最も影響力のある「音楽ジャンル」が判明!科学者が17,904曲を検証して、判明した音楽史の真相とは?

人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。

これは、2015年5月に若者向けのメディア「Mic」に掲載されたトム・バーンズさんの記事。コロムビア・レコードで働いていた経験もあり、音楽を水や食べ物と同じように大切に考えているという彼が語る「近代音楽史に起きた革命」とは?以下に紹介します。

hip-hop-did160128-08

音楽の歴史を語る時、ロックンロールはいつもヒーローとして扱われる。でも、ロンドン大学が発表した調査結果によれば、この半世紀で、最も影響力があったのはヒップホップだった。

いまだに彼らの功績は過小評価されがちだが、結果を見て欲しい。

音楽史上、最大の「革命」とは

hip-hop-did160128-05

調査チームが分析したのは、1960年から2010年までに発表され、ビルボードランキングのトップ100にチャートインしたことのある17,904の楽曲だ。結果、新しい曲やジャンルが爆発的に成長したと考えられる3つの期間を見つけ出した。

まずはじめが1964年。イギリスでは「ザ・ビートルズ、アメリカでは「ザ・フー」や「ザ・ローリング・ストーンズ」が爆発的ヒットを生んだ。その次が1983年、この時にニュー・ウェーブやディスコが絶頂期を迎えた。

そして3度目、最も大きな成長を見せたのは、1991年に爆発的にヒットしたヒップホップだ。この3つの時代の変革期にはどれも独特な特徴が見られたが、他に類を見ないほど大きな影響があった。

ヒップホップが音楽史を変えた

hip-hop-did160128-02

調査によると、このムーブメントは新しい音楽性だけでなく、スタイルや色彩なども含め最も大きな変化を生み、支配的な影響力が発生していた。調査に携わったメンバーはこんなことを語っていた。

「ヒップホップの登場が、それまでの音楽の歴史を丸ごと変えてしまっている。それに比べれば、『ザ・ビートルズ』が及ぼした影響は、大きなものとは言えない」

hip-hop-did160128-07

1960年代を見ると「ザ・ビートルズ」のアメリカ進出がそこまでドラマチックな出来事ではなかったことがわかる。分析した彼らの意見はこうだ。

「調査によれば、イギリス音楽の大きな要素であるクラシックロックの爆発的成長はすべて64年以前のもの。それらも、全体において大きな役割を担っていたワケではなかった。 刺激的なヘアスタイルとカッコいい容姿、イギリス独特のアクセントはあったものの、音楽性が新しいわけではなかった」

この調査結果は、これまでの常識や、楽器の演奏力が音楽に必須であるという考えを大きく変えるものにはならないだろう。でも、これまでの偏見を多少なりとも覆すものではある。

hip-hop-did160128-03

さらにいうと、ヒップホップはまだまだこれから。これまでアーティストを発掘してきたプロデューサーだって、まだ才能を捕まえきれてはいない。

世界的に有名なグラミー賞も、未だに人種差別しているようなきらいがある。これまで「Song of the Year」や、「Record of the Year」にヒップホップレコードが選ばれたことはない。

※この記事は2015年5月に書かれたもの。過去に「ローリン・ヒル」などが受賞しているが、どうやら筆者はそれをヒップホップではなく、R&Bと捉えているよう。ちなみに、2016年のグラミー賞には、すでに多くのヒップホップアーティストが各部門にノミネートされており話題になっている。

しかも、サンプリングはいまだに「泥棒」とさえ認識されることがある。ちなみに「Uptown Funk」で知られる音楽プロデューサー兼DJのマーク・ロンソンはTEDでこんなことを語った。

「『ザ・ビートルズ』や『ザ・ローリング・ストーンズ』、それに『エリック・クラプトン』も、デルタ・ブルースという古くからあった音楽を使っています。それらは、それまでとは違った形で人々へと届いています。もし受けた影響を、ただ複写するのではなく自分の経験に落として再定義できるなら、それはいままでになかった新しい音楽として生まれ変わるんです」

先に紹介した調査結果は、ヒップホップがアメリカの音楽史を変え、この半世紀で最も大きな影響を与えたことを物語っている。もっと多くの人に認識されてもいい事実なのではないだろうか。

Licensed material used with permission by Mic

音楽が心にもたらすメリットは、様々なところで語られていますが、「I Heart Intelligence」に掲載された記事は、それをまとめて紹介したもので...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
悲しいメロディを聞いて感傷に浸るとなんだか癒される、というのも音楽の楽しみの一つかも。でも、なんで人は「悲しい」音楽を好きになるんでしょうか?悲しくなりた...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
BGMで気分を変えよう!と思うときどんな曲調を選びますか?たとえば、ハッピーになりたいと思ったときに聴くのは明るい曲が一般的かもしれません。しかし、悲しい...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
薬より効くのでしょうか?ぜひ試してみたいところ。プロデュースしたのは、頭痛薬の製造で知られるブラジルの会社「Dorflex」。鎮痛効果があると言われている...
愛する彼とのセックスはいつだって幸せなもの。でも、そこに音楽を加えるだけで、二人の満足度はより高まるようです。「Elite Daily」のこの記事は、女性...
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
音の無い世界で生きる人たちがいる。耳の聞こえない聾(ろう)者たち。彼らに楽器が奏でるメロディーや歌声は聞こえない。しかし、決して音楽の無い世界に生きている...
ただただ楽しいから「音楽」を聴くって、思っている以上に素晴らしいことなのかも。米メディア「Little Things」で紹介されたJohanna Silv...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されて...
新進気鋭の四人組ロックバンドOKAMOTO’S。彼らがリリースした六枚目のアルバム『OPERA』に対し、その世界観を同名の小説で表現する異色のプロモーショ...