リアル体験を共有できる「音楽フェス」は、人間をしあわせにする(研究結果)

フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々からも同時にエネルギーを得ているから。じつはこうした相乗効果、数千年前から連綿と続く人間の習性なんだとか。

音楽フェスに行く人ほど
しあわせを感じている

Medium 80f255c5c30b877ed1b35c0f1b6ae367e006a80b

集団で大いに盛り上がることは、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールを減少させ、ストレス発散にもつながっていて、精神にとっても重要なこと。フェスに出向いて騒ぎまくる人は、まったく赴かない人に比べ多幸感を有しているという。

豪ビクトリア州のディーキン大学で実施され、「Psychology of Music 」に発表された最新の研究では、人々の幸福度と音楽イベントへの参加不参加との関連性を示している。

だが、被験者1,000人に対して行われたこの研究において、フェスやライブに単に多く参加することで、受動的に幸福感を得られることを証明した訳ではない。では、フェスをはじめ、心から楽しめるイベントに参加しているとき、生物学的に人間の脳内でどのような変化が起きているのだろう?

カギは、大勢が同時に
行動や意思を合わせること

人間の進化によって体得した習慣や心の持ち方が、我々の行動にどう影響を及ぼすかを科学する進化心理学の専門家たちは、「意思の疎通や、他人との関係、絆の強化を図るため、有史以来人間はつねにダンスを利用してきた」と推測。

今日のフェスやライブ会場において飛んだり跳ねたり、踊りまくることも、広義に捉えれば、関係を深めるコミュニケーション方法としては同じこと、と。

そして、踊りまくることでエネルギーを他人と共有し合う現象は、19世紀後半のフランスの社会学者エミール・デュルケームが説いた「集合的興奮」に起因するものだという。これは、ある一つの接点で行動を共にしながら、同じ思考を同時にやりとりできる何かに、多くの人が関与する際に発生する感覚を指す。

これをフェスやライブに置き換えてみれば、その「接点」ないし「行動」が高揚感であり、一緒になって体を揺らすことにもなる、ということらしい。

似たような感覚は、きっとスタジアムでのスポーツ観戦中にも得られるだろう。行動や意思を共にする無数の人々に囲まれることで、他人と空間を共感し、一緒に盛り上がる。人間はある意味スピリチュアルな領域へと、自らの意思で精神を引き上げることだって可能だ。

リアリティを共有する

Medium cf3ef29987809b7898aa9cf442aedd3234136548

40万人以上の観客を集め、音楽史に残る伝説的野外フェスとして、今でも語り草となっている「ウッドストック・フェスティバル(1969年)」では、すべての人々を結びつけるほどのエネルギーや気の流れが、会場全体を埋め尽くしていたに違いない。

どんなドラッグをやっているか、どれほど泥酔しているかに関係なく、こうしたエネルギーの充満やうねりを、あなただってフェスの現場で少なからず感じたことがあるはずだ。

好きなアーティストで選ぶフェスのスタイルから、次第に「踊れる曲」があるかどうかが重要という人も増えてきているという。そこにしかない熱気やうねり、こうしたリアルな体験を大勢で共有することが、遺伝子レベルでしあわせを味わっていると言えるのかもしれない。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ライフスタイルに関連した記事の執筆を数多く手がけるDan Scotti氏。彼が「Elite Daily」に書いた記事は、音楽と感情の関係に焦点が当てられて...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
BGMで気分を変えよう!と思うときどんな曲調を選びますか?たとえば、ハッピーになりたいと思ったときに聴くのは明るい曲が一般的かもしれません。しかし、悲しい...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
人前で踊ることにはちょっと抵抗がある…なんて人に、是非とも知ってもらいたい情報が。恥ずかしさや臆病心にどこかに踏ん切りをつけることができれば、ダンスはただ...
音楽フェスの楽しみ方は人それぞれ。超ノリノリではしゃぐのも良いし、静かに音楽を楽しむのも良い。今回紹介する男性の場合は、こうだ。  頭を振りすぎて脳震盪を...
「幸せ」という概念は、どこか抽象度の高いもの。だからこそ、あなたの中でも、「何をすればハッピーになれるか」は漠然としているのではないでしょうか。そこで「I...
この問いかけを確かめようと調査を行っているのは、ノースセントラル大学で教鞭を振るうPatrick McNamara博士。ボストン大学で心理学の博士号を取得...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
場所はグアテマラ。世界一美しい湖と呼ばれ、その湖底にはマヤ文明の古代都市が沈んでいるとも言われるとんでもないロケーションにて開催されるのが、年末年始4日間...
音楽が心にもたらすメリットは、様々なところで語られていますが、「I Heart Intelligence」に掲載された記事は、それをまとめて紹介したもので...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
Micによれば、ケンブリッジ大学で音楽心理学に携わっているデイビッド・グリーンバーグ教授がニューヨーク市立大学と音楽ストリーミングサイト「Spotify」...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
薬より効くのでしょうか?ぜひ試してみたいところ。プロデュースしたのは、頭痛薬の製造で知られるブラジルの会社「Dorflex」。鎮痛効果があると言われている...