿された作品。鬱や不安に悩むひとりの女の子が主人公で、それぞ...
いい人生を送るためには、できる限り「いい友人」に囲まれて過ごしたいものですよね。米メディア「Elite Daily」の人気ライター、Paul Hudson...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
1週間に1時間の運動をすることで、うつ病になるリスクは12%も下がるそうです。3万3千人以上のデータから導き出された結果は、「運動強度」にもふれています。...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
物理的な暴力とは違って、なかなか分かりにくいのが心理的な虐待。あなたも知らずの内に、被害者になってるかもしれません…。ここで紹介するのは、精神的な攻撃をし...
その佇まいは、大切な人から届いた手紙のようです。手紙というのは、書いた人の気持ちが込められたものであり、人を喜ばせる魔法の力を持っています。あの名作文学を...