彼女がアナタに求めている「7つのコト」。裸の時こそ、褒められたい!

アメリカ人ブロガーJordan Gray氏は、Amazonのベストセラー作家のひとりににも選出された、いま売れに売れている人気恋愛作家。その彼が自身のブログ「Jordan Gray Consulting」で女性の心理を深く理解するための指南を掲載しています。
男性はもちろん、女性にも新たな気づきを与えてくれる内容です。

shutterstock_116149900


付き合っていても、心のどこかで物足りなさを感じることがあります。男性は、女性を完璧に理解することができず、女性も、男性にすべてをさらけ出すことはありません。なぜか?女性が望んでいるものを男性が理解できないから、徐々に女性はすべてを見せることを拒むようになってしまうのです。やがて失望し、憤慨し、苦しむことに。つまり、女性が苦しむ原因は、恋人から「自分のことを気にかけてもらえない」と感じるからではないでしょか。

もっと女性を理解するには、ニーズをくみ取ること。それが彼女の心を開く一番の近道であり、日々の生活を豊かにしてくれます。そして、以下が恋愛において女性が求めていることの一例です。

01.
「愛してる」を
いつも感じていたい

shutterstock_141887086

女性が「愛されている」と感じると、気持ちは安らぎ、男性に対して心を開きやすくなります。言い争いも減り、セックスだって当然積極的になり、女性らしさがいっそう輝くことでしょう。
逆に、「愛されていない」と感じるときほど、口論の原因は次々に生じてくるものです。例えば、あなたが男友達と出かけることに対して、彼女が不快感を示したり、仕事のストレスでつい会話がキツくなってしまい、彼女の口数が減っているときは、あなたに愛されていないと感じている彼女からのサイン。
彼女の言動を注意深く読み取り、本当の原因が何かを探ることに努めましょう。

02.
心から安心したい

若い頃はとくに、心ない他人の行動によって、女性のプライドやカラダを傷つけられることがあります。ひとたび自信を失ってしまうと、立ち直るまでに一定の距離や時間が必要になることも。
私たち男性がすべきことは、信頼を与えてあげること。彼女の全てを受けとめてあげることが必要です。女性の心を開くには、安心でき、失望から立ち直る勇気を持たせてあげることです。そうすることで、女性は再び強さを手に入れることがきるはず。
心やカラダに受けた傷を忘れ、あなたとの関係で大きく成長できるはずです。もちろん、性的なことだって、オープンに話をすることも。

03.
SOSのサインを
感じとって欲しい

shutterstock_209562352

女性にはつねに、気にかけて欲しいという気持ちがあります。話を聞いて、感情を理解して欲しい。彼女の気持ちにすべて合わせる必要はありませんが、単純に「知って欲しい」という女性の思いを理解する必要があります。
もしも、部屋の中で向かい合わせに座っていながら、彼女が流す涙にも気づかないようなら、どうでしょう?きっと彼女は、あなたに対する信頼を失うはず。さらに、こう思うのでは?「私のこの感情に気づけないのなら、きっとまた苦しむ日がくる。これからは自分を頼っていかなければ」と。
たとえパートナーがいたとしても、寂しい人生を送る人もいます。あなたは、つねに彼女を気にかけているということを態度で示す必要があるのです。

04.
傷ついたときこそ
受け入れて欲しい

本能的に女性を守ろうとする「男らしさ」があるように、女性には母性本能が。女性は無意識のうちに、男性からも頼りにされたいという思いがあります。例えば、あなたが悲しみに暮れるとき「側にいて助けてあげたい」と本心が思うということ。大人の男性であれば自分の心のバランスを上手くとって、女性を受け入れることができるはず。女性のために扉を開け、感謝された経験がありますか?

たとえ女性であっても、男性から「守られる」という感覚を拒否する人もいます。過去の辛い経験や、心のバランスが上手にとれない女性によく見られます。ですがこれは、傷ついたときに相手を突き放すのと同じ行為。放っておいてはコミュニケーションもままなりません。辛い気持ちを共有するつもりで接しましょう。誠実さなしに良好な関係を築くことなど不可能。彼女の気持ちを受け入れることです。彼女だって、あなたを心から気にかけ、愛したいと思っているはずだから。

05.
裸の時こそ褒められたい

shutterstock_259619216

恋人との恋愛関係と、他の人との関係の違いは何でしょう?それはカラダの関係です。女性は、恋人からの性的欲求を素直に感じたいと思っています。女性として魅力的とあなたが感じていること、きちんと理解し確かめたいのです。
それには、彼女のスタイルをきちんと褒めることです。きちんと彼女を感じ、感謝しましょう。性の対象としても魅力のある女性として見ることは、男女どちらにとってもメリットがあるのですから。

06.
「ありがとう」
感謝を言葉で伝えて

私が思うに、女性は賞賛や感謝の言葉に敏感です。言葉できちんと伝えることは、本当に大切なことだと意識しましょう。彼女があなたの人生に与えてくれるものに対して、感謝する気持ちを忘れてはいけません。彼女がどれほど必要で大切な存在なのかを全身で表現しましょう。恋人を利用するような考え方は、恋愛をすぐに崩壊させる原因でしかありません。
幸せを共有するうえで、「感謝する」ことと「利用する」こととは正反対。恋人が与えてくれるものに気づき、それを恋人に思いで伝える。これができるか否かで「感謝」か「利用」かが大きく変わってきます。

07.
信頼感はコレが大事!
小さな約束も絶対守って

shutterstock_243827503

いいこともあれば、苦もあるのが人生。困難に直面したときにプレッシャーに負けていませんか?困難な状況に直面しても、逃げ出さず右往左往せずに、人生に立ち向かえる芯の強い本物の男性を彼女たちが求めていることは言うまでもありません。だから、あなたが頼りになる存在かどうか、見極めようとしています。

逆境を跳ね返すだけでもダメ、有言実行も大切です。口にはするものの行動が伴っていないと、女性を傷つけてしまいます。信頼が揺らぐことにもなりかねません。こうした、小さな裏切りを積み重ねていくうちに、彼女のあなたに対する信頼は完全に失われてしまうことに…。口にした約束は絶対に守る、首尾一貫した行動を心がけましょう。

Licensed material used with permission by Jordan Gray Consulting

「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...
これって、本当にあるあるだと思う。恋人に気を使わなくなっていくほど、陥りやすいのが過度な要求。やりすぎていると自覚しにくいから怖いんですよね〜。「I He...
40歳になった「YourTango」のライターLaura Lifshitz氏。これまで“それなり”の恋愛経験を積んできたと自負する彼女。こう聞くと「なにを...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
「恋愛体質」であることは、ごく普通だと思うんです。だって、誰だって愛されたいと思うものだから。ただ、愛情を貪欲に求めすぎてアプローチの仕方を間違えてしまう...
この恋、間違ってるかな?本当に今の関係を続けて大丈夫かな?恋をしていると、そんな不安に襲われることも多い。でも、恋人といてこの「10のこと」を感じるなら「...
恋愛って、最初が一番ドキドキするもの。相手によく見られるために、メイクや服装から態度まで必要以上に無理したり…。心が弾むこともたくさんあるけど、まだあまり...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
付き合っている女性を満足させるためには、あれもやって、これもやって…。あなたは、彼女のわがままが過ぎるように感じてしまったことはありませんか?でも実際は、...
2人では解決できない大きな問題があって、長年付き合っていた恋人と別れた。だけど、その人が過去に与えてくれた安心感や楽しかった思い出が心に残っていて、すぐに...
イライラ、クヨクヨ、ムシャクシャ、メソメソーー。このような感情によって、日々、自分が乱されていると感じる人はとても多いと思います。けれど、これは非常に大き...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
リレーションシップコーチとして数々のカップルにアドバイスしてきたというJordan Gray氏。彼は、愛し合うふたりが過ごす1日の終わりについて、些細であ...
「好き」と「愛」の違いを見分けるのは、難しいものです。人はいつ「好き」になって、いつ「愛」するようになるのでしょう。ここでは、何人かの恋愛アドバイザーの見...
ここで紹介する「Elite Daily」の記事は、パートナーがいる女性にぜひ読んでもらいたいもの。すでに気づいているものもあれば、「なるほど!」と思う項目...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?ライターのEevee G氏が「I Heart Intelli...
私は様々な恋愛をしてきた。ちょっと他ではないようなハードな体験も。そんな中で、「恋愛とは一体なにか?」を考えてきた。ここからは、私の特異な恋愛経験をもとに...
なかなか恋愛がうまくいかない…。そんなあなたに知っておいてほしい「7のコト」があります。構えないで気楽にしている方が、いい運って巡ってくるのかも。01.相...