夜の営みは「音楽」でもっと良くなる!その理由とオススメの20曲

愛する彼とのセックスはいつだって幸せなもの。でも、そこに音楽を加えるだけで、二人の満足度はより高まるようです。

Elite Daily」のこの記事は、女性ライターAlexia LaFata氏が科学的根拠をもとに書いたもの。全20曲のオススメプレイリストも紹介されています。二人だけの「勝負ソング」を探してみるのも楽しいかも!

shutterstock_21906370_R

今では当たり前だけど…
昔と違って、再生が超簡単!

shutterstock_2466064_R

ニワトリが先か卵が先か、アーモンドバターかピーナッツバターかというのは長年の議論のネタ。もしかすると、セックス中に音楽を聞くか聞かないかもその一つに入るかもしれない。

この質問は長年人々を困らせてきた。一昔前は、いいムードになる頃に扱いにくいレコードプレーヤーを操作するのが面倒で、仕方なく静寂の中でコトを済ませる人が多かったはず。

でも、現代ではiTunesを開いて再生ボタンを押すだけ。甘い音楽がロマンチックなムードを盛り上げてくれる。私にとって、いい音楽はベッドルームの必需品。敏感さや感情が高まるのを助けてくれるもの。

なかには、音楽がまったく重要ではないと考える人もいる。やってはみたいが、実際にそのタイミングがないという人も。ただし、私はやっぱり音楽は必要だと思う。音楽が好きだからというだけではなく、「最高の気持ちになれる」という心理的メリットもあるから。

疲れにくく、感度も向上!

shutterstock_115994308_R

カナダ・マギル大学の研究者があることを発見した。ドーパミンは食事、睡眠、セックスなどで欲求を満たすことにより放出される脳内物質だが、それが音楽を聞くことでも放出されるというもの。
加えて、同大学の別の研究が刺激的な音楽を聞くと、心拍数、呼吸数、皮膚の伝導力などを高めることも発見。つまり、セックス中に音楽を聞くことで、絶頂に達しやすくなるというわけだ。ドーパミンを放出する二つのコトを同時にするのだから、それ以上に刺激的なことなどないはず。

さらに別の研究結果を紹介しよう。運動中に音楽を聞く人は、疲れを感じにくく、音楽を聞かない人よりも長く運動を続けられるそう。音楽が運動に対する注意力を軽減させるため、疲れによる辛い気持ちを感じずに済む。疲れからうまく解放され、動きだけに集中できるようになると、より激しく、長くすることができ、最終的な満足度も高くなる。

この結果をセックスに置き換えてみる。ご存知のように、セックスはエクササイズと同じくらい疲れるもの。ジムでのトレーニングのように、激しいセックスは身体の限界や持久力を試される。

30分間のセックスは、30分間自転車をこぎ続けるのと同じくらいカロリーを消費するかもしれない。そうであれば、セックス中に音楽を聞くことが、ジムで音楽を聞きながらトレーニングをするのと同じくらい効果があるのも納得だろう。

 オススメの20曲はコチラ!

shutterstock_259619207_R

2012年、Spotifyが「セックスでいいムードの時に、どのような音楽をかけるべきか」という調査を実施した。対象は18歳から91歳のイギリス人2,000人。その結果が以下だ。

1. “She’s Like The Wind” by Patrick Swayze
2. “Sexual Healing” by Marvin Gaye
3. “Boléro” by London Symphony Orchestra
4. “Take My Breath Away” by Berlin
5. “You See The Trouble With Me” by Barry White
6. “Let’s Get It On” by Marvin Gaye
7. “Unchained Melody” by Righteous Brothers
8. “My Heart Will Go On” by Celine Dion
9. “Je T’aime” by Serge Gainsbourg
10. “I Will Always Love You” by Whitney Houston

私にとって、この10曲はどこかセンチメンタルすぎる気がする。だから、私のオリジナルプレイリストも紹介しておこう。もう少し、深くささやくような色気たっぷりの歌声を集めてみた。

1. “High For This” by The Weeknd (also “Wicked Games” — actually, pretty much anything by The Weeknd)
2. “Nirvana” by Sam Smith
3. “Pony” by Ginuwine
4. “Novacane” by Frank Ocean
5. “So Appalled” by Kanye West
6. “Let’s Stay Together” by Al Green
7. “French Exit” by The Antlers
8. “Do I Wanna Know” by Arctic Monkeys
9. “Instant Crush” by Daft Punk
10. “Latch” by Disclosure

Licensed material used with permission by Elite Daily

「ピロートークが好きなのは?」「豪快なセックスをしたがるのは?」。そんな性に関する内容が満載「Elite Daily」の占い記事を紹介します。こういった占...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
悲しいメロディを聞いて感傷に浸るとなんだか癒される、というのも音楽の楽しみの一つかも。でも、なんで人は「悲しい」音楽を好きになるんでしょうか?悲しくなりた...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...
ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。でも...
相手との会話が盛り上がらないと、変にもっと話そうと焦ったり、不安になったりすることもあります。でも、強い絆で結ばれているカップルなら、そんな必要はありませ...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
さまざまな切り口で現代女性の価値観を記事にする「Elite Daily」人気ライターのGigi Engle氏。今回のテーマはズバリ「なぜ年齢が上がるにつれ...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
「もし、別れた恋人同士が友だちに戻れるなら、2人はまだ愛し合っているか、そもそも最初から愛し合っていなかったかの、どちらかだ」こんな言葉があるように、別れ...
Micによれば、ケンブリッジ大学で音楽心理学に携わっているデイビッド・グリーンバーグ教授がニューヨーク市立大学と音楽ストリーミングサイト「Spotify」...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
薬より効くのでしょうか?ぜひ試してみたいところ。プロデュースしたのは、頭痛薬の製造で知られるブラジルの会社「Dorflex」。鎮痛効果があると言われている...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
お互い好きで、告白して、付き合ってからセックスするのが正しい道筋。世間一般の意見で言えば、そうかもしれない。けれど、順番通りになんて行かないのもまた「恋愛...
恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?ライターのEevee G氏が「I Heart Intelli...
音楽が心にもたらすメリットは、様々なところで語られていますが、「I Heart Intelligence」に掲載された記事は、それをまとめて紹介したもので...
恋愛初期のドキドキした時間はすごく楽しい。でも、時が経ち、気を遣わない関係になると、また違った居心地の良さが出てくるものです。今回は、二人がそんな幸せな関...