本気の恋人がいるときだけ、こんなセックスを味わうことができる。

人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。

でも、その1つひとつに違いがあるからこそ、セックスは素晴らしいものだと教えてくれるのは、「Elite Daily」の女性ライター、Caitlin Jill Andersさん。

こんな「6つの体験」、味わったことありませんか?

01.
まるで初体験のような
最高のセックス

Medium 9acdc1ecb4399213423bc78fbe723b8485f67b4b

恋人との初めてのセックスは、あなたにとって新しい体験。それはとても新鮮で、世界で一番ステキな瞬間です。

こういう特別な気分になれるのは、最初の1回だけではなく、そのあともあるでしょう。人の裸を初めて見たときのような感覚になり、それはとても美しく見えます。相手のボディラインを繊細に感じて、今までにないほど大きな充足感を覚えることでしょう。

02.
気持ちはあるけど
あえてしないセックス

1日中ふたりで過ごした日、もしくは、初めてお泊まりする日の夜。そんな特別な夜を前に、恋人たちはディナーに行ったり、たくさんお喋りをしたり。デートを楽しみすぎて、家に着く頃にはクタクタ…なんてこともあるかもしれません。

お互い「セックスをしたい」という気持ちはありながらも、隣り合うように横になることが精一杯。でも、そんなふたりは服を着たまま身を寄せ合うだけでも、今までにないくらい大きな幸福感を味わうことができるはず。

そのまま眠りについて、同じタイミングで目覚める。そんな心地よい瞬間は、セックスなしでも訪れるのです。

03.
忘れていた気持ちを
取り戻すセックス

Medium 0087ac7fbcd9fa8f3f7bab78250490346dc9f74f

どんなに最高のセックスをしていたふたりでも、それがずっと続くわけではありません。単調なセックスを繰り返す「マンネリ状態」になると、ちょっとうんざりすることも…。

でも、安心してください。何かをきっかけに、ふたりはまた燃え上がるはず。それは、くだらない日常だったり、距離を縮める何かだったり。なんの前触れもなく「セックスをしよう」と思える日がくるのです。

そんなとき、あなたは今まで自分が冷めていたこと、そしてこれほど大きな情熱がまだ存在していたことに気づかされるでしょう。情熱は、いつでも復活するもの。ふたりの関係が続いていれば、何かが、それを呼び戻そうとさせるのです。

04.
時間をかけてじっくりと
スローセックス

とくに、出かける予定のない休日。時間に急ぐ必要がなければ、ふたりはいつもよりちょっと長くイチャイチャしたり、動き出しもゆっくりになるはず。

食事、昼寝、ダラダラしたお喋りなど、休憩しながら何時間もそれを続けることも…。たまには、大好きな人と1日中ベッドにいたい日だってだってあるでしょう?

この時間には、それだけの価値があるもの。自分の思うままに行動してみてください。

05.
出勤前の
クイックなセックス

着替えを完璧に済ませて、今から出勤。なのに直前でセックスがしたくなることってありません?相手がドアへと歩き出したのを、キスして引き止めようものなら、ふたりは再び服を脱ぎ出すことに。

このせいで遅刻をするかもしれないし、朝食を採れないかもしれません。それでも、その短時間は、それだけ大切なもの。

会社への遅刻の理由なんて、どうにでもなりますから。

06.
「必要だから」ではなく
「できるから」するセックス

Medium b46d61f076989e52230bba3be495c99cec16de61

あなたがセックスをする理由は、「したくてたまらない」とか「ご無沙汰だから」というものではなく、大切な相手がそこにいて、いつでも受け入れてくれるから。つまり「必要だからする」というわけではないので、少し前に1回済ませたばかりでも、またしたくなるのです。

そして、単に「できるから」という理由でセックスをするのは、必要なときにそばに寄り添える誰かがいなかった、という経験があるから。今そばにいてくれる相手を大切にしたい、と思っている証拠です。

驚きと刺激に満ちながらも、ときに退屈で満足できないこともあるでしょう。それでも、素晴らしいと感じられるセックスなしでは、あなたは生きていけないはず。

だからといって、あなたがセックスするのは義務ではありません。したいと思えることこそ、この世で一番ステキなことなのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
セックスの楽しみ方は人それぞれ。数え切れないほどのパターンがあります。でも、「Elite Daily」ライターのCaitlin Jill Anders氏に...
セックスは、恋人との関係を心身ともに深めるだけでなく、免疫力を高めてストレスを解消し、長生きするための秘訣にもなるもの。ニュージーランド・カンタベリー大学...
「わかっているつもりだったのに、まったく相手のことを理解できていなかった…」なんて経験、ありませんか?恋愛で失敗する原因は、あなたが異性のことを知らなすぎ...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
ただの快楽の手段としてだけでなく、セックスは優秀なコミュニケーション手段なのです。あまり得意じゃないなと感じている人はこんな意見を考え方を参考にしてみては...
好きな異性とのセックスは幸せなことです。そんなセックスをより充実させるために気をつけていることはありますか? 男女の価値観の違いもあることでしょう。ここで...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
ここで紹介する「Elite Daily」の記事は、パートナーがいる女性にぜひ読んでもらいたいもの。すでに気づいているものもあれば、「なるほど!」と思う項目...
セックスセラピストの肩書を持つCyndi Darnell氏の意見は、「夜の営み」に悩むすべてのカップル必見。というのも、マンネリ化したり、義務的になってし...
「とにかくすごかった!」と記憶に残っているあの人との夜の営み。その相手、もしかすると、獅子座の人ではありませんでしたか?実は、女性ライターIsis Nez...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
米メディア「Mic」に、掲載されたこの記事。かなり際どい内容です。なんせ、さまざまな人が各々のおばあちゃんから聞いた「セックスに関するアドバイス」をまとめ...
かなりの好色家、という訳ではないのかもしれませんがアラサー男を代表して、ライターMatthew Farris氏がこう主張します。自分の性癖もカミングアウト...
「mindbodygreen」にインパクトのある記事が掲載されています。その内容は夫が別の女性とセックスすることを喜ぶ女性ライターGracie X氏の「複...
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...
相手との会話が盛り上がらないと、変にもっと話そうと焦ったり、不安になったりすることもあります。でも、強い絆で結ばれているカップルなら、そんな必要はありませ...