自由に生きるために、今すぐ実践したい「4つのコト」

自由に生きたいとは思いつつ、実際は難しいから…と諦めてはいませんか?じつは、ちょっとした習慣を変えるだけで自由は簡単に手に入れられるんです。

01.
手持ちのデバイスは
iPhoneだけにする

000019366514_Medium

これからはデバイスすらもどんどん捨てていく、あるいは持ち歩かないというのが基本です。たとえば、PCやデジカメ、電子辞書…。

これらはすべてiPhoneの機能や、あるいはアプリで十分事足りるでしょう。私もふだんからiPhoneを愛用していて、めったに使わないデジカメ、立派な電子辞書などは、今ではまったく持ち歩かなくなってしまいました。

02.
限られたコミュニティでの
評価を求めない

Multi cultural group of business people in a meeting.

かつての日本では、会社など、村社会的な限られたコミュニティの中で認められることに重きが置かれていました。たとえば、昇進をするとか社内で表彰されるといった、企業文化の中でしか通用しないものです。

でも、これからの時代、もはやそうした限定的な承認には意味がありません。いくら「頑張ったね」と言われたところで、その評価が続くかどうかもわからないし、ある日会社自体がなくなってしまうことだってあり得ます。また、会社で優秀だった人が、転職をしたとたんストレスが溜まってダメになってしまうというのもよくある話でしょう。

いつまで続くかわからない限られた小さな世界の評価は捨ててしまいましょう。それより、もっと不特定多数の、広い世界からの評価を求めるべきです。

03.
お金に頼ることをやめて工夫する

Coffee break. Four young cheerful people chatting and drinking c

「給料が下がってしまったから、これからの人生がつまらない」というのは間違っています。自分がやりたいと思う仕事に転職するのもいいし、外食を自炊に変えたっていい、リビングコストの安い地方で暮らすのもいいでしょう。

かつてはお金がないと難しかった海外留学だって、今ならさまざまな選択肢があり得ます。奨学金を申請することもできるし、学校に通うのではなくビザを取って、インターンをしてみるとか、海外で給料をもらいながら働くという方法だってあるかもしれません。

お金がなくても、工夫次第ではもっと面白いことができるはずだし、もっと楽しい人生が送れるはずです。

04.
満足の閾値を下げる

000070952027_Medium

向上心を持つのはいいことですが、満足の閾値を上げてしまうと常に不満足で、「もっともっと」となってしまう。これは、幸福度を下げる原因にもなると思います。

そうではなくて、ちょっとしたことでも喜べるように、自分の満足の閾値をあえて下げておけば、日々すごくハッピーだと思うのです。

LESS IS MORE
コンテンツ提供元:本田直之

仕事にのめり込むのも、好きな人にアプローチするのも、ストレスが溜まった状態ではうまくいかないもの。そこで参考にしたいのは、「Elite Daily」のライ...
私は「ゆるい生き方」を提唱しています。これは、ゆっくりと構えながらも目的地に向かって確実に前進すること。自分自身がそれを実践すると、周りの人たちもゆるく、...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シ...
ついつい、人生を振り回されてしまいがちな「お金」。でも、その心配をしなくなるだけで、思ってもみなかった「自由」を手に入れられるかもしれない、と提唱するのは...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
わたしたちは、いつだって、じぶんなりの心地よさを求めている。どんなに時代が変わっても、無垢なわたしであり続けたい。女性はもっと、動物的に生きるべきである。...
なんだかわからないけどモヤモヤして、窮屈に感じてしまい、自分のやりたいことがわからなくなってしまう。「私の人生ってこれでいいのかな?」と不安になってしまう...
これは、「Elite Daily」のライターSydney McBrideさんが2014年末に書いた「2015年には絶対やめることリスト」。少し前の記事では...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
公共福祉のための寄付や、チャリティーの精神が浸透しているアメリカで、新たにこんなすてきなコミュニティサービスがスタートしました。もちろん、すべてが市民レベ...
お金に対する感情というのは少々やっかいで、人間関係と同じように、その関係が依存や執着を生むようであれば、お金からは好かれません。たとえ、100円であっても...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
毎日の生活のなかで、明確な理由はないのにストレスを感じてしまうことがありますか?自分では常識だと思い込んでいることが案外、気持ちや行動の自由を奪い、疲弊す...
過去に、5月21日〜6月20日生まれの「ふたご座」と付き合ったことがある人なら、思わず頷いてしまう、あるある。自身もふたご座であるというライターのAlic...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
自分を成長させたいなら、変化することを恐れず、勇気を持って行動あるのみ。そんなチャレンジができるのは、自分を信じているからこそなんです。そして、その自分を...
お金さえあれば、もっと幸せになれるのに…。ふと、そう感じるかもしれません。でも、幸せは身の周りにある些細なことからでも生み出せるものです。大切にすべき「お...
自分の思考が固いのか柔らかいのか。それは自分ではわからない。誰もが「自分の思考」を中心に生きているからだ。でも、これだけは言える。性別や年齢と関係なく、ど...